ピクシブ百科事典

夢(プリコネ)

もうひとつのせかい

夢(または夢の世界)とは、ゲーム『プリンセスコネクト!Re:Dive』に登場する用語の一つ。
目次[非表示]

概要

」とは、CygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』に登場する用語の一つ。

主に、登場人物の一人であるアメス主人公や各ヒロインの女の子に対して見せる世界のことで、アメスは「あっち」と呼ぶことが多い。ピクシブ百科事典においては「あちらの世界」と表記される場合もある。

ゲーム上では各キャラクターストーリーの第4話と第8話にて「夢」の話が展開される(★6実装キャラは第11話でも描かれる。期間限定キャラや一部のコラボキャラは第4話のみ)。

その世界の建物などの様子は、本作のメイン舞台である「ランドソル」とは大きく異なる現代的な雰囲気となっており、ひと目で普段の世界とは違う場所であることがわかる。

キャラやストーリーによっては、キャラの立ち絵が学生服を着たものとなってる場合もあり、そうでない時も普段の衣装とは異なる私服のような姿の立ち絵となる。髪型や髪の色、言葉遣いなど、普段の世界とは印象が大きく異なるキャラも少なくはない。
会話ウィンドウに表示される名前も、普段の世界とは少し異なっている。

「夢」のストーリーの終わり際は、アメスによる「はい、お疲れさま」といった言葉と共に彼女との会話を挟んで、普段の世界に帰還するといった流れが定番となっている。
なお、「夢」の世界は文字通り夢のようなものであるため、主人公やヒロインたちは、「夢」の中で起きた出来事はうろ覚え程度にしか覚えてない。

また、「ルナの塔」におけるストーリーにも「夢」の世界における話があるが、そちらはアメスの力を介さずに展開されるものである。

アメスによると、「夢」の中の世界は主人公にとっての故郷らしいが…?

関連項目

プリンセスコネクト!Re:Dive アメス
 夢の世界









概要(ネタバレ)

ここから先は、本作のストーリーのネタバレを含みます。

























その「夢」の世界の正体は、前作である『プリンセスコネクト!』における世界のことである。

前提として、無印版となるプリンセスコネクト!は、現実世界とVRゲーム「レジェンド・オブ・アストルム」というゲーム世界の二つが舞台となる世界観である。
メイン舞台はゲーム世界である「アストルム」の方になっているが、前作ではそれとは別に現実世界におけるストーリーも展開されており、その様子はサブストーリーやパートナーストーリーで垣間見ることができた。

しかし、メインストーリー第10章時点の半年前、平和なゲームに戻ったはずのアストルムに「ミネルヴァの懲役」と呼ばれる異常が発生し、ログインしていたプレイヤー(キャラクター)たちはゲーム世界に閉じ込められてしまう事態に陥る。
そしてこれは、開発者兼ゲームマスターでもあった「七冠」(セブンクラウンズ)達すらも例外ではなかった。

同時に「世界の謎」によって、ほぼ全ての者は本来の現実世界のことをほとんど忘れてしまうことになり、ゲームの世界が作中のプレイヤーにとっての現実世界、という設定・認識に塗り替えられてしまった(一部の対人関係などは維持されている)。

Re:Diveのメインストーリー第8章9話では、本来の世界の記憶を維持してるムイミによって、メインストーリーでは初めて、キャラクターたちが今いる世界がゲームの世界であり、本当の現実が別の所にあることが明かされる。

第9章幕間および第10章1~4話ではコッコロが、記憶改変から逃れたラビリスタこと模索路晶と共に、不完全ながらも現実世界へと一時帰還。
晶から上記の「ミネルヴァの懲役」など現状の説明を受け、現実世界とゲーム世界の橋渡しとして、両世界をある程度自由に行き来出来るようになった。とはいえ、それ以後はアストルムでの王都終末決戦など大事が続いたため、現実世界に帰る機会は中々なかったが。

第12章10~14話では、アメスの力によってペコリーヌとコッコロがキャルの精神世界へと潜入。正確には現実世界ではないのだが、そこには現実と同じような光景が広がっていた。

第2部第3章では、主人公が自身の精神状態を元に戻す治療薬を飲んで眠った際に見た「夢」の中にミネルヴァが現れ、いま彼らのいる世界が「アストルム」というゲームの世界であることを彼に改めて告げた。
この時ミネルヴァは、今のアストルムが「現実」に帰るための機能が消失している(具体的には魂が肉体に還れないように制限されている)ことなどの問題があることを語り、それらを解決するために主人公に協力を求めている。

このため、無印版のフィオ改め、Re:Diveのアメスは作中のキャラクターたちが元の世界に戻るために奮起しており、その一環として「現実世界」をもとにした「夢」を主人公たちに追体験させ記憶の回復を図っている模様。
殆どは「現実にもあった出来事」として、ヒロインたちの記憶の欠片から再現されている。その為、夢の内容は主に無印版のシナリオをリメイクしたものが多い。

なお一部は情報を受け入れやすくするため、意図的に過程や人物関係を改竄したものもあるとアメスは発言しており、特にサレン等は主人公のことをよく理解している人物であるため、その些細な違いに気づきかけている。
だがあくまで記憶の回復とそれによるプリンセスナイトの力の増大を意図したものであり、内容の真贋は特に重要視されていない。

果たして、本作のキャラクターたちが今いるゲームの世界から、現実の世界に帰還する日は来るのだろうか?しかしそのときが来るとしたら、おそらくは…

TVアニメ版においても、第1期の時点ではハッキリと明かされてはなかったものの、ユウキたちが今いる世界とは別の「現実世界」があるかのような描写がいくつかなされている(第12話にてユウキが書類に日本語を書くシーンなど)。

余談

キャラクターの本名一覧
ここでは、本作のキャラクターの現実世界における名前、いわば本名を一覧形式で紹介する。

美食殿本名
ペコリーヌユースティアナ・フォン・アストライア
コッコロ棗こころ
キャル百地希留耶
ユウキ (主人公)(不定)
シェフィ阿賀斗紫布菜
トゥインクルウィッシュ本名
ヒヨリ春咲ひより
ユイ草野優衣
レイ士条怜
ラビリンス本名
ラビリスタ模索路晶
シズル星野静流
リノ衣之咲璃乃
カルミナ本名
ノゾミ桜井望
チカ三角千歌
ツムギ繭宮つむぎ
リトルリリカル本名
ミミ茜ミミ
ミソギ穂高みそぎ
キョウカ氷川鏡華
フォレスティエ本名
ミサト愛川美里
ハツネ柏崎初音
アオイ双葉碧
悪魔偽王国軍(ディアボロス)本名
イリヤイリヤ・オーンスタイン
ヨリ風宮より
アカリ風宮あかり
シノブ上喜しのぶ
ミヤコ出雲宮子
王宮騎士団(NIGHTMARE)本名
ジュン白銀純
クリスティーナクリスティーナ・モーガン
トモ御久間智
マツリ織原茉莉
サレンディア救護院本名
サレン佐々木咲恋
スズメ天野すずめ
アヤネ北条綾音
クルミ栗林くるみ
自警団(カォン)本名
マホ姫宮真歩
マコト安芸真琴
カスミ霧原かすみ
カオリ喜屋武香織
牧場(エリザベスパーク)本名
マヒル野戸まひる
リマリマ
シオリ柏崎栞
リン森近鈴
メルクリウス財団本名
アキノ藤堂秋乃
ミフユ大神美冬
ユカリ綾瀬ゆかり
タマキ宮坂たまき
トワイライトキャラバン本名
ルカ太刀洗流夏
ミツキ宵ヶ浜深月
エリコ倉石恵理子
ナナカ丹野七々香
アンナ柊杏奈
ルーセント学院本名
イオ支倉伊緒
ミサキ玉泉美咲
スズナ美波鈴奈
ヴァイスフリューゲル ランドソル支部本名
モニカモニカ・ヴァイスヴィント
ユキ虹村雪
ニノンニノン・ジュベール
クウカ遠見空花
アユミ石橋あゆみ
聖テレサ女学院(なかよし部)本名
ユニ真行寺由仁
クロエ黒江花子
チエル風間ちえる
ドラゴンズネスト本名
ホマレ(不明)
カヤ鬼道嘉夜
イノリ一ノ瀬祈梨
ニュージェネレーションズ本名
ウヅキ島村卯月
リン渋谷凛
ミオ本田未央
その他本名
ムイミ園上矛依未
オクトー尾狗刀詠斗
ラジラジラジクマール・ラジニカーント
ダイゴ鬼道大悟
ネネカ現士実似々花
マサキ狂真咲真軌
マナ覇瞳皇帝千里真那

なお、リゼロコラボとジータは、また違った世界からの来客であるため含めていない。

BGM
Re:Diveの「夢」の世界で用いられるBGMは前作で使用されたBGMと同じものが使われている。

モデル
本シリーズにおける現実世界の舞台の一つである「椿ヶ丘」は吉祥寺がモデルとなっている。
第10章1話内のアニメパートやキャルのキャラストーリーなどで使われてる駅周辺の背景と比較すれば分かりやすい。

関連作品

プリンセスコネクトの二次創作物の中には、現実の世界に帰還した後を描いた作品も投稿されている。

オフ会をするなかよし部【プリコネ漫画】



関連項目(ネタバレ)

プリンセスコネクト! ユウキ ムイミ ラビリスタ コッコロ ミネルヴァ
リアル 現実世界

.hackソードアート・オンラインログ・ホライズン …記憶に関すること以外はお仲間と言える作品。
アンダーワールド(SAO)
こいつと出会う前のキリトは機密保持という名目で現実世界での記憶を封印された状態でダイブしていたので初期のUWがプリコネに一番近い。
ドラゴンクエスト6
当初夢の世界だと思われていた場所こそが現実の世界であるという点が共通する。

関連記事

親記事

アメス あめす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「夢(プリコネ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63947

コメント