ピクシブ百科事典

憲磨呂

のりまろ

天が呼んだか地が呼んだか、どこからともなく紛れ込んできた、なんのとりえもないただの学生。
目次[非表示]

「だから言っただろー!!」

概要

マーヴルスーパーヒーローズVSストリートファイターに登場したキャラクターである。
とんねるずの生でダラダラいかせて」の企画において、カプコンが「木梨憲太郎(正体は木梨憲武)」にストリートファイターの新キャラクターの作成を依頼したことから始まる。

特徴

坊主メガネをかけたやや老け顔の学生。(学年不明、但し番組内にて「高校二年生。それがダメなら大学生、もしくはこれが私服の人」と言っていた)
紫色の学ランに白い襷掛けカバンが特徴である。
性格は前向きで明るく、戦いが嫌いな平和主義者。運動神経は意外と良く、跳躍力がある。
塀を上って歩いたり、横断歩道の白線部分だけをピョンピョン飛び移るタイプ。
常に逃げ腰で、歩き方が面白い。戦闘前は対戦相手を見て泣き叫ぶが、相手が女性だと喜ぶ。

防御が基本姿勢で、技を出す際の台詞も「やめろよ」「あっちいけよ!」「こっちくんなよ!」「俺が何したんだよ!」等。
(中には「しょーりゅーけん!」「ノリマロアタック!」など技名を叫ぶボイスもある。ちなみに声の出演も木梨氏本人が担当。)

カバンには三角定規コンパス(生徒が使用するものというより教師黒板で使うような大きいもの?)、弁当箱に木彫りの豪鬼の置き物等が入っており、技を出す時にカバンから飛び出したり、投げたりする。出てくる物はランダムで威力に変化は無い(いわゆるレイレイの暗器砲)。

挑発が色紙ペンを取り出す「サインねだり」(通常:サインくれよ!)で、これをCPUのダンに行うとプレミアムサインで応えてくれる。
ただしプレミアムサインはあくまで攻撃技なので避けないとダメージ確定である。 「大事にしろよ?」

…と、かなりのイロモノキャラに思える内容だが、「飛び道具」「移動技」「対空技」を持ったスタンダートキャラであり、標準で2段ジャンプ、さらに隠し要素で4段ジャンプも可能。
なお、技の正式名称は「ハイパーストロングミラクルトレジャー」「アルティメットグランドチャンピオンジャンプ」「ウルトラバラエティプライベートメモリーズ」等のように妙に長い。

憲磨呂(ノリマロ)」であり「憲麻呂」でも「憲麿呂」でもない。このような誤字・誤表記は多く、当時のゲーム雑誌にもあったという。

外道王

アポカリプス、メカ豪鬼とたて続けに倒すと調子に乗った憲磨呂は地球を征服。
大帝国を築きあげ圧制をしいた。そのため憲磨呂は死後「外道王」と呼ばれ、歴史の教科書に載って受験生を苦しめたのだった。

余談

「おかんちょうサービスだー!!」

  • 番組では製作中の動作としてカンチョーを決める投げ技「おかんちょうサービス」が放映されていたのだが、実際の製品版では残念ながら没になっている。
  • 木梨が憲磨呂の前に試し書きしたキャラクターとして「ケンヂ」が存在した(顔は現在の憲磨呂とほぼ一緒)。こちらは年齢が31歳らしい。
  • コンピューターに対して「そこに愛はあるのか?」と企画開始時はアナログの心を貫いていた木梨であったが安田朗の制作を間近で拝見すると釘付けになって興味を示していた。
  • 「憲磨呂」という名前は一般公募で選ばれたもの。採用者には賞品として本作の基板入りのゲーム筐体が丸ごとプレゼントされた。
  • トミチンこと富田篤は憲磨呂のデザインに当初は不安を覚えながらも制作していくにつれ面白くなっていったそうである。「ゲームキャラクターに対する先入観が壊れて、発想の枠が広がった。」とも語っている。
  • マーヴル側から「こんなふざけた男にうちのキャラクターが負けるのは我慢できない」「最初の契約時に居なかったキャラを出すのはどうなのか」等の抗議があったと言われている。議論の末、国内版で正式に参戦し、海外版では不参戦の形となっている。なお海外版にも没データ上は存在しており、海外のゲームサイトにて「諸事情により没になったキャラ」として紹介されているため、海外のファンの間でもその存在自体は知られている。
  • また、著作権が複雑で「日本テレビ」「カプコン」「アライバル(とんねるず)」の三者の許可が下りないと使用できず、今作限定のゲストキャラクターであったためか、以降の作品には一切登場していない。

関連タグ

生ダラ
MARVELvsCAPCOM
ストリートファイター
公式が病気
ボビー・オロゴン

pixivに投稿された作品 pixivで「憲磨呂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6626

コメント