ピクシブ百科事典

ユカリ(プリコネ)

もとせいきしののんべえ

ユカリはCygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』のキャラクターである。所属ギルドは【メルクリウス財団】。
目次[非表示]

概要

ユカリはCygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』のキャラクター。
無印版の綾瀬ゆかりにあたる。

プロフィール

年齢22歳
身長164cm
体重55kg
誕生日3月16日
血液型A型
種族エルフ
ギルドメルクリウス財団
趣味ウインドーショッピング
CV今井麻美


人物

金融業ギルド【メルクリウス財団】に所属するお酒が大好きな女性。

かつてアキノの父のもとで経理を担当したことがあり、アキノがメルクリウス財団を結成し商売を始めた時もギルドの財政を受け持っている。
ランドソルの法にも精通しており、法という武器を以て悪徳商売を撲滅する裏の顔をもつ。
かつて聖騎士を務めたことがあり、その実力は健在で同僚のミフユと共にギルドに忍び込んだ泥棒猫を捕獲した。

マヒル評して曰く、「お医者さんも裸足で逃げだす優秀な癒やし手」。

仕事に関しては実直で実際頼りになるものの、プライベートではややズボラな面もあり、特に酒癖の悪さは本人も自覚するほど酷い。イベントでは町中の酒をすべて飲み尽したことがある。ちなみに本人曰く「両親に厳しく躾けられた」との事。解放された反動でこうなってしまったのだろうか。

私的な人付きあいに億劫なのも手伝い、恋愛に中々一歩踏み出せないでいる22歳である。
主人公に対しては「頼れるお姉さん」であることを見せようとするがだいたい裏目に出る。

アキノとタマキがギャンブルで浪費癖を悪化させたときにはギャンブル勝負でミフユと組んで、主に場の雰囲気をうまく操作することでアキノ・タマキを誘導することで二人を敗北に追い込んだ。

ギルド内お説教案件においては二戦全勝。二戦目の解決方法については完全に「毒を以て毒を制す」方法でありむしろお説教が必要だったような気がするが。

ちなみに得物の剣は何気に主人公のものとおそろいである。
(主人公の得物はミヤコの絆ストーリーが一番確認しやすい)

リリース1周年記念に行われた「第1回プリコネ人気投票」の☆1部門では美食殿トゥインクルウィッシュが上位を総嘗めしたが、ユカリはその次に位置する7位を獲得し、人気投票ピックアップガチャの対象に選ばれた(美食殿とユイは初期配布キャラのため)。

スキル

ユニオンバーストセブンベールズ味方全体に魔法無効バリアを展開
スキルアクアヴィット最もHPが低い味方キャラ1人のHPを中回復
アクアヴィット+↑が大回復に変更+魔法防御力中アップ・リジェネを付与
ムーンライト最もTPが低い味方キャラ1人のTPを中回復
EXスキルプレリュードフィズ魔法防御力中アップ
プレリュードフィズ+魔法防御力中アップ+物理攻撃力小アップ


キャラステータス

【物理】
中衛から、バリアや回復で味方を守る元聖騎士。
傷ついた味方のHPやTPを回復するスキルを操り、打ち合いで消耗した所をピンポイントでサポートする。

貴重な「最もHPの低いキャラクターを回復する」スキル持ちでその中でも初期☆3以外ではユカリしかいない。
しかし、☆1排出に加え、最初は回復量もしょっぱく、Rank4以降はアクアヴィットを中々使ってくれない…
と最初からスタメン入りさせるには非常に厳しいキャラクター。そもそも序盤は回復がなくても割とサクサク進めてしまえるので。

しかし、ゲームが進み、メインクエストエリア8に差し掛かると魔法ダメージを与えてくる敵が急増し、魔法ダメージをある程度カットできるヒーラーとして彼女がお呼びにかかる。
特に詰みポイントの1つに数えられる8-10の攻略は彼女を起用するだけで難易度が劇的に下がると言われるほど(それでも高いことには変わりないが…)。

また、エリア9以降も2番目狙いの魔法アタッカーがうじゃうじゃ登場するため、EXスキルで魔法防御力を上げられるユカリを2番目に配置して上げるとかなり楽に攻略できるだろう。
配置も中衛の中で5番目なので3番目狙いの敵を受けるために起用されやすいミフユ(中衛8番目)とも共同作業をしやすい(配置順は2019年2月時点のもの)。

ちなみに「ユカリより前に配置されるキャラクターの中で、通常EXスキルで魔法防御力を上げられる他の恒常キャラ」は、メモリーピースの入手が非常に難しいジュンと、挑発で物理攻撃まで引き受けてしまうクウカルカしか存在しない。
限定キャラを含めるとクリスマスクルミ正月レイも該当する。ただしレイに関しては挑発持ちであるため物理攻撃も吸い寄せる。
このため「対魔法サブタンク」という役割はユカリ以外にはやや任せにくいポジションである。

ダンジョンのベリーハード・エクストリーム攻略にも適した一人でもある。
道中ではユニオンバーストを使うアタッカーにTPを供給するサポートを、ボス戦では自身のユニオンバーストで回復役の後衛を守るorデバフを防ぐ、攻略に欠かせない一人である。

低☆ではそれほどでもないが、才能開花で☆を上げると耐久力に磨きがかかり、最終的にシズルに次ぐ耐久力を得ることができる。
また、HP回復のアクアヴィットは使い始めるまでが遅いものの以降の使用頻度は5回に1回で、8回に1回のマホよりも多く使う。

追加キャラのインフレによりアリーナでは専用装備のないガチャ産☆1キャラの肩身が狭まる中、ユカリだけはアリーナでメタを張るキャラクターとして幅を利かせており、純耐久編成の一角を成していたり、ユキと組み特定キャラのユニオンバーストを即座に発動させるギミックとして起用されていたりしている(勿論他のガチャ産☆1も特定キャラをメタる為に採用する意義が生じることもある)。

そんなユカリにも、2018年12月に他の財団メンバーと共に専用装備が実装された。「エターナルジョッキ」というビールジョッキなのだが、彼女のスキル名は全て酒の名前から取られているので妥当かもしれない。
「アクアヴィット」を強化するのだが最大まで強化することでなんと20000近く回復する上に魔法防御上昇バフとリジェネを付与する。エターナルを冠するだけあってお酒にとんでもない効果が付与されているのだろう。ちなみに後日シズルにも回復スキルを強化する専用装備が配布され、こちらと対になるようにあちらには物理防御バフがついたが、あちらにはリジェネがないため単純な回復だけならこちらに軍配が上がる。
元々アリーナでそこそこ防衛に採用されていたのだから、専用を持った現在アリーナ防衛のトップメタを張っているのは言うまでもない。例えムイミが実装され物理の暴力の嵐が襲ってきても

メモリーピースはダンジョンコインで交換できるので、才能開花の敷居がとても低いのも重要なポイントで、キャラが充実して尚全てのコンテンツで彼女を起用する理由ができるプリコネの戦闘の中核を成すキャラクターと言っても過言ではない。

関連項目

プリンセスコネクト!Re:Dive / メルクリウス財団
アキノ / ミフユ / タマキ …同じギルドに所属。
シズル …主人公の姉として振るまい、物理防御に厚く物理無効バリアと回復を操る。
マホ …ユカリが魔法に強いヒーラーなのに対し、マホは物理に強いヒーラー。

関連記事

親記事

メルクリウス財団 めるくりうすざいだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユカリ(プリコネ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 152570

コメント