ピクシブ百科事典

柴田つぐみ

しばたつぐみ

柴田つぐみとは、アニメ『地獄少女』のキャラクター(メイン画像左上、『宵伽』での姿)。
目次[非表示]

CV:水樹奈々

概要

アニメ第一期のキーパーソン。フリー記者・柴田一の娘で、小学校低学年の少女(ちなみにドラマ版では入江紗綾が演じていたため、彼女に合わせる形で小学6年生に変更されている)。
ませた感じの女の子で、大人びた態度を取り、父のことを「はじめちゃん」と呼ぶなど、言葉遣いも生意気。不在がちな父に代わって家事一般を担っているしっかり者だが、その実年相応に寂しがり屋でもある。


作中での動向

初登場した第8話で地獄少女こと閻魔あいと邂逅したのをきっかけに、あいの精神とリンクするようになる。これにより、あいが見ている光景が見えたり、あいが発した言葉をつぐみ自身も発するようになった。これを知った一が過去のトラウマもあり、復讐を思いとどまらせるよう奔走するようになるのだが、つぐみとしてはあいを「正義の味方」と思って一と意見が対立することがあった。

しかし、第23話で起きた全く恨まれる覚えのない看護師・桜木加奈子が縁もゆかりもない男によって地獄に流される(しかも男は直後に自殺したため恨みの理由が未判明)という事件が起き、地獄少女の存在を含め何が正しいのか分からなくなってしまう。
さらに自分の祖先である仙太郎と従妹で幼馴染みのあいとの因縁、それが元であいが地獄少女となったことも知らされてしまう。こうした事実や母のあゆみが事故死したという過去の出来事もあり、あいに唆される形で一を地獄へと流そうとする。しかしつぐみは母の死の真実や一の本心を知ることで思い踏みとどまり、一とは和解することになる。

一とは異なり、以後のアニメシリーズでも姿を見せている。『二籠』第24話では中学生になっており、地獄流しが多発するラブリーヒルズを訪れ、地獄少女の真実に気づいた刑事の飯合誠一に一の意思を伝えていた。
『三鼎』では母に似た美しい姿に成長し、市立賽河原第四中学校の学校医としてセミレギュラーで登場するようになった。生徒である御景ゆずきたちに優しく声をかけるが、以前とは異なり地獄通信の必要性を理解する、必要悪であると認識している模様(また自身の能力に関しては「見る」ことしか出来ないと語っている)。

溝呂木博士の一件であい達と再会もした。終盤ではゆずきに対し自らの過去や地獄通信の必要性、そしてゆずきに起こった真実を説くが、ゆずきの決断を受けて失意のまま賽河原市を去って行った。
『宵伽』では第4話でゲスト出演。老人ホーム「うつくしの館」でヘルパーとして働いていたが、そこで起きている事件を追う中で寒河江ミチルと出会い、そして最後であいと一瞬邂逅することになる。なお、成長してもあいの見た光景を見る能力は残っているようである。

ちなみに漫画版では一共々本編には登場せず、単行本収録の4コマ漫画でのみ登場している。

関連タグ

地獄少女 閻魔あい 柴田一

関連記事

親記事

地獄少女 じごくしょうじょ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「柴田つぐみ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6073

コメント