ピクシブ百科事典

マグネ戦士

まぐねせんし

『超電子バイオマン』に登場するゲストキャラクター。

演:黒崎輝

概要

板倉山で一人暮らしていた野生児の山守正太が変身した戦士。バイオマン6人目の戦士を自称する。
ひょうきんな性格で、自分を助けた矢吹ジュンに一目ぼれしバイオマンに協力。「正ちゃんアロー」という手製の弓矢で闘い、岩石落としでメッツラーの体制を崩したり、てこの原理で飛ばした石でマグネメガスを転ばせるなどの活躍を見せた。

その並外れた運動神経から、敵味方双方に「バイオの血を受け継ぐものではないか」と思わせた。

だが36話でバイオセンサーが反応せず「戦士の資格なし」の烙印を押され、ジュンにもフラれた事でショックを受けていたところをファラに「バイオマンよりも強くなれる」とだまされ、新型スーツの素体となった。

バイオマンと戦う羽目になったが、マグネメガスの磁力光線が継続して活動が出来ないという弱点が露呈し正気に戻る。
その後はギアのアジトに潜入しマグネ隕石の実験施設を破壊した。

関連タグ

超電子バイオマン

コメント