ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「イブ、貴方のためなの…」

プロフィール

誕生日2月22日猫の日
好きな食べ物オムライス・オムレツ
使用ブランドリトルプリンセスエッグ
タイプセレブ
CV山村響


概要

キラッとプリ☆チャンシーズン3から登場する黒い猫の姿をしたマスコット。いつも輝イブの傍にいる。首元に月をあしらった飾りの付いたリボンを付けているのが特徴。ソルルとはお互いに色や尻尾、アクセサリーなどの点で対照的な見た目をしている上に、誕生日も彼(彼女?)と同じ日である。イブとは長い付き合いで、社長業を務めるイブを彼女が幼い頃からずっとサポートし続けている。
プリ☆チャンランド内外を問わず自力でプチマスコット形態とアイドルマスコット形態の両方を自由に切り替える事が可能。作中では人間の姿では基本的にマスコットの偉い人と名乗っているのだが、公式サイトやEDのクレジットには名前が明記されている。
またルルナのアイドルマスコット形態の正体を桃山みらい達が知ったのも136話とそこそこ遅めである。
ちなみに一部の視聴者からはこの「スコットの」を略した「マ偉人」という愛称で呼ばれている。

マスコットの偉い人



人物

落ち着いた性格で女性語で喋る。アイドル形態での目つきがそこそこ悪いためか初対面の際には怪しまれる事もあるのだが、ご主人の見つからないラビリィに脅しをかけた裏ではラビリィの引き取り先を探してあげていたり、バグッチュをマスコットにすると決意したおしゃまトリックスの二人にプリチャンランドのバグ取りを課した上でバグッチュをマスコットとして認めてプリたまGOを渡し、その日頃のバグ取り業務のご褒美としてムーンライトエリアの観覧車におしゃま達を特別に乗せてあげたりと根は優しい様子。
「マスコットの結構そこそこ偉い人」と呼ばれた際には自らそう名乗っており、ちょっとお茶目な点も見られる。

ルルナ / Luluna
ルルナさん


(左:プチマスコット形態/右:アイドルマスコット形態)

黒猫の姿では常にイブの傍に座って助言をしたりイブと共に会議に参加している様子が描かれており、社長業のため忙しいイブのために家庭教師として、また保護者として彼女を優しく見守っている。しかし、普段は優しげながらも記憶喪失のソルルだけに対しては明確な敵意を向けている。
また、めが兄ぃのミスによって激川ゆいを刺客に送ってしまうアクシデントを起こしてしまったり、ランド内のバグの原因だと考えられていたバグッチュを捕まえるために奔走したり、またライブに興味を持つイブを必死に引き留めたりとそこそこ苦労人でもある。

偉い人として

アイドル形態の時は基本的に単独で行動しており、物陰や高い場所からプリ☆チャンランドの様子を観察していることが多い。アイドル形態のままプリたまGOの中に入れる上に、マスコットを自由に成長させる事やライブを強制的に終了させる事も可能だったりとランド内での様々な権限を持っている。
またプリたまGO内でくつろぐマスコット達の元に直々に現れ第二回マスコット認定試験の開催を宣言していたりと、本作から登場するマスコット達の元締め的立場も担っている。

空を飛ぶことが出来たり瞬間移動ができるのはもってのほかランド外で水や墨を掛けられても動じず、しまいにはタライを頭に落とされても全く効く素振りを見せなかった。
怒りを露わにした際には紫のオーラを出し威圧だけでキラッCHUたちマスコットを吹き飛ばした上、足元の稲をなぎ倒しミステリーサークルを作ったほどの力を見せておりその能力は未知数。

バグッチュ捕獲作戦の際には激川ゆいによって山盛りの白米を振る舞われてしまったものの、ルルナは彼女のライブを見ながら「もっ、もっ」と白米を平気な顔で食べていた。その回では虫取り少年のような恰好をしており、髪型のシニヨン部分を麦わら帽子で隠したり、カーディガンを腰に巻き付けたファッションであった。
また、ムーンライトマジックエリアの開設イベントの際にはスーツ姿で行動していたりと衣装のバリエーションにそこそこ富んでいる。
実はアイドル形態の際に生えている尻尾はあくまでマスコットルルナコーデのみに付属しているものであり、ルルナ自身に生えているものではない。

虫捕り網ルルナ



劇中での行動

イブとの確執

幼い頃から面倒をみてきた上にカガヤキ・コーポレーションの現社長を務めている輝イブに対しては、「社長業があるから」という理由で彼女がプリ☆チャンに興味を持ちアイドルとしてデビューすることを防ごうとしており、その態度はイブがデビューした後も変わらずプリンセスカップが開催されると、「自分が優勝を認めなければアイドルを諦めるだろう」と不敵に構えていた。
しかしいくら偉い人といえどもマスコットがご主人様を応援し、祝福するという本能に抗うのは難しかったようで、ソルルに背中を押されたことをきっかけに「すくすくすくすく~!」とイブと共にイルミナージュライブを披露したのだった。
とはいえルルナ自身はまだイブがアイドルとして活動する事に納得をしておらず、プリンセスカップが終わり優勝した後も社長業を問題なく務めていたイブから「ライブをしたい」という願いを再び申し出されてもなお、彼女はイブがアイドルとしてデビューすることを未だに認めずに一方的にプリ☆チャン禁止を言い渡してしまった。

ルルナさん



それに対してイブがルルナと共に思い描いた夢の一つであるミルキーウェイを作り上げ、その景色の中で彼女はずっと側にいてくれたことへの感謝とプリ☆チャンアイドルへの憧れをルルナに対して改めて伝えたにも関わらず、その想いとは裏腹にブラックホールを発生させるとミルキーウェイを粉々に破壊してしまう。
そこから塔を作り上げ「貴方のせいよ、イブ。貴方がプリ☆チャンさえしなければ、こんな事にはならなかった……」と物憂げな表情を浮かべながらイブに対して告げると、塔の上へとイブを連れ去ってしまったのだった。

それを受けたみらい達に塔を攻略されイブを取り戻されてしまったものの、次の策としてプリ☆チャンランドの全面封鎖を敢行。イブを返す事と引き換えにプリ☆チャンランドの解放を行う事をみらい達に通告し、イブを自身の元へと連れ戻す事に成功する。
しかしイブの「私の話も聞いて!」という言葉には耳を貸そうとせずにイブが自身の話を聞いてくれないのだという態度を貫き続け、「私の話さえ聞いてくれれば心配ないわ」と優しくイブを諭すのだった。

ただ、ルルナ自身はイブが幼い頃からルルナと共に会社の発展のために取り組んでいた事やイブと共にプリ☆チャンランドの構想や夢を共に語り合った事を振り返っており、最後にイルミナージュライブをもう一度贈った事もあって決してイブが嫌いになった訳ではなく、あくまでもこの騒動はイブへの愛情が引き起こしたものであり、その結果として再びイブを殻に閉じ込める事となったと言えるだろう。

Culla (dell'ombra) della luna



真実と目的


「全てをマスコットが支配して管理してくれる世の中を作れば、未来はきっと明るいわ!」



ルルナの目的とは全てをマスコットが支配する幸せな未来を作り上げるというもの。人間が何も考えず幸せに生きる事が出来る世界を目指すべく行動していたのだった。

ソルルが記憶を失ったことや双子のアリスイブが離れ離れになった原因の発端は、彼がルルナの意見に賛同しなかった末に攻撃を受けたショックによるものであり、この3rdシーズンにおける騒動と現状の元凶といえる存在である。
両親がアリスを探すべく世界中を飛び回り何年も日本を留守にしている間にルルナはイブの面倒を見つつ裏でその計画を練り、日本にいるアリスの存在をイブにも両親にも隠蔽した、というのがおそらく実情である。
アリスが行方不明になった当初は真っ青になり慌ててはいたものの、ソルル絡みの面倒な事態を避けるべく判断した結果である可能性が高い。実際にプリ☆チャンランドに訪れたソルルに対しては鬼気迫る表情で彼を睨むほどに敵対視していた。
昔からイブと面識のあるメルティックスター赤城あんなですら彼女がアリスと双子だった事に、プリ☆チャンランドに入園出来なくなる騒動が解決するまで気づかなかった様子である。

プリ☆チャンランドを世界中に広げる事で思い描いた未来を作り上げる目的のため、マスコット達が何よりも優秀であることを証明してランドを拡大しようと、ルルナはマスコット達を支援し続けていたのだった。
つまりゴーゴー!マスコッツの結成を手助けしてくれた事も、ラビリィのご主人を裏で探してくれていたことも、そして(当初はランドの障害として排除しようとした)バグッチュおしゃまトリックスのマスコットとして認めてくれた事も、大元はというとその目的のためにやってきた事に過ぎなかったのである

20201018



だがそれはイブが思い描いていたプリ☆チャンランドの構想とはかけ離れているものであり、「今のプリ☆チャンランドも、ルルナも嫌い」と言い放たれてしまう。イブに感情を大きく揺さぶられ半狂乱になったルルナは、一時はアリスとイブを拘束するという暴挙に及ぶまでに至る。

しかし輝きを増したアリスとイブのイヤリングから流れ始めた旋律と、その旋律に乗せて二人が共に歌い始めた歌の力により突如苦しみ始める。
その歌は、ソルルとルルナがアリスとイブを守り抜くため「二人に迫る危険を打ち消してくれる、強力なバスタープログラム」と称して授けた子守歌であった。そして皮肉にも、その歌を授けた自分自身が双子の姉妹に迫る危険へと変貌を遂げた事によって滅ぼされる結末となってしまったのである。
ルルナは歌の放つ光に包まれながら、幼い頃から保護者として愛情を注ぎ、見守り続け、そしてプリ☆チャンランドの夢を共に描いた者の名を最期まで呼びながら光に押し流された末に消滅した。
「イブが幸せになれる世界を作ろうと…」そう口にしたルルナの目には涙が浮かんでいたのだった。

ルルナがアリスやイブにライブをさせないように仕向けていた理由については、それぞれアリスに関しては直接的なライブによる力、イブに関してはライブを通してアリスが双子の妹の存在を知り互いに接触する事(二人が出会った際にイヤリングが反応した描写が見られる)によるソルルの記憶の復活と子守歌の発動を阻止する事が目的だったと思わせるような描写がなされているが詳しい理由は不明。

ルルナ自身のイブに対する愛情自体は、例えそれが歪んでしまっていても本物であった事は彼女の言動からも窺える。しかしアリスとイブを引き裂いたのが他ならぬルルナ自身である事もまた同じく、揺るぎない事実なのである。
この事から彼女は、『プリティーリズム』シリーズにおける阿世知欽太郎法月仁、『プリパラ』シリーズにおける紫京院ひびきの様なプリティーシリーズ恒例の悪役ポジションの存在と言えよう。

しかしながら実は完全には消滅しておらず、その後プリティーマスコット形態に退化した姿で涙を浮かべながら影でひょっこり登場。

プリティーマスコットルルナ



マスコットのけっこうそこそこたいへんかわいい人になってしまった。そんな姿になってもなお計画は心の中で渦巻いている様子。ちなみに輝家の両親もアリスの次はルルナを探しており、「ルルナも戻ってくれば良いけれど…」と母親が呟き心配している。

彼女が追放されて以降は、大会は公明正大に開かれる様に立て直されそれまで姿を見せなかったデザイナーズ10改めデザイナーズ13がカガヤキ・コーポレーションと手を組み盛り上げる様になり、黙認されていたライスエリアに監査が入るといった変化が起こるようになった。

以下クイーンズグランプリ編(特に150話以降)の内容を含みます。





逆襲のルルナ、そして…

イルミナージュクイーンがミラクルキラッツに決まってパレードが行われた矢先、彼女は突如謎の復活を遂げプリチャンランドを乗っ取ってしまう。更に辺り一辺を色調が反転した禍々しい雰囲気に変え、「間違いの無い安定した未来」を掲げてすべてのプリチャンアイドルを厳格に管理する「ルルナルール」を制定する。
その内容は、守れない場合はプリ☆チャンから永久追放といったプリパラ時代におけるセレパラよりも不自由なもので、アイドルの行動を制限するかつてのジャニスの目的をより凶悪化したものでもあった。
そしてムチを手に取るルルナの側にはかつて対立した存在であるソルルが何も言わず付き従っていたのだった…

利用規約プリチャン4コマ



間違いが起こらない事で誰一人失敗しない、安心できる世界を作るという持論に異を唱えるキラッツ達に対し、「そんな貴方たちに関わったから、イブも私の言う事を聞いてくれなくなった!」と怒りを爆発させるとキラッCHUを「失敗ばかりのマスコット」と呼び退化させてしまう。
しかし「やってみなくちゃ分からない」を掲げるキラッツ達が披露したライブとお互いの絆によって再びアイドルマスコット形態へと復活するという、プリ☆チャンアイドルとマスコットが起こした奇跡を目の当たりにした事でルルナの心は揺れ動く。

彼女の今までの行動は「自分達マスコットこそが完璧である」という思いによるものであった。だからこそルルナは人々が自分達マスコットによって管理される社会を作りあげようとしていたのだ。
そしてソルルの「マスコットとご主人は完璧じゃないから、友達だからこそ一緒に成長していける」という言葉と、イブとアリスの思いを受けとめた事により遂にルルナの思いは崩れ去ったのだった。

人とマスコットの可能性を信じる事の出来なかったルルナと、最後まで信じ抜いたソルル。互いに秘めたその想いは彼女らの個人曲にも表れている。

自分の間違いを認め、失敗を悔やみながら「イブとアリスを悲しませてしまった」と涙を流すルルナ。彼女の手を取ったのは、幼い頃から保護者として愛情を注ぎ、見守り続け、そしてプリ☆チャンランドの夢を共に描いた者…

「これからもよろしくね!ルルナ!」

マ偉人意外と小さくて可愛いよね…



しかし、和解したのも束の間、バグホールという新たな脅威が迫る。ソルルやプリチャンアイドルと力を合わせて何とか撃退したものの、今後のバグホール襲来に備え、ソルルと共に地球を守る結界になることを決断する。

それはイブやアリスとの永遠の別れを意味するのだった…。





「リアルは壊れる だから言ったのに
       ずっと寄り添って 傍で護りましょう」

正体

その正体は、15年前にアリスイブの両親によって行われた実験によって人間の世界へと降り立ったバーチャル世界の住人である。そのため、カガヤキ・コーポレーションによって開発されたプリたまGOから誕生した、元々バーチャルな存在であるメルパン達とは明確な違いが存在する(例:環境光の影響を受ける点、アイドルマスコット形態において金色の厚みのある羽を持っている点など)。

「互いに協力すればもっと素敵なことが起こせる」という信念のもとルルナは人間に対して「管理」という形で、ソルルは「友達」という形でそれぞれ人間に対しコンタクトを取ろうとしており、その結果として二人の間に軋轢が生じ対立を生む原因となってしまった。

プリチャンまとめ



楽曲

曲名作詞作曲編曲
Lustro della LUNA松井洋平矢鴇つかさ矢鴇つかさ

「Lustro」はイタリア語で「輝き・鏡・光沢」という意味。「月の輝き」といった意味か。

曲調や歌詞、振付はソルルの「Despertar del SOL!」と対になり、時には重なり合ったりと、マッシュアップを前提とした対応曲。
太陽と月、二つの旋律が重なり奏でられるその曲名は「Awakening Light」。

余談

プリたま4弾の直前より、ソルルとルルナがプリたまGOで育てる事が可能になった。ルルナも他のマスコット同様アイドル形態まで育成する事が可能なのだが成長した際のセリフが「アイドルになったニャ?しんじられない!」と、本編中からは想像もつかない程の語尾や口調である。没設定になったのだろうか……

ゲームではソルルと同じくプリティーマスコット形態は一切登場せず、アイドル形態になるまではプチマスコットの姿のままとなる。

プリたま5弾ではついにゲーム内でプレイアブル化。ルルナを使用した際に彼女のフォロチケが入手できるのだがそのランクはまさかのプリンセスクラスランク10。これはプリたま5弾までの最高ランクである。アニメにて世界最高のフォロワー数を持っているとされる白鳥アンジュですら彼女よりランクは低く設定されており、ルルナの異質さがより一層際立っている。

137話の塔、141話のドーム、150話の城など建物に立てこもるが主人公達に攻略されるという展開がやけに多く、一部の視聴者からはまとめて「違法建築シリーズ」などと呼ばれることも。

ちなみにアニメにおいてルルナのCGが初披露された際には髪飾りの位置が逆になっていたのだが、次回では本来の位置に修正されている。

関連タグ

輝イブ 輝アリス ソルル
マスコットの偉い人 ルルナ 毒親
おしゃまトリックス、バグッチュの一件以降、そこそこ関わりを持つチーム

人称・口調・口癖・呼称

一人称
  • わたし
二人称
  • あなた
口調
  • 女性語メイン
  • 年上の人物・一目置かれる人物・頭が全く上がらない人物⇒敬語
  • 親しい人物・同い年以下の人物⇒主に女性語
呼称
  • 年上の人物・一目置かれる人物・頭が全く上がらない人物・馴染みが薄い人物⇒「苗字・名前・フルネーム+さん」
  • マスコットキャラクター⇒「名前+呼び捨て


それは関連人物への呼称よ、イブ。

関連人物呼称
アリス・ペペロンチーノアリス
輝イブイブ、社長
キラッCHUキラッチュ
メルパンメルパン
ラビリィラビリィ


それは関連人物からの呼称よ、イブ。

関連人物呼称
桃山みらいルルナ
萌黄えもルルナ
青葉りんかルルナ
赤城あんなルルナ
緑川さらルルナ
紫藤めるルルナ
金森まりあルルナ
アリス・ペペロンチーノルルナ
輝イブルルナ
キラッCHUマスコットの偉い人⇒ルルナ
メルパンマスコットの偉い人⇒ルルナ
ラビリィマスコットの偉い人⇒ルルナ
赤井めが兄ぃルルナさん


プリティーシリーズラスボス

パックソルル&ルルナ→???

関連記事

親記事

輝イブ かがやきいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ルルナ(プリチャン)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ルルナ(プリチャン)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 555463

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました