ピクシブ百科事典

嘉神慎之介

かがみしんのすけ

SNKの対戦型格闘ゲーム『月華の剣士』のキャラクター。 『一幕』ではラスボスを勤めている。 地獄門を管理する【四神】の一柱「朱雀」であるが、地獄門の瘴気に当てられて人間を滅ぼそうと考えるようになり、行動を起こす。
目次[非表示]

嘉神慎之介とは、SNK(現:SNKプレイモア)の対戦型格闘ゲーム『~幕末浪漫~ 月華の剣士』の登場人物。
公式での愛称はしんちゃん
ただ、ファンの間ではかがみんで通っている。

概要


身上書

流派「妖刀」と「負の力」による人知を超えた攻撃(一幕)
焦刀・朱雀の炎(二幕)
武器銘宝刀「瑞鳳」※
生年月日天保4年2月22日
身長6尺(約181.8cm)
体重19貫目(71.2kg)
好きなものなし
趣向なし
宝物なし
嫌いなもの人間(一幕)、美学を汚す者(二幕)
年齢30歳(一幕)、31歳(二幕)
利き腕右利き
肩書堕天の剣/Crisis Christ

※攻略本などでは「端鳳」と書かれていることが多いが二幕DC版の攻略本や消滅前のSNKサイトでは「瑞鳳」と記載されており、またネオジオポケット版月華の剣士では「ずいほう」と記載されていることから「瑞鳳」が正しい表記と考えられる。

設定

 剣劇格闘ゲーム『月華の剣士』一幕におけるラスボス
 地獄門の封印を司る四神の一柱である朱雀の継承者であるが、現世に現れようとする地獄門の負の気に当てられてしまう。
 そして、その際に人間の暗黒面を一度に多量に刷り込まれた結果、地獄門を解放して人間を滅してしまおうと画策する。
 そのため、先の青龍であるたちの養父・慨世を抹殺し、同じ四神である白虎直衛示源を封印する。示源を抹殺せずに封印したのは、彼と親友であったため。また、玄武の翁は彼の師匠に当たる。

 性格はプライドが高く、独自の美学を持っている。

 一幕では、敗北後に開きかけた地獄門へ身投げしたが、死ぬことを許されなかったのか、二幕ではプレイヤーキャラとして参戦を果たし、今度は地獄門を封印する側に回ることになる。

 熟練の剣技と、火気を司る朱雀の能力である火炎の力で戦う。一幕では一本負けると覚醒状態になり、炎がからに変色し、さらに各性能が向上する。
 二幕ではプレイヤー仕様となったため、これらの性能は外された。

性能

 『月華』屈指の空中コンボの鬼
 最大の特徴はその爆発力で、特に一幕では、一度相手を空中に挙げると、怒涛のコンボで6割ぐらいはザラで掻っ攫っていく。またその爆発力に加えてゲージ回収率も高く、ゲージさえ溜まればどれだけ追い詰められようと、ワンチャンで逆転余裕でしたといわんばかりに一気に形勢逆転が可能。
 伊達に鳥王たる朱雀ではないということか。
 その一方、地上での立ち回りは弱く、バッタと呼ばれるジャンプを連発する立ち回りで技を降りながら、攻め込むチャンスを窺うようなクセのある操作が必要になる。
 しかし、剣質システムでキャラの強弱が上下する『月華』において「力」でも「技」でも遜色ない操作が可能という希有なキャラであり、その事から最上位の四強と並んで安定した強クラスの地位を得ている。

その他

二幕ED

 『二幕』のEDでは前作での悪態とは打って変わり、本来の高潔さを取り戻している。
 なにより、一度は見限った人間という存在にもう一度希望を持て見守ることを決意するという、『一幕』の嘉神を見ている側からすればがらりと印象を変えるような言動を起こしている。
 ……しかし、このEDの最後のシーンはどこかの現代都市のゴミの山に埋もれる宝刀「端鳳」の姿という、非常に物悲しい光景である。現代人である我々には非常に身をつまされるシーンである。

関連タグ

格ゲー SNK
幕末
朱雀 ラスボス
玄武の翁 直衛示源

pixivに投稿された作品 pixivで「嘉神慎之介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30899

コメント