ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アクアイガー

あくあいがー

『超電子バイオマン』に登場する新帝国ギアの準幹部「ジューノイド」の1人。
目次 [非表示]

「優秀なメカとは、ドクターマン様の命令をいかに正確に実行するか! そいつは結局出来損ないだったのさ!」(第14話)


CV:永井寛孝


データ

身長:213cm

体重:262kg

水中速度:55km/h


概要

半魚人型のジューノイド五獣士の一人。としても使用できる・アイガーガンや、シャボン玉爆弾衝撃波・アクアハリケーン、アクアイガー竜巻を主な戦力とする。

水中戦が得意という設定だが、あいにく作中ではそれが生かされる機会は少なく、水中から出現したり、水に飛び込んで逃げる程度で、見せ場も少なかった。弱点乾燥地帯での戦闘


モニター越しのひかるを見て「かわいいですねぇ」と喜ぶなど、人間と同じような感性を持つ。また、メッサージュウと同様、一度だけモンスターと共に行動を起こしたことがある。(第21話)


第14話ではバイオマンに退けられ、ドクターマンに修理を依頼しながらメカクローンネオグラードへと運ばれて来たものの、メイスンに拒絶され、モンスターから階下へ蹴り落とされた挙句、他の四獣士に集団で蹴りを入れられ文字通り泡を吹いていた。


ジューノイドの中では装甲が最も脆かったようで、第31話でメタルメガス無差別攻撃を食らい、首や脚等が吹き飛びバラバラになり大破。メッサージュウと共に、そのまま復元されることはなかった。強化改造が叶わなかったメタ的な理由はメッサージュウの項目を参照されたし。


余談

デザイン画では股間部分が深緑の海パンのようになっており、足には水かきがついている。


関連タグ

超電子バイオマン 新帝国ギア

メッサージュウ サイゴーン ジュウオウ メッツラー

関連記事

親記事

ジューノイド じゅーのいど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 516

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました