ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:内田真礼

概要

中学2年生14歳エスニック系の女の子。6月5日生まれの双子座。AB型。

緑色の長髪を猫耳に似せた両サイドのシニヨンをまとめている。微かに見える八重歯が特徴。口癖と語尾は「~にゃ」。

好きな食べ物はチュッパチャップスに似たペロペロキャンディーと好きな飲み物はメロンソーダ。

何かと退屈しないから、という理由でいつも蓮城寺べるの側にいる。気さくな性格だがトラブル好きで、面白いなと思ったら平気で物事を掻き回す。

特技はプリズムストーンを使った占い


完全な亭主関白な家で、転勤続きの父親に頼み込んで今の高層マンションに住んでいる。家では口癖を完全に封じて髪を下ろしおとなしい良い子を演じており、外での振る舞いとはまるで正反対である。

小学生の頃は転校ばかりで、その内の一つの学校でべると出会った。その後わかなは留まり続ける訳だが、実際のところべると一緒にいる理由は家庭環境ゆえ一人ぼっちだった彼女に自分を重ね歩み寄ったからである。べるの2番手として自分を位置付けた結果現在の性格が出来上がった。

本番に弱く失敗を恐れてしまうわかなの弱気な性格はエーデルローズからの抑圧によるものであるが、家庭の影響もあったのかもしれない。


ストーリー上では明らかになっていないが、音楽の「」を感じることができる(設定を踏まえたような台詞自体は存在する)。

ペアともはエスニ、プリズムライブの時はマリンバマレットに変化する。鍵盤は涼野いとと同じ表現で、マレットで叩いてライブをする。プリズムフェザーは鳥が翼を広げた形のようなもので先端がとがっている。


レインボーライブでの描写

過去の因縁ゆえ福原あんのことをなにかと敵対視していた。飄々とした性格だが失敗を恐れる節があり、ドリーミングセッションでは3連続ジャンプを直前で中止(2連続まではできた)。3連続ジャンプに挑んで失敗した福原あんには勝利したものの、心に波紋を投げかけられる結果となった。


16話では、プリズムストーンに出入りしているおとはにちょっかいを出すも仁科カヅキに止められて射的で勝負をすることに。勝負には敗れて、プリズムストーンの出張トラックでショーを行いカヅキの助言でべるからのプレッシャーを押しのけ、三連続ジャンプに成功。

その後ペアとものエスニが生まれて一緒に暮らす事になったが、両親にはエスニの存在を隠していた。


前述したあんとの因縁だが、わかなはあんの小学校にも4年生の頃一時期通っていた。元は足を怪我したあんの代わりにわかながプリズムショーに出て成功させるという約束をしていたのだが、当日わかなが出る事はなくあんが出場したのだった。

ずっとわかなは「約束を破った」と思い込んでいたのだが実は記憶違いを起こしており、熱を出したわかなの代わりに怪我を治したあんが出場しただけだったのだ。その後誤解が解けた事により和解している。


第33話では、エーデルローズが保護者向けに開催するショーに両親(特に父親)を誘うことをあきらめていた矢先、父親のシンガポールへの転勤が決まる。カヅキに背中を押され両親にショーのチケットを渡し、自分の想いをショーを通して伝えることを決意した。しかしショー終了後に仕事が元で父親が来ていないことが分かり、やせ我慢をしていたが、カヅキに報告に行き涙をこぼした。


第35話・第36話では、シンガポールに引っ越すことになっていたのでデュオ大会、ウインターホワイトセッションに出場することを拒む。しかし、出場できなくてもわかなに付き合うと言ってくれたあんとともに神浜コウジに曲を作ってもらいあんと発表会を行う。その際母・フタバが家で仕事をしていた父・正に土下座して涙を流してまでショーを見に行ってほしいと頼みこみ、第33話で実現しなかったわかなの願いはようやく叶った。

発表会後、肩身の狭い思いをさせて悪かったとわかなに謝罪し、正に転勤を断るようフタバは頼み込むも正はそれを受け入れなかった。最終的に正の言動にマジギレしたフタバが正を怒鳴りつけ単身赴任させることに成功。そしてシンガポールへの転校はなくなり、無事にデュオ大会に出場できることとなった。


第39話・第40話では、あんにカヅキのことが好きだという思いと告白する決意を打ち明ける。しかし、あんもカヅキのことが好きだと分かりショックを受けるも受け入れともに告白することを提案した。あんとともに告白しようとするもカヅキが美女とともにいるのを目の当たりにし失恋したと思い、あんと意気投合して最高のデュオショーを披露し同時に4連続ジャンプを成功させる。しかしカヅキとともにいた美女はアメリカに留学していた従姉であると判明し、散々振り回されたことに腹を立て再度あんと意気投合しカヅキとの面会を謝絶した。


48話、オーバー・ザ・レインボーセッションでは、おとは、あん、いとに続き4番目にショーを披露することになる。森園家が互いを思うあまり付けていた性格の仮面はすっかり全員外れており、陽気な性格に変わった父・正と、元ヤンとしての強気な性格を取り戻した母・フタバに激励され、その後のショーではセブンスコーデを進化させた。

7連続ジャンプに挑戦し失敗したものの、本人は挑戦したことに対し後悔はせず自分の殻を破れた事に満足していた。(ちなみにこの時わかなは死亡フラグを立てていたりする。さすがに死にはしなかったが)


最終回後は家庭環境も良好なものになり、あんとは喧嘩友達の仲に落ち着いた。あんと同時にカヅキに告白するが、当のカヅキの恋愛免疫が薄かったためこちらの進展はもう少し先になりそうである。

KING OF PRISMでの描写

RLのスピンオフにあたるKING OF PRISMシリーズにも登場。

一作目KING OF PRISM by Pretty Rhythmでは背景に登場。


二作目Pride The Heroでは他の女子たちと共に本人が声付きで登場。

エンドロールによると、告白については未だ保留状態らしく、あんと共にカヅキを追いかけ回している。

プリズムアフレコのシーンでは髪を下ろしていた。


三作目Shiny Seven Starsでは第3話のタイガ回にてあんと共に登場し、意外な形でストーリーに関わる。

前作に引き続き、またカヅキを追いかけ回している。挿入歌としてデュオ曲『cherry-picking days』も使われている。


楽曲

曲名作詞作曲
Blowin' in the Mind三重野瞳山原一浩

プリズムジャンプ

・エスニックスプラッシュ

・ハートフルスプラッシュ(第23話のみ)

・めざめのフラワーワルツ

・フレッシュフルーツバスケット

・ヒラヒラヒラク 恋の花

・ときめきメモリーリーフ

・覚醒!オープンマイフラワー

(トリオ大会時)

・革命のロゼッタネビュラ

(デュオ大会時)

・スウィンギンハートリズム

・マジカルスペースプラネット


関連イラスト

守りたい、この笑顔にゃはん

わかな氏


関連タグ

プリティーリズム・レインボーライブ 仁科カヅキ

ベルローズ 蓮城寺べる 小鳥遊おとは

ハッピーレイン 福原あん あんわか 彩瀬なる 涼野いと

猫娘 中華娘


ミリア・マリーゴールド・マッケンジー…3年前の同局に放送したアニメの登場人物で、「イメージカラーが緑」、「パートナー(ではない)がいる」、「楽器(エレキギター)が得意」、「猫要素を持っている」、「アイドル関係であったり」と共通点が似ている。


星空凛…こちらも同じく猫要素を持っているアイドルキャラで、「魚が苦手」、「パンツスタイルが似合う」、「サンリオコラボでけろっぴとコラボした」…と共通点が多い。


シャンプー…わかなと同じく猫要素と中華要素を併せ持ったヒロインつながり。

関連記事

親記事

ベルローズ べるろーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2554914

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました