ピクシブ百科事典

アキノ・ウィスタリア

あきの

アキノ・ウィスタリアはCygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』のキャラクターである。所属ギルドは【メルクリウス財団】。
目次[非表示]

概要

アキノ・ウィスタリアはCygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』のキャラクター。
ゲーム内での表記は主に「アキノ」。無印版の藤堂秋乃にあたる。

プロフィール

年齢18歳
身長157cm
体重45kg
誕生日3月12日
血液型AB型
種族ヒューマン
ギルドメルクリウス財団
趣味慈善事業
CV松嵜麗


人物

由緒正しい商家・ウィスタリア家の令嬢。アストライア大陸内では良い意味でも悪い意味でも有名人。
ライバル令嬢のような甲高い笑い声(高笑い)が特徴であり、実際、貴族のお嬢様であるサレンとは親友兼商業におけるライバル関係にある。

一人前の商人になるため、父の部下であったミフユユカリと共にギルド【メルクリウス財団】を結成し、ギルドマスターを務めている。
基本的に世間知らずであるが、資本金を使って金融業を始めたり、イベント『タマキとミフユの無人島0ルピ生活』ではまやかしの島の中で流通している通貨を破綻に追い込んだりと、商人として確かな才覚を持っている。

お嬢様として育ってきたため、庶民の慣習を分かっていなかったり、重度の方向音痴であったりと、世間で普通に生活するにも困ってしまいそうな問題点を抱えている。主人公自身の事は棚に上げており、アキノの前ではあの主人公すらも振り回され、ツッコミ役に回っている。
しかしギルドを設立して自立しようとしているあたり、前作よりも成長しようとする意気込みは感じられる。

とある一件で主人公に助けられ、以後は庶民の慣習や一般常識について彼にレクチャーを受けている。
ちなみに隙あらば、主人公を自分の騎士に勧誘するが、彼に断られるのがテンプレ。

名家の令嬢という立場に傲ることなく、必要以上の利息を取らず真っ当に商売し、悪徳商売をする輩は見逃さない。将来はきっといい商人になりますね。
ただし、浪費癖が激しくギルドメンバーから咎められることも。ちなみにギルド内お説教案件においての戦績は1勝1敗。

メインストーリー第1部6章では飛空艇を引っ提げ登場。縄梯子を滑り降りるなどギルド活動を通じて逞しく成長している様子。
しかし第14章では、巨大なゴーレムの魔物に対して、タマキが操縦している飛空艇を空中から落下させて爆散させるというとんでもない手法でゴーレムをやっつけることを企てる。この時は超能力が使えるハツネがたまたま通りかかったことで、タマキの救出と飛空艇のコントロールができたから良かったものの、一歩間違えればタマキの尊い命を亡くしていたことについては言うまでもない(貴重な飛空艇を失ったことによる財団の大損失は逃れられなかったようだが)。
このように常識はずれな行動をとるものの、周りの人間が優秀であることも手伝って最終的には上手くいくことが多い。

公式4コマ漫画「ぷりこねっ!りだいぶ」では商売のため常に宝石を持ち歩いている様子が描写されている。商売が目的でないから普段より少なめと言ったその宝石袋はユカリからすればとてつもなく重いものであり、相当な力持ちであることが伺える。
サレンが「上品さ」をイメージした描写をされるのに対し、アキノは「逞しさ」をイメージして描かれることが多い。

イベント『激走! ランドソルギルドレース』では、【メルクリウス財団】として第2区を走った。
中間地点にある借り物競争のお題が「あなたが思うごちそう」だったため、王宮直属のシェフを呼んだクリスティーナに対抗して、ウィスタリア家直属のシェフを呼び彼女と張り合った。
その結果レースそっちのけで料理対決となってしまったが、二人はまんざらでもなかった様子。
その後に出された次のお題が「あなたが信頼している異性」だったが、主人公が想い人だったため、彼女らと共に主人公を連れ、第2区では同着1位でミフユにたすきをつなげた。

イベント『デビュタント・シャングリ・ラ 聖夜のラブゲーム』ではメインを務める。
商談の為に【デビュタント・シャングリ・ラ】と呼ばれるパーティーに参加し、そこでサレンと出会いお互いの商談数で競い合おうとするがパーティーの実態がお見合いパーティーであることを知り早々と退場しようとする。だがある事情によりパーティーに残りサレンと勝負することになる。

なお家名のウィスタリアは、ウィスタリア=wistaria=フジ属の意味で「藤」堂に繋がるネーミング。

チュートリアルの★3確定ガチャで仲間にできるキャラクターのひとり。

「2.5周年直前生放送!」にて、2020年9月7日にサレンと一緒に★6才能開花が実装されることが明らかにされた。これによって、晴れてギルドメンバー全員★6実装という快挙を成し遂げている。

TVアニメ版

「あらためまして、ご機嫌よう!」

アニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive」にも登場。
OP映像に出演してるほか、第9話ではメインで出演。水着回ということで、原作のイベントである『無人島0ルピ生活』で披露した水着姿で登場している(公式サイトの紹介ページも水着)。

センシティブな作品



キャルがタマキのタイ焼きの屋台に対して難癖をつけてきたため、タイ焼きに対して「海の中で冷えた身体だからこそ、温かい糖分補給」とフォローしたうえで、キャルに「この素人が!ですわ」と言いつける。
しかしサレンや、「素人」であるユウキたち美食殿メンバーが巨大なイカの魔物を退治・調理して屋台を開いたところ大繁盛したため、今後は素人の意見にも耳を傾けることにし、サレンと優雅に乾杯するのであった。

スキル

通常

ユニオンバーストノーブルアサルト敵単体に物理特大ダメージ
ノーブルプロミネンス↑のダメージ上昇+物理ダメージフィールド+物攻特大アップ&物魔吸収バリア
スキルプラウドスラッシュ敵単体に物理中ダメージ+物攻小アップ+カウンター状態
プラウドスラッシュ+↑に加えTP上昇小アップ+挑発
ヒーリングジュエル周囲に味方のHPを小回復するフィールドを展開
EXスキルフレイムソウル物理攻撃力中アップ
フレイムソウル+物理攻撃力中アップ+物理防御力小アップ


クリスマス

ユニオンバーストノーブルイルミネーション敵単体に物理大ダメージ(【聖夜の煌き】に応じて威力アップ)
スキルホーリープライズステータスアップ時に【聖夜の煌き】付与(永続)+物攻・物クリティカル大アップ+TP上昇小アップ
ブリリアントスラッシュ敵単体に物理小ダメージ(【聖夜の煌き】に応じて威力アップ)
EXスキルセイント・オブリージュ物理攻撃力中アップ
セイント・オブリージュ+物理攻撃力大アップ


キャラステータス

通常

【物理】
前衛で大暴れして攻める、令嬢剣士。
自分の周りに、味方を回復するフィールドを作り出し、自ら前線を支え導く姿も、名家を背負う者のあるべき姿。

オーソドックスな剣士系物理アタッカー。
パラメータについては、前衛アタッカーの割には攻撃力がやや低めで耐久が少し高めの、バランス寄りのタイプ。ただし、ユニオンバーストが特大ダメージである上、スキルにより自力で攻撃力を上げられるので、アタッカーとして決定力に欠くということは決してない。

ヒーリングジュエルという回復フィールドを展開するスキルも特徴的。フィールド内にいる味方キャラクターのHPを1秒ごとに回復させるというもので、瞬間の回復量は小さいが、前衛中心の編成であれば総回復量は多い。
ただし、対象はあくまでフィールド内なので、敵を倒して前線が移動すると回復するキャラクターが変わってしまう点には注意が必要。

また、プラウドスラッシュのカウンター受付時間(高笑いしているモーション)が長いため、攻撃の機会が少な目なのも難点に挙げられることも多い。
そのため、メインアタッカーというよりはアタッカー兼サポーターという立ち位置で運用した方が使いやすい。

あるクエストで非常に重宝されるというようなキャラではないが、クエストやダンジョンなど幅広い環境で安定して活躍が期待できるキャラクターである。
ただ、メモリーピースがHARD8-3と12-3にあり入手までにある程度の戦力が要求されるため、才能開花はややしにくいのが少しネックか。とはいえ12-3は需要が非常に高い装備であるアイスクレイモアの欠片もドロップするので、それ狙いで周回するといつのまにか溜まっていることもあるだろう。
2020年7月20日にイベント「タマキとミフユの無人島0ルピ生活」がサイドストーリーとして恒常化されたため、序盤からメモリーピースを集めることも可能になった。

また、キャラクターが集まり戦力が充実してくると、何かに特化しているわけでもないアキノは編成から外されがちである。ただし、この点に関しては後述する★6の実装により払拭されるものだと思われる。

2018年12月31日には専用装備「紅輝石ウィスタリア」が実装された。
装備するとプラウドスラッシュにTP上昇小アップと挑発の追加効果が付与されるため、前述した難点が改善される。
何気にタンク以外のキャラで挑発を持つ非常に珍しいキャラとなっている。

★6

「アキノ・ウィスタリアの名を世界中に轟かせますわ!」

センシティブな作品
アキノさん


2020年9月7日、『★6才能開花』によってアキノに『★6』が実装された。
ユニオンバーストが「ノーブルアサルト」から「ノーブルプロミネンス」に変化し、セットボーナスによって物理攻撃力・物理防御力・魔法防御力が大きく上昇する。

新たなユニオンバーストである「ノーブルプロミネンス」は約11倍の倍率となり、更に継続物理ダメージのフィールド展開による追撃に加え、自分の物理攻撃力を特大アップ、物理/魔法吸収バリアの展開と、やけくそと言いたくなるレベルの強化が施された。

この約11倍という数値は実装時点で最高峰の攻撃倍率であり、フィールドによるダメージもあるためUB一発辺りの総火力はかなり高い。吸収バリア展開によってプラウドスラッシュ+の挑発効果もより活きるようになった。
これにより、クランバトルでは盾役と火力枠との両立が期待されているほか、アリーナではマジカルカスミの初手のスタンを挑発で吸いつつ火力枠として運用できるなどの要因で、早くも注目されている。
最近のルナの塔やイベントボスSPECIAL等の高難度コンテンツ、特に少ない挑戦回数でのクリアが必須なルナの塔EXではほぼ必須キャラと化している。

ただし物理クリティカルの数値は相変わらず並であるため、ヒヨリのような火力特化キャラと比べるとダメージが若干落ちる点については注意。それでもあちらの攻撃性能が凄まじいだけで、★6アキノも火力枠として活躍はできるだろう。

タンク寄りの耐久力と高火力を兼ね備える事からサポートキャラとしての適性も高く、今までヒヨリでは単騎クリアができなかったエリアも踏破可能になった。なんと★6キャラへの強化に必要なVERY HARDクエストさえ序盤の一部は単騎クリアが可能となっている。

クリスマス

【物理】
前衛で味方のサポートを力に戦う、聖夜の令嬢。
ステータスアップ効果を受けると増加する【聖夜の煌き】でスキルを大きく強化し、聖夜を彩る強烈な一撃を放つ

アキノ「あら…どうしましたのこんな人気のないところで…?」
クリスマス アキノ



イベント『デビュタント・シャングリ・ラ 聖夜のラブゲーム』に合わせて登場した、期間限定のクリスマスバージョンである豪華なドレスを身に纏ったアキノ。

特殊ステータス【聖夜の煌き】を用いて戦うアタッカーとなった。
【聖夜の煌き】は自分にバフが付与される度に追加されるもので数に応じてUBやスキルの威力が増していく。
味方のバッファーが多ければ多いほど真価を発揮するのでこれらと組ませると火力が凄まじいことになる。逆にこれらを編成していないと自分自身のバフスキルを最初の1回しか使わない関係上殆ど火力を出せなくなる。
UB、スキル共に単発攻撃ということでボス戦においては強いが範囲攻撃がないので団体戦は若干苦手。

関連イラスト

前に描いたアキノ
あなた おいくら?


センシティブな作品センシティブな作品



関連項目

プリンセスコネクト!Re:Dive / メルクリウス財団
ミフユ / ユカリ / タマキ …同じギルドに所属。
サレン…同じく経営者のお嬢様。前作のリアルでは同じ高校に通っていた。

関連記事

親記事

メルクリウス財団 めるくりうすざいだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アキノ・ウィスタリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2423357

コメント