ピクシブ百科事典

ホマレ(プリコネ)

ほまれ

ホマレはCygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』のキャラクターである。所属ギルドは【ドラゴンズネスト】。
目次[非表示]

概要

ホマレはCygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』のキャラクター。
2019年11月のイベント『ドラゴンエクスプローラーズ』にて初登場した。
無印版では登場しない、Re:Diveの新規キャラクター。

プロフィール

年齢25歳
身長未公開
体重未公開
誕生日4月17日
血液型O型
種族ドラゴン族
ギルドドラゴンズネスト
趣味絵画、読書
CV大西沙織


人物

特殊な種族である「ドラゴン族」が集うギルド【ドラゴンズネスト】の謎多きギルドマスター。
ギャングの集団を束ねるボスでもあり、ギルドメンバーのカヤからは尊敬の目で見られている。
「ラーゴ」という名前の黄色く小さいドラゴンのような生き物を連れている。

常に糸目で微笑んでるような表情だが、その顔の裏には冷酷さが垣間見えることもある。
同じくギルドのメンバーであるイノリからは恐怖の対象として捉えられており、陰では「あの女」と言われてしまっている。
一方、語尾を伸ばしたり「☆」を付けることがあるなど、普段は表情通りの振る舞いを行っている。

イノリに対しては厳しい態度を取ることが多いが、それはギャング集団のボスとして示しをつけるためであり、本来は同じドラゴン族の仲間として協調したいという気持ちの理解を彼女に求めている。

龍眼』という特殊な能力を持っている。少しの間だけだが、遠くにあるもの全てを「見る」ことが可能というもの。また龍眼を使用する際は、糸目が赤く光る瞳に開眼する。

センシティブな作品


その能力を普段から使っているのか、ストーリーでは勘が鋭い一面を覗かせている。
イベント「不思議の国のリノ 小さなアリスと希望の絵本」でアユミと共演した際は龍眼を使うことで見失わないようにしていることを仄めかしている。アユミを捉える能力は凄まじいの一言だが、そもそもイノリ曰く「ボスの目を盗んでいなくなる」こと自体あり得ないことで本人も自負しているのに龍眼という奥の手を使って初めて見失わないようにできるあたりアユミも凄まじいのだが。

Re:Diveにおける世界がどこかおかしいことに気付いている数少ない人物
一度『世界が改変』されていることを察知しており、そのような『間違った世界』への改変を行った犯人を探している。それが【ドラゴンズネスト】の真の目的でもある。

上記の設定や、マツリクリスティーナに似た雰囲気を感じていることから、世界の支配者である『七冠』の七人目と考察するプレイヤーも存在している。
上述した『龍眼』による「見る」能力も、七冠の一人である覇瞳皇帝が持つ予知能力『覇瞳天星』を彷彿とさせている。

また、本人であると明言こそされていないものの、「あちら」の世界では「竜胆ほうき」名義で同人活動を行っていることがイノリのキャラストーリーで仄めかされており、自身のアストルムプレイ絵日記をSNSで公開しているがすぐに削除してしまうとの事。
この名義も暗にドラゴン族との関係を匂わせている。(竜胆ほうき→リンドウ・箒→リンドウ・ブルーム→リンドヴルム(西洋の伝承に登場するドラゴンの一種))
「あちら」のイノリは竜胆ほうきのファンであるらしく、ホマレと正反対の人物像をイメージしているが、竜胆の同人誌にはアストルムでのイノリに関する記述もされている。(本人は気付いていない上に無礼な態度に憤慨すらしていた)
また、イノリに特殊種族であるドラゴン族のアバターを付与したのもホマレであるらしく、このような権限を持っていることも七冠の1人なのでは無いかという、考察の根拠の1つになっている。

プレイアブルキャラとしては未実装のため、実際の性能は未知数。
ギルドストーリーでは通信魔法を使いカヤを援護しているほか、ラーゴが代わりに火を吐いて攻撃したりしている。立ち絵に描かれてる得物も杖なため、実装されるとしたら魔法キャラになるか。はたまた、ただのエッチなお姉さんで終わるか。

関連項目

プリンセスコネクト!Re:Dive / ドラゴンズネスト
カヤ / イノリ…同じギルドの部下。

関連記事

親記事

ドラゴンズネスト どらごんずねすと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ホマレ(プリコネ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5814

コメント