ピクシブ百科事典

ジュウオウ

じゅうおう

特撮テレビドラマ『超電子バイオマン』に登場するキャラクター。

もしかして : 動物戦隊ジュウオウジャー

おやびん-と-おてて-つないで-らんららんらら~ん
CV:安西正弘

概要

ジューノイド五獣士の一人。馬鹿力の持ち主で、右手はフィンガーバルカン、メイスや鉄球などを使い戦う。
組織内でのギャグ担当。モンスターと気が合うようで「オヤビン」と呼んでいつもついて歩いている。力押し一辺倒なので電子頭脳は一番低く、テスト苦手。
メタルメガスの攻撃では元々の頑丈さに助けられ、他のジューノイドが大破もしくは完全破壊となる中で唯一中破で留まるが、さらに崖から落ちた際にバラバラになってしまう。それを不憫に思い部品を全て拾い集めたモンスターの懇願によりドクターマンは修理を引き受け、強化改造される。見た目は元のままに見えるも、胸部を変形させたバリバリロケットで周囲を壊す。
(強化後は胸に開閉部分があることとトゲがあるのが強化前との違い。またバラバラになった後遺症か、頭部の安定が悪くなっている)
強化改造後は正式にモンスターの直属となった。

劇場版で五獣士が名乗りを上げた際にはセンターを務めた。

最期はバルジオン争奪戦でシルバの攻撃により負傷し、バイオマンのスーパーエレクトロンからモンスターをかばって爆死した。

「それではみなさん、さようなら~」

モンスターは死んだジュウオウの頭部を抱えたままスーパーメガスでバイオロボとバルジオンの対決に割り込み、戦死するもバルジオン強奪に成功。滅多に配下を誉めないドクターマンもモンスターとジュウオウの功績に「でかしたぞ!」と述べたのだった。

関連タグ

超電子バイオマン 新帝国ギア ジューノイド 
メッサージュウ サイゴーン メッツラー アクアイガー

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュウオウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1371

コメント