ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「もう…生まれなくちゃ」
「ルルナ…今までありがとう」

プロフィール

年齢15歳
誕生日2005年11月5日(いいたまごの日)
好きな食べ物エクレア
使用ブランドムーンライトマジック
タイプセレブ
CV指出毬亜


概要

キラッとプリ☆チャン」シーズン3から登場する、若くしてカガヤキ・コーポレーションの社長を務める寡黙な少女。また、同じくシーズン3から登場した輝アリスの双子の妹でもある。側にはいつもルルナが座っている。

輝イブ



キラ宿に開園した「プリ☆チャンランド」の総責任者でもある。天然なところがあるが立派に社長業をこなしており、会社の発展のためにもプリ☆チャンランドを盛り上げようと頑張っている。赤城財閥と業務提携しており、赤城あんなとは10年ぶりの付き合いらしい。その繋がりでプリ☆チャンランドの発展のためにメルティックスターを招待し、プリたまGOを3人に渡した。
しかし最近は社長業だけでなくプリ☆チャンアイドルへの憧れも持っており、その様子を見ているルルナにいつも釘を刺されている。

右耳に月の形を模したイヤリングを付けており、左耳にイヤリングを付けたアリスとは対称的な容姿をしている。
公式情報より、本編にてアリスの本名が明かされる4か月前にはアリスと誕生日が同じである事が明かされており、アリスのカメラに収められた写真に幼いイブと見られる赤ん坊やアリスとソルル、そしてルルナの尻尾が映っていたりとアリスとイブが双子の関係にあるという事は度々に渡って示唆されていた。

ツイッターまとめ



人物

カガヤキ・コーポレーションの社長を務めており、山積みの社長業を昼間に全て片付けてしまう程に敏腕な人物。日々ランドの様子を社長席で眺め、更なる盛り上げのために色々なことを画策している様子なのだが
・あんなを呼び出したが名前を忘れかける上にさらめると間違える
・ドヤ顔で生卵を縦に回そうとしてそのまま床に落として割り赤面する
・生卵を手から滑らせて落とす
・手に持つ生卵とプリたまGOを間違える

…と結構天然でドジっ子。昼食の最中に「わーい」と能天気にはしゃぎながらプリ☆チャンランドに向かったりプリたまGOを両手で抱えてにこやかにライブへの期待を膨らませていたりと、年頃の女の子らしい可愛らしい一面も多く見られる。年齢は明かされていなかったものの、アリスと双子の関係にあるという事でみらい達と同年代だという事が判明した。

イブちゃん



既に両親は早い頃から仕事のために世界を飛び回っており、先代社長からカガヤキ・コーポレーションの社長を継ぐ人間としてイブは幼い頃から社業業に専念してきた。ルルナはそんな両親に代わって家庭教師として、秘書として、そして保護者として、何年もずっと社長業に専念するイブを支えてきたのだった。
イブはそんなルルナに対して並々ならぬ想いを持っており、プリンセスカップで優勝した時にルルナが舞い降りてきた際には涙を浮かべて喜んだほどに感謝と愛情を抱いている。

以上のことから学校には通っておらず、社長としては優秀だが字や絵は年齢にしては少し幼めなもの。友達がいなくても今までルルナや社員と共に生活を過ごしてきたために寂しく感じた事は無かったのだが、内心では友達が欲しいと思っていたようだ。その思いや、ずっと社長として堅苦しく生活していた事が後述するプリ☆チャンへの興味をより一層大きくさせる一因ともなった。
また、家族以外の人達とご飯を食べる事はなかったらしく、アリス達と食事した際には笑顔を見せていた。母親の作るエクレアが好物らしい。

エクレアだけでなく卵(特に生卵)もかなりの好物のようで、食事の際には「これからよね」と言って最初に食べようとしていたり、両手で大切そうに持ちながらランドを歩いていたりしていた。
昼食には社員食堂のオムライスやサンドイッチなど卵料理のメニューばかり選んでいた上、社内に設置してあるバーチャルビリヤードの球すらも卵やひよこを模したグラフィックになっている。プリたまGOが卵の形を模しているのもイブの好みを反映した結果なのかもしれない。

サンシャイン社長スマイル



ルルナとライブへの想い

オーシャンマーメイドカップのライブを観に行った事をきっかけにプリ☆チャンのライブに対しての興味を強く持つようになる。そんなイブをルルナは不安げに見守っており、事あるごとに「お仕事があるから」と言いつけ社長室に引き留めていた。
そんな中カガヤキ・コーポレーションでのアリスとの対話や念願だった彼女のライブを目の前で見れたことを通してイブのプリ☆チャンへの想いはますます大きくなっていき、ついにムーンライトマジックエリアの開設イベントの際にルルナの目を盗んでアリスと共に観覧車に乗ってしまう。そこで自分の想いを打ち明けると彼女は「やってみなくちゃ分からない!」とイブの気持ちを後押し。それに勇気づけられたイブはプリ☆チャンアイドルとしてデビューする事を決意し、ライブを披露した。その後のイブの表情は喜びに満ち溢れていたのだが、それでもルルナはイブがアイドルとして活動する事を認めてはおらず、強制的に彼女の作り上げた塔の中に閉じ込められてしまう。

みらい達によって塔から救出されてからは、しばらくアリスのペペロンチーノ号に居候して一緒に暮らす事となりほとんど体験したことの無い会社の外の世界に目を輝かせていたのだが、ルルナはイブを何としてでも連れ戻すためにプリ☆チャンランドの封鎖を敢行する。
それを受けルルナの元へと一度は舞い戻るものの、アリスが自身の双子の姉であるという事実とルルナの真の目的を知った事で「今のプリ☆チャンランドも、ルルナも嫌い」と言い放ってしまう。そしてライブの力によって光に包まれてゆくルルナを目にし、イブは悲しげに目をそらすのだった。

しかしルルナはイブの実質的な育ての親といっても過言ではない存在。イブは愛情を注いでくれた彼女の動向を気に掛け、思い返しながらも最後のグランプリ「クイーンズグランプリ」へと身を投じる。
その先で彼女とルルナに待ち受ける運命とは……

夜空の殻を破って



楽曲

134話にてついにアイドルデビューを果たした。

曲名作詞作曲編曲
プラネタリウムの殻児玉雨子michitomo松井ジャーマン Jr.
自身のタイプは前作プリパラには実装されていたものの今作においては長らく登場していなかった「セレブ」タイプ。夜空のような黒の上にその名の通り全身に散りばめられた宝石の装飾が煌びやかに光る豪華な衣装。歌詞に含まれた「殻を破る」というキーワードは自身のアイドルとしての開花の意か。

イブちゃん✨



人称・口調・口癖・呼称だったかしら?

一人称
  • わたし、わたくし(128話から)
二人称
  • あなた
口調
  • 女性語メイン
  • 年上の人物・一目置かれる人物・頭が全く上がらない人物⇒敬語
  • 親しい人物・同い年以下の人物⇒主に女性語
呼称
  • 年上の人物・一目置かれる人物・頭が全く上がらない人物・馴染みが薄い人物⇒「苗字・名前・フルネーム+さん」
  • マスコットキャラクター⇒「名前+呼び捨て


関連人物への呼称だったかしら?

129話以降、みらいをはじめ多くのプリチャンアイドルと交流を通じて親交を持つ。

関連人物呼称
桃山みらいみらいさん
萌黄えもえもさん
青葉りんかりんかさん
赤城あんなあんなさん
緑川さらさらさん
紫藤めるめるさん
金森まりあまりあさん
黒川すずすずさん
アリス・ペペロンチーノアリス※
キラッCHUキラッチュ
メルパンメルパン
ラビリィラビリィ
ルルナルルナ
ソルル白い猫さん、ソルル
赤井めが姉ぇめが姉ぇさん
赤井めが兄ぃめが兄ぃさん
母親お母様

※アリスが実姉だと判明するまでは「アリスさん」、それ以降の一時期のみ「お姉様」と呼んでいたが、アリスからの要望で、呼び捨てで呼ぶようになった。

関連人物からの呼称だったかしら?

初期は「さん」付けだったものの、みらい達と親交を深めていく内に「ちゃん」付けとなった。

関連人物呼称
桃山みらいイブちゃん
萌黄えもイブ
青葉りんかイブさん
赤城あんな輝イブ、社長
緑川さらイブくん
紫藤めるイブイブ
金森まりあイブさん
黒川すずイブ先輩
アリス・ペペロンチーノイブちゃん
キラッCHUイブちゃん、社長(129話)
メルパンイブ社長
ラビリィお姉さん(初対面時のみ)→イブちゃん
ルルナイブ、社長(129話)
ソルル黒い髪の子(記憶喪失の為)
赤井めが姉ぇ輝イブ
赤井めが兄ぃ輝イブさん

関連タグ

キラッとプリ☆チャン
ルルナ
アリス・ペペロンチーノ
ポンコツイブちゃん

海馬瀬人:同じ学生且つ同じ「KC」のイニシャル及び苗字+コーポレーションの組み合わせの会社の社長繋がり

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「輝イブ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「輝イブ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 254725

コメント