ピクシブ百科事典

プリンス(バイオマン)

ぷりんす

第19話、20話に登場する新帝国ギアのゲスト幹部で、ドクターマンが自身の成長した息子の姿を想像して作製したメカ人間。

演:井浦秀智

概要

第19話、20話に登場。
ドクターマンが任命した自身の後継者として密かに教育されていたギアの最高幹部。

金属製の鉢金と右目を隠す金髪の前髪が特徴的な男子高校生程度の少年の姿をしている。

その性能はビッグスリー一の怪力の持ち主であるモンスターを片手でいななすなど、全ての性能面でビッグスリーの面々を上回っており、さらに単独でグロテスカンスを開発するなど、ドクターマンが教育面においても秀でている事を裏付ける要因ともなっている。

光線を発射する指揮棒とショットガンが主な戦力。

人間に対しては無慈悲に攻撃を加えるなど、残忍にして冷酷冷徹な性格をしている一方で、子供扱いされると「17歳は大人だ‼」と機嫌が悪くなどどこか人間臭い一面を持つ

その正体はドクターマン=蔭山秀夫博士が生き別れの一人息子である秀一の成長した姿を想像して作製した少年型メカ人間で、それ故に当然秀一と外見がそっくりなものとなっている。
そのため、後に秀一が登場した際はバイオマン達の目に留まり、プリンスが復活したのではと疑念を抱かれ、遭遇するキッカケとなった。

バイオマンたちとの戦いで、彼をメカ人間とは知らず、命の尊さを教えようと説得を試みる南原との接触により突然戦闘を放棄。自身の記憶の片隅ある女性(母親)の顔を求めて街を疾走。

この事態に焦ったドクターマンはジューノイドたちにプリンスを連れ戻す命を下し、その戦いでメカ人間としての正体が露見する。

未だに妻への想いを捨てきれない自身を恥じつつ人間的な感情を消去し完全な戦闘用メカ人間となる改造をプリンスに施す。

その後、バイオマンたちに挑戦状を叩きつけて最終決戦に赴くが、最後は敗北し爆発するグロテクカンスと運命を共にした。

ちなみに第49話ではバルジオン奪還の為にシルバが作製したプリンス2世が登場しているが、こちらは秀一が変装したもので、シルバ製のプリンスは立ち消え状態となっている。

関連タグ

蔭山秀一 ドクターマン 新帝国ギア 新頭脳ブレイン グロテスカンス

関連記事

親記事

ドクターマン どくたーまん

pixivに投稿された作品 pixivで「プリンス(バイオマン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8

コメント