ピクシブ百科事典

イソギンカンス

いそぎんかんす

イソギンカンスとは、『超電子バイオマン』に登場するメカジャイガンの一体である。当記事では同話に登場したゲスト悪役・メカ人間ジョーイについても解説する。
目次[非表示]

ドクターマン「見たか、メカ人間の恐ろしさ!もはや邪魔者は消えた!メカジャイガン・イソギンカンス、出撃!全面戦争の始まりだ。徹底的に破壊・殲滅せよ!」

登場話:第7話「つかまったピーボ」 第8話「戦え!星に誓って」

概要

新帝国ギアドクターマンが侵略用に生み出した巨大ロボメカジャイガンの一体。その名の通り、頭部に無数の赤い触手の生えた、イソギンチャクを思わせるボディに直接両足が生えた姿をとり、両腕は触手を伸ばすパイプ状になっている。頭部や腕の触手から電撃を放って攻撃する。

ピーボの親友・ジョーイを模したメカ人間ジョーイを用い、ピーボからバイオベースの場所を聞き出す作戦に従事した。

活躍

第7話「つかまったピーボ」
メイスンに拉致されたジョーイ(メカ人間の偽者)を単身追ってバイオベースを飛び出したピーボを捕えるべく、ドクターマンの命で出撃。バイオロボとの戦闘中ピーボを捕え、メイスンがメカ人間ジョーイと共にピーボを牢へ閉じ込めた。

第8話「戦え!星に誓って」
ジョーイの自爆により、バイオマンの死を確信したドクターマンの号令で地上に降り立ち、破壊の限りを尽くさんとする。しかしバイオマンが生きていたことが判明、ドクターマンの指示によりバイオマンの下へ引き返し、バイオロボと激突。触手で拘束し、両目を光らせて電撃を流して攻撃するも、バイオフラッシュを受け拘束を解いてしまい、最期はスーパーメーザー・コメットカッターを喰らい爆散した。

メカ人間ジョーイ

「ピーボ!僕を助けにきてくれたんだね!会いたかったよ!」
演:中山忍(同名の女性俳優とは別人。)

バイオベースの場所を探るべくドクターマンが創り上げた、ジョーイの偽者であるメカ人間。
爆発・滅亡したバイオ星より地球に漂着したビデオメッセージを見たドクターマンが、ピーボの友人にしてメッセージの送り主でもあるジョーイに似せて作りあげた。
外見こそ本者と同じだがドクターマンの知りえない中身までは似せられなかったため、会話等で矛盾が生じてしまうが、「長らくコールドスリープについていたためバイオ星の習慣は忘れてしまった」と通している。

ピーボの眼前でメイスンとメッサージュウに凄絶な拷問を受けることでピーボを騙し、バイオベースの場所を探ろうとしたが、ピーボがビデオメッセージを観たことで本者は既に故人であるということを知られてしまい、最期はドクターマンへの忠義を示しながら自爆した。

ビデオメッセージは滅亡寸前のバイオ星よりジョーイがピーボに宛てた遺言であり、かつバイオ星の言語で話していたため、さしものドクターマンも本物のジョーイがすでに故人であることは予測し得なかった。

余談

脚部はビートルカンスの流用。

デザイン画には額に「8」とナンバリングされていたが、実際の造形ではオミットされた。

関連タグ

超電子バイオマン 新帝国ギア メカジャイガン

関連記事

親記事

メカジャイガン めかじゃいがん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イソギンカンス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5

コメント