ピクシブ百科事典

ゲルドル・ポイゾット

げるどるぽいぞっと

ゲルドル・ポイゾットとは、漫画『ブラッククローバー』の登場人物。
目次[非表示]

私はこんなところで終わらない!! 何度でも甦る!! この魔法と商才で!!

プロフィール

本名ゲルドル・ポイゾット
年齢28歳
身長194cm
等級大魔法騎士
魔法属性透過
所属紫苑の鯱前団長
出身地不明
誕生日12月5日
血液型B型
好きなもの金、地位、希少な魔導具、ステーキ
CV杉田智和


人物

クローバー王国に存在する魔法騎士団のひとつ「紫苑の鯱」の前団長。
目元を黒いマスクで隠した巨漢。魔法騎士とは別に豪商としても有名であり、黒い噂も存在する。

裏で白夜の魔眼と繋がっていた裏切り者。障壁魔道士を誘拐して白夜の魔眼に引き渡し、王都襲撃事件のきっかけを作った。
さらに、マルクス・フランソワに尋問されたことで、魔導具の横流しや自団員への暴行など、数々の背信行為が明るみになる。
団長職を解任され、騎士団本部にある牢に収監されていた。
後任の団長はカイゼル・グランボルカ

その後、転生したエルフ達の襲撃によって、魔法封印の牢が壊され脱獄。汚名を返上するために、先輩且つ元部下のレブチと手を組む。

魔法

一定時間姿を消し、一切の魔法をすり抜ける透過魔法の使い手。魔力は消せるが氣までは消せないため、氣を読み反魔法の剣を扱うアスタが天敵となる。

関連タグ

ブラッククローバー
紫苑の鯱 ハム

関連記事

親記事

紫苑の鯱 しおんのしゃち

兄弟記事

コメント