ピクシブ百科事典

御景ゆずき

みかげゆずき

御景ゆずきとは、漫画・アニメ『地獄少女』のキャラクター。

CV:佐藤聡美

『地獄少女三鼎』におけるキーパーソン。市立賽河原第四中学校3年生のごく普通の少女。
ある日突然閻魔あいの魂に憑依されたことであいと精神がリンクするようになり、地獄流しを見せつけられる。
性格は内気で大人しいが、物語終盤では、強気な性格になっていき、特にあいに対しては攻撃的な態度をとるようになる。両親は出張中らしく、団地で一人暮らし。

注意!ネタバレを含みます!















親友の高杉秋恵が真山梓によって地獄に流された後は地獄通信を意図的に無視し、受験に打ち込むようになる。
しかし高校の合格発表の日に自分が合格したはずなのに自分の受験番号が他人と被っていたり友達がゆずきの事を失念する、友人のスリーアミーゴーズ(江上そら尾藤望椎名珠代)が姿を消す、担任がゆずきの内申書を紛失する、住んでいるアパートが廃墟と化していく異変が発生する。そして自宅で白骨化した幼い自分の亡骸を発見したとき、自分が既にこの世の人物ではないことを思い出した。
ゆずきの父はバスの運転手だったがゆずきが小さい頃に整備不良に伴う事故によって大勢の客と共に死亡。その際に事故の責任をバス会社から押しつけられたため、ゆずきと母親は酷い迫害を受けることになる。風邪気味だった母は病が重傷化していき、ゆずきも酷いいじめのせいで学校に行かなくなる。そしてとうとう母は医者にかかることも救急車を呼ばれることもなく亡くなり、たった一人取り残されたゆずきも誕生日に父からもらったクマのぬいぐるみを抱きしめながら死んでいった。ちなみに生前のゆずきは小学生だったが、窓から見た仲むつまじくする中学生のカップルへの強いあこがれから中学生の姿となっていた。
自分のことを思い出すと同時に地獄少女になる運命を受け入れるが、掟を破り私怨で梓を地獄に流そうとしたため、人面蜘蛛から永遠に地獄を彷徨う罰を下される。しかしあいが庇い永遠の地獄少女となったことで解放され、あいに感謝しながら成仏していった。
(漫画版では復讐は何も生まないと思い留まるが、きくりから地獄の秘密を知った者をそのまま返すわけにいかないと地獄を彷徨う罰を下される、というくだりになっている)

余談ではあるが、ゆずきを演じた佐藤聡美氏とあい役の能登麻美子氏は、"普通の中学生なのに1人暮らしをしている”ことから、「ゆずきは普通じゃない」と思ったらしい。
またヒロインをつとめたのにも関わらずあいのようなフィギュアが販売されることがなかった。ある意味可哀想なキャラクターである。全シリーズでないとダメなのか。

関連タグ

地獄少女 地獄少女三鼎 閻魔あい 悲劇のヒロイン

pixivに投稿された作品 pixivで「御景ゆずき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21806

コメント