ピクシブ百科事典

カニカンス

かにかんす

劇場版『超電子バイオマン』に登場するメカジャイガンの最高傑作とされる蟹型巨大兵器。

概要

「バイオベース」の場所が描かれた地図を奪う為に派遣されたドクターマンが作製した侵略兵器“メカジャイガン”の最高傑作。

両手のハサミや機体上部からのミサイル、目から破壊光線を発射する能力のほか、飛行形態に変形する事や地中に潜る機能を兼ね備えている。

をモチーフとした外見通りにその装甲は非常に硬く、バイオロボの『スーパーメーザー』の攻撃をも寄せ付けない程の強度を持つが、空気吸入口が取り付けられている腹部が唯一の弱点。

バイオロボとの初戦では『コメットカッター』を弾き返すなど善戦するが、『バイオロボミサイル』で怯んだ隙に取り逃がしてしまう。

その後、富士山麓で最終決戦を繰り広げるが、最後は弱点を見抜かれ、その部分に『ウェイトアタック』を叩き込まれ破壊された。

関連タグ

メカジャイガン

関連記事

親記事

メカジャイガン めかじゃいがん

兄弟記事

コメント