ピクシブ百科事典

彩瀬なる

あやせなる

「プリティーリズム」の第3期である「プリティーリズム・レインボーライブ」の主人公。
目次[非表示]

CV:加藤英美里

概要

本作の主人公。中学2年生で14歳。3月3日生まれ。魚座のO型。
音楽の「色」が見える少女。口癖は「ハピなる」。

いろんなものをデコる(飾る)事が好きで、近くにデコれる物があればすぐにデコレーションしてしまう。飾るのが好きな反面、片付けは苦手で、部屋の中は常に散らかっている。
素直で人懐っこいが、天然ゆえ知らず知らずのうちに相手の神経を逆なでしてしまう事もある。また少々泣き虫で、作中では度々涙目になっている。

父は童話作家、母は絵本作家でありイラストレーターも務めている。両親の影響が強く、得意な教科は国語と美術。

ペアともはラブリン。プリズムライブになるとギターに変化する。
プリズムフェザーはハートで左右に3枚ずつありの計6枚。

レインボーライブでの描写

原宿にオープンするプリズムストーンショップの中学生店長公募で蓮城寺べるを抑えて合格し、晴れてプリズムストーンの店長となった。その後、同級生の福原あん涼野いともプリズムストーンに入り、共に働くことになる。

マイソングを披露する事になった際、偶然演奏していたコウジに作曲を頼むも一度は拒否されてしまう。しかし粘り強い交渉が彼の心を動かした結果、マイソングを贈られた。
苦手なプリズムショーでいきなりプリズムライブを披露するなど、その高い素質を一部の人物からは見抜かれている。
ドリーミングセッションではプレッシャーから泣き出してしまうも、コウジの応援により持ち直し、3連続ジャンプを決めた。
結果として規定時間オーバーで敗退してしまうも、まったく練習して来なかった自分を反省しこれから特訓に励む事を決意するきっかけとなった。

りんねを自らの家に居候させることを引き受け、同じ布団で寝たりと彼女と親交を深めていく。
第26話では、コウジといとの仲を心配し、いとの背中を押したものの、りんねと二人きりになった控室で失恋の自覚が無いまま無意識に涙を流していた。

デュオ大会・ウインター・ホワイト・セッションではべるとペアを組む事になる。
大会前突如自分の前からいなくなり家にも帰らなくなったりんねを心配し、大会当日は控室を何度も訪れるも門前払いをくらってしまう。
ついにりんねが折れて姿を現すも、「さよなら」と決別の言葉を言われたため(彼女は彼女でジュネと命を懸けた勝負に出たという事情があったのだが)ショックを受けて泣き崩れた。その時なるのプリズムのきらめきが消えてしまい、ペアとものラブリンが消えてしまう。ラブリンが見つからない事にべるもともに涙を流した。
そこに通りかかったヒロからの助言で立ち直り、プリズムショーの最中にラブリンがなるの元に戻る。べるとともにプリズムライブと5連続ジャンプを成功させた。

プリズムクイーンを決める大会『オーバー・ザ・レインボー・セッション』では、セブンスコーデが最終進化を遂げていたもののりんねの消失でプリズムショーが完全にできない状況に陥ってしまう。
しかし、りんねが見てくれている事を信じプリズム空間で着替えられない中モモの作った衣装を身に纏いステージに立った。
すでにリンクが使用できなくなっている中、なるは転んでもあきらめずショーを続ける。なるは観客や舞台袖の仲間達からの声援を受け、プリズムライブができるようにまでなる。そして消えていたプリズムのきらめきを、プリズムジャンプで復活させた。
大会の点数は1位となったべるより低いものとなったが、会長である法月皇は「本当の勝者は彩瀬なるさんだったのかもしれない」と呟いている。

最後までソロのショーでは勝ちに恵まれず、漫画版の天宮りずむプリティーリズム・オーロラドリーム春音あいらプリティーリズム・ディアマイフューチャー上葉みあと違い、唯一主人公でプリズムクイーンになっていない。
しかし普通の女の子が仲間と出会い成長する点等から、ある意味視聴者視点の主人公とも言える。また、なるを担当した加藤英美里も「理想の主人公」と語っている。

最終回では、かねてからの夢だった『Dear crown』の店長となった。

KING OF PRISMでの描写

2年後に当たる続編『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』では、台詞は無いもののポスターで少しだけ登場。
子供番組で歌のお姉さんとして出演したり(同じ番組で仁科カヅキが「体操のお兄さん」として出演している)、速水ヒロベルローズの3人と映画『夜ノヨッシャーマン』で共演している姿が確認できる。

2作目『PRIDE the HERO』では他のRL女子と共に声付きで登場する。身長もいとやべるに迫るくらいに伸びている模様。また、オバレの卒業ライブでのプリズムアフレコで、RL時代の彼女(を模した人物)がヒロの相手役で登場する。

3作目『Shiny Seven Stars』では1話の涼野家にあったRLメンバーの集合写真やディアクラウンのポスターに長髪のなるが映っていた。
また、4話の十王院カケルがRLキャラのプリズムショーを視聴・解析する場面で「ハート❤イロ❤トリドリ~ム」がRL曲を代表して流れ、6話でもコウジが何故か「ハート❤イロ❤トリドリ~ム」でソロショーを披露している(作曲者権限か…?)。

8話の涼野ユウ回にて、サイドテールのなるが最後に少しだけ登場した。
ユウはなる達が見守る中でハッピーレインのプリズムライブ(楽器)を一人で再現していたのだが、空中でギターを受け取ってプリズムライブを始める際の動作は、なると同じだった。
そしてショーの終了後、満面の笑みのなるが確認できる。また、ユウのジャンプやEDで星座となった者達には彼女も含まれている。

楽曲

曲名作詞作曲
ハート❤イロ❤トリドリ~ム三重野瞳山原一浩


プリズムジャンプ

・ラブリースプラッシュ
・100%ピュアピュアアロー
・ラブリーレインボー
・ハピなるアロー無限大

トリオジャンプ
・未来へ! ハッピーレイン

デュオジャンプ
・レインボーアーチファンタジー
・スターライトフェザーメモリー

関連イラスト

ハピなる!
queen of prism


はぴなるバースデイ!
ハピなるお誕生日


絶対届くよ!
Happy♡Naru



関連タグ

プリティーリズム・レインボーライブ ハピなる
ハッピーレイン 福原あん 涼野いと りんね
蓮城寺べる 森園わかな 小鳥遊おとは

カップリングタグ
ヒロなる

関連記事

親記事

ハッピーレイン はっぴーれいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「彩瀬なる」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2327637

コメント