ピクシブ百科事典

柴田一

しばたはじめ

柴田一とは、アニメ『地獄少女』のキャラクター。

CV:うえだゆうじ

概要

アニメ版では第一期第八話から登場。
かつては第一公民社の政治経済誌「ジャパン・ナウ」の敏腕記者だったが、現在はフリーランスの事件記者。しかし、その裏では取材したスキャンダル記事を当事者へと売り付ける強請行為で金銭を稼ぐなど、ダーティーな仕事にも手を染めている。反面、娘のつぐみには頭が上がらず、いつも言い負かされるという一面も持っている。

ある時「地獄少女」の存在を知ったことから、彼女の実態を追い求めるようになる。とある過去から「復讐はいけない」と、地獄少女への依頼人にその復讐を止めさせようと奔走するが、第二十一話を除くと概ねあと一歩の所で失敗に終わるのが常であり、三藁からは邪魔者扱いされている。アニメ第一期では自分の祖先である仙太郎とあいが犯した大罪を知り、あいに親子もろとも地獄へ流されそうになるが、辛くも助かる。以後は依頼人への干渉などを一切行わなくなり、物語の舞台から退く。『二籠』の終盤(第二十四話)で、第一期の後に「真実の地獄少女」と題する本を自費出版していたことが明らかとなるが、消息は不明。この本は以降、数々の人間と深く関わることになる。三鼎にはちなみに姿だけであれば皆勤を達成しているキャラクターである(つぐみのような声付きでの登場はないが、つぐみの部屋にある小学生時代のつぐみと写った写真で姿のみでの登場があるため)。

なお、あいを追い求める際に使用していた車の車種は、アニメ版では形状からアウトビアンキ・A112と推測される。実は、仙太郎の血縁者であり、あいとは遠い血縁関係に当たる。
漫画版では登場しないが(おそらく漫画版ではアニメの1期と2期である二籠の区別がないためと思われる)、『新・地獄少女』では高杉が「真実の地獄少女」を持っており、その著者として柴田一の名前がある。

関連タグ

地獄少女 地獄少女二籠 閻魔あい

コメント