ピクシブ百科事典

李烈火

りれっか

SNKの格闘ゲーム『月華の剣士』に登場するキャラクター。 災厄の気配を察してその災厄を阻止するべく大陸から渡ってきた武術家の青年。 単なる中華枠キャラでしかないが、むしろ注目すべきは……。
目次[非表示]

CV:橋本潤<現:橋本じゅん>

李烈火とは、SNKの対戦格闘ゲーム『月華の剣士』シリーズに登場するキャラクターである。

「全力で行きます…!」

身上書

名前:李 烈火(り れっか)
コピー:黄土からの使者 Oriental Justice
性別:男
生年月日:1843年2月16日
年齢:21歳
身長:5尺7寸
体重:15貫目
利き腕:右利き
流派:北派少林寺をベースとした「飛影拳」。 素早い動きと体術。大陸製の特殊武器を使用。
武器:扇子「紅蓮」
家族構成:大僧正 兄弟子=チュタオ
宝物:免許皆伝の証(扇子)
趣向:修行
好き:正しい行い
嫌い:ピーマン
シンボルアイテム:炎、免許皆伝の証の扇子

概要

大陸から日本にやってきた武術家。
嵩山少林寺にて寺の大僧正の側近として衛士を勤めながら、武術と「人の世の無常」について学ぶ青年で、日々武術修行と禅学に明け暮れている。
日本には、深紅の凶星を見たことと、「日出ずる国の災いと、それがやがて大陸、世界へと広がり、
この世を暗黒に変貌させる」という予言を知り、その災いを防ぐために訪れた。
ただし、他のキャラとの絡みはほとんどなく、目的を果たした後はさっさと本国に帰ってしまう。

特徴的なのはその辮髪
若くてイケメンであるにもかかわらず、見事な剃り込みで形成されており、初見のプレイヤーからすれば単なるハゲキャラにしか見えないレベルである。

正義感の強い真面目な青年であるが、絶望的な方向音痴だったり、ピーマンが嫌いだったり、帰りの船を乗り間違えてアメリカまで行っちゃったりと、かなりお茶目でおっちょこちょいな部分が散見される。

SNK末期時代の本気

……とまぁ、普通に見てみるとまったくシナリオに要らないキャラである
正直な話、当時格ゲーに必須とされていた「中華枠」の補填のために出されたキャラでしかなく、大部分のキャラのように地獄門と関連があるわけでも、また斬鉄のようにSNKの時系列を関連付けさせるためでもない完全な蚊帳の外の人間である。

し  か  し
そんな事はどうでもいいんだ。重要な事じゃない。
彼の注目に値すべきはその見た目とモーションと作り込みである
なにせ、中華アクション映画の金字塔『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ(Once Upon a Time in China)』(通称:ワンチャイ)に登場する李連杰が演じる黄飛鴻の動きを完璧なまでにコピーして見せているからある!!!!
パクリとかリスペクトとか、そんなちゃちなもんじゃねえ。もっと凄まじいSNKの末期症状を見た、そんな感じなんだぜ・・・!!

あまりの出来の良さに全国のワンチャイファンが感動にむせび泣いたとかなんとか。
無影脚の細かい動きから、小足から繋がるなめらかなコンボ、ガード・挑発・勝利演出や各攻撃や動作の所作の細かいところに至るまで完全にコピーしているため、ワンチャイの黄飛鴻をまんまゲームキャラとして落とし込んだと言っても過言ではないのである。
そんなためか、遂には師父とまで呼ばれることに…。

まさに公式が末期である。
SNK、恐ろしい子っ…!!

ただ、残念なことに技のネーミングについては色々と安直だったため、その辺については不満や批評が多い。なお、彼のネーニング周辺にはこれやらこれあたりからのセンスが流用されている。

キャラ性能

月華キャラの中では随一の手数の多さを誇るコンボキャラ。
武術家らしく至近距離での肉弾戦を得意とし、剣質「力」での高火力コンボが最大の武器。
通常技・奥義共に恵まれる一方、超奥義が性能的にいまいちパッとしないのが泣き所。それでも一発刺さればコンボが火を吹くため、特に『~二幕』では斬鉄天野漂の三人と並んで四強と称される。

関連タグ

月華の剣士 中国
少林寺 黄飛鴻

pixivに投稿された作品 pixivで「李烈火」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1331

コメント