ピクシブ百科事典

だいあ

だいあ

『キラッとプリ☆チャン』の登場人物(キャラクター)。
目次[非表示]

「カラッとジュエルにキラにちは~!」
「ソコにいるのに~ココにいない! バーチャルプリ☆チャンアイドル、だいあだもん!」
CV:佐々木李子(CGパートのモーションアクターも担当)

概要

『キラッとプリ☆チャン』51話から登場し、シーズン2(52話)から本格的に登場。

コンピューターで作られた(と言われる)、バーチャルプリ☆チャンアイドル
デザイナーズ10が主催する『ジュエルオーディション』の司会を担当し、ジュエルアイドルの選考に関わっているほか、選考には直接関係のない『だいあフェス』をジュエルアイドル相手に時折開催している。
語尾に「〜だもん」を付けるが、後述の虹ノ咲とのやり取りでは普通の口調で喋っている。

バーチャルというだけあって実体を持っておらず、現実世界に登場する時は半透明な立体映像の姿を取る。
虹ノ咲だいあとは密接な関係があり、70話では彼女に対し助言を行っている。
第76話の回想シーンにて、虹ノ咲だいあが新ブランドのオーディションの当選の商品で送られてきたデザインパレットのナビゲーション用キャラとして作ったことが判明。彼女が幼少期に読んだ絵本「ジュエルのくにのおひめさま」の主人公をモデルに制作された。そしてその時不思議な事が起こり、だいあが自我に目覚めたのである。

ジュエルチャンス時はプリ☆チャンアイドルをステージに導く、過去作品の女神時の精霊に相当する役割を担う。ちなみに分裂して複数人同時にジュエルチャンスを行うことも可能。

作中で虹ノ咲だいあと区別する場合は「バーチャルだいあ」と言う呼び方をされる場合もある。

外見

バーチャルプリチャンアイドル


髪色は金髪ベースにピンクと水色が入ったスリートーンカラーで、髪型はツインテール。目には虹が入っているが、その形状は虹ノ咲だいあと共通。
最新ブランド「Milky Rainbow」のコーデ(だいあコーデ)を身に纏っており、『だいあフェス』の優勝者にはこのコーデを景品として与えている。

楽曲

曲名作詞作曲編曲
フレンドパスワード宮嶋淳子曽木琢磨曽木琢磨


タグに関して

一部でオリジナルキャラとして運用が確認されている。こちらをマイナス検索することは難しい為、プリチャンアイドルとしてのだいあを検索する場合は「プリチャン だいあ」と検索するのが望ましい。
(ただし、虹ノ咲だいあも検索結果に出てくるので、その辺りは各自調整する事)

余談

声を担当する佐々木李子が本作出演の1年前に出演した『邪神ちゃんドロップキック』には、「キラッと下克上☆」というキャラソンを歌っており、こちらで演じたキャラ人外のアイドル役である。

関連イラスト

Vだいあ
心を開くパスワード


無題
だいあ



関連タグ

キラッとプリ☆チャン プリチャン
虹ノ咲だいあ

バーチャルYouTuber

ココ(アイカツフレンズ!)サラ(GBD):ライバル作品の類似事例。どちらも電子的な存在であるのだが……。

被造物(Re:CREATORS):彼女のモチーフに元ネタと思われる題材が存在するという事で、こちらと誕生経緯が同じと考えられる。ただし、送られてきた物に類似するコーデが存在していた事で、一種の公式コラボコーデや最初から仕込みがあった可能性も否定できない。

























これより先は、最新話ネタバレの為閲覧注意









虹ノ咲だいあが事の全てを告白してみらい達と打ち解けた後、バーチャルのだいあはあまり姿を見せなくなった。
心配した虹ノ咲はメルティックスターと共にだいあの世界(バーチャル)へとダイブ、だいあと再会する。
普段通りのだいあに安堵する虹ノ咲であったが、虹ノ咲と別れただいあにはノイズのような兆候があり……。















「カラッと元気に、だよにちは~!」
「ソコにいるのに~ココにいない! バーチャルプリ☆チャンアイドル、だいあだよん!」

だよん💎🖤
黒だいあちゃん




虹ノ咲と別れた直後のジュエルチャンスで、何と闇堕ちとも受け取れるようなだいあが目撃されたのである。ガングロ系のギャルテイストで、黒だいあ闇堕ちだいあ、もしくはアナザーだいあと言うべきか。
語尾も通常の『〜だもん』から『〜だよん』に変わっている。

そして次の回では、だいあは新たなチャンネルを設置して独自に配信を始めるようになる。

その配信では、何と他の配信者の配信に不思議な力で干渉、イタズラをして困らせると言うおしゃまトリックスのような事を繰り返すように。
更に自らのイタズラで困っている配信者達の様子を見て嘲笑うなど、その性格も以前のだいあとはかけ離れたものになってしまっていた。

その状態のままでジュエルコレクションの司会を務めていたが、虹ノ咲が優勝したみらいと深い絆で結ばれたのを目の当たりにして、ついに抑えていた思いが爆発。「みんな大嫌い!」と叫んでバグッCHU型のオーラに閉じこもってしまう。これにより全世界のプリチャンは機能を停止してしまった。

ナビキャラは本来ただのプログラムに過ぎない存在だが、虹ノ咲の「アイドルとした輝きたいという思い」に反応し、彼女が作ったナビキャラに「だいあ(=虹ノ咲)を応援したい」という意思が生じた事で、完全な人格を持っただいあが誕生した。そのため、虹ノ咲が現実世界で友達を作ることで自立し、自分を必要としなくなることはだいあにとって祝福すべきことなのだが、実際には悲しい気持ちが生じており、その根拠を理解できずに困惑していたことが黒だいあへの変貌につながったのである(この気持ちがプリチャンのシステムに悪影響を及ぼした)。

虹ノ咲がダイヤモンドコーデの力を得たみらいと共にだいあを説得しに行く。「だいあはバーチャルであり、他人と触れ合えないから友達になれない」とだいあは思っていたが、2人の「身体は触れ合えなくても、心では触れ合える」「心で繋がったならもう友達だよ!」の言葉を受けてついに元のだいあに戻り、プリ☆チャンも復旧した。ちなみにダイヤモンドコーデは力を使い果たして消滅している。

ところが今度はプリ☆チャン衛星がキラ宿に衝突するという危機に見舞われる。だいあの人格が形成されていくたびにバグッCHUも強化されていき、強固なセキュリティを持つプリ☆チャン衛星のシステムに侵入できるまでになったのだ。

だいあは罪滅ぼしに単身バグッCHUを撃退しに行く。強力なバグッCHUの前にピンチに立たされるが、10人のジュエルアイドルのライブと全世界のフォロワーの「いいね!」を受け、ダイヤモンドコーデが復活し、だいあに力を与える。だいあはダイアモンドコーデを纏うと巨大化し、バグッCHUの浄化に成功する。

こうしてプリ☆チャンとキラ宿は救われたが、この戦いでだいあは存在を維持することができなくなってしまった。「だいあとだいあは2人でだいあでしょ!」とだいあを求める虹ノ咲の願いもむなしく、だいあは「きっとまた会えるんだもん」と言い残して消滅してしまった…。

が、その直後、だいあに酷似した小型のナビキャラクターが出現だいあは虹ノ咲の想いを受けて、転生したのだった

ネタバレ込みの関連タグ

闇堕ち バグ

ソルル/ルルナ:第3部に登場する似たような存在だが、こちらは最初からカガヤキコーポレーション由来であり、新たなシステムにおけるマスコット導入に関してだいあの件が言及されてない辺り安全性は保証されている模様。それ故に黒だいあが関係したバグッチュの存在には目を光らせていた。3シーズンは彼女らの出自が重要視されている。
ガァルル/ジャニス/ガァララ・ス・リープ:同じシリーズの色違いキャラの先輩達。虹ノ咲だいあが扮する白いだいあに対し、黒いバーチャルだいあは色違いキャラと言える。
メカ姉ぇ/パック:こちらもシステムに影響を及ぼす存在。特にパックは終盤だいあと似たような事をやらかした。

軍服の姫君別作品のキャラクターで、リアルだけでなくSNS上でも大きな影響を起こしていたという部分で類似する案件。

関連記事

親記事

虹ノ咲だいあ にじのさきだいあ

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「だいあ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 513532

コメント