ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「僕の名はピーボ、バイオロボと共に昔々、地球を守るためにやって来たんだ。君達はバイオマンとなって、新帝国ギアから地球を守るんだ!」(第1話)

「馬鹿、馬鹿、馬鹿、バイオマンの馬鹿ぁ、君達がジョーイに変な質問したりしてたから、ジョーイはさらわれてしまったじゃないか!」(第7話)


CV:太田淑子

スーツアクター:野本奈穂子


概要

バイオ星からバイオロボと共に500年前の地球に来た、金色で小柄な人間大ロボット一人称は「僕」。500年間の眠りについていたが新帝国ギアの活動を機に目覚め、ロボによりバイオ粒子を浴びたことで強大な力を得た当時の若者達の子孫5人をバイオマンとして招集した。


バイオベースの建造やロボの操縦を行う等性能は優秀だが、二番目の台詞のように自身の思い通りに事が進まないと駄々を捏ねる等ロボットにしては性格や言動が人間臭く子供じみている。


結末とその後

新帝国ギアが滅びた後、別の惑星を守るべくバイオドラゴンで地球を去っていった。

よってバイオロボレジェンド大戦に参戦したか否かも不明である。

ただ『スーパー戦隊最強バトル!!』ではなんとグリーンツーを差し置いて参戦している(どうやって戦うというのだ…)。


余談

声を演じた太田女史はこれが最後の特撮出演かつ唯一のスーパー戦隊シリーズ出演となった。


関連タグ

超電子バイオマン


C-3PO:金色のロボット繋がり


スーパー戦隊の歴代指揮官・サポートキャラリンク

夢野久太郎ピーボ伊吹長官

関連記事

親記事

バイオ星 ばいおせい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9893

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました