ピクシブ百科事典

ユキ(プリコネ)

ゆき

ユキはCygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』のキャラクターである。所属ギルドは【ヴァイスフリューゲル ランドソル支部】。
目次[非表示]

概要

ユキはCygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』のキャラクター。
無印版の虹村雪にあたる。

プロフィール

年齢14歳
身長150cm
体重40kg
誕生日10月10日
血液型AB型
種族エルフ
ギルドヴァイスフリューゲル ランドソル支部
趣味鏡で自分を見ること
CV大空直美


人物

常に自分のことを「美しい」「カワイイ」と言い惚れ惚れしている子。
得物のステッキには鏡が付いており、その鏡を用いて自分の姿を眺めてはウットリしている。

自身の容姿に対する自信は半端ではなく、自分の美しさを世に知らしめるため気球に乗って世界中を旅しようとしたことも。
鏡が落ちて割れてしまったときは破片に写った無数の自分を可愛いと言ったり、自分の顔に泥が跳ねてしまったときはそちらの容姿も褒めたりと、ネガティブなことが起きても己の美貌に転換する筋金入りのナルシスト

また自分が一番可愛いと信じ切ってるゆえに、グループ行動を無視して自身の姿を眺めたり、顔に傷がつくのが嫌という理由で働かなかったりと性格には少々ワガママな部分もある。
(上述した気球を買う資金も、ギルドメンバーの家具を「美しくない」と言い業者に売り払って工面したものである。)

しかし、常識的な感性も一応持ち合わせているようで、素直な感想を述べたり、ギルドメンバーを助けたり、にわか雨に驚いたりといった一面も。
また、意外と行動派な一面もあり、前述の気球計画のほかにも、伝承やおとぎ話に登場する美容アイテムを求めて各地を探索することもある。
肝も据わっており、後述のクリスティーナに剣を向けられたり、極道の親分に凄まれたりといった物怖じしそうな状況でも、全く臆することなく交流している。

美しさに関する知識・姿勢は本物であり、美容に良いとされる生薬等を図鑑を一目見ただけで暗記したり、「美しさとは日々の努力で作られるもの」と説いたりしているほか、オーエド版での絆ストーリーでは健康診断に来た人々に「みんなで美しくなろう」と化粧の方法を教えたり、美容に良いハーブティー(実際には高価なカンポー(漢方薬と思われる)であり、使い込んではいけない物だったのだが)を皆に振舞ったりしていた。

なお、自分の可愛さを一番理解している主人公が一緒だと安心するようであり、貴族から求婚されたときにはとっさに恋人扱いしたりと、今作の多くのヒロイン達と同じく主人公に対してはかなりデレている。
また、主人公と出会ってからは段々と周囲を気遣えるようになってきたとのことで、アメスからは「ユキちゃんにとっても大きな成長」と評されていた。

性別について

そんなユキではあるが、前作ではプレイアブルキャラで唯一の男性キャラであった。
しかし「世界の再構築が行われた今作ではどうなったのだろう」という声も散見されていた。


一人称は「ボク」二人称は「キミ」で、口調は女口調とはいいがたい中性的なもののため、性別を推し測る材料には出来なさそうである。

声は女性声優であり、の膨らみまで確認できる。いわゆる女装子男の娘と断言していいか微妙なところで、男と言われても実感が沸きにくい。
胸に関してはゲーム上の立ち絵からは素肌が確認できないため、胸パッドを着けている、あるいは胸を覆うプロテクターが元々そういうデザインだったと解釈すれば納得できる。だが前作のSRイラストでは、はっきりと胸の谷間が描かれていたため、本物の可能性もある。
どういうことなの・・・

本作の舞台であるアストルムが元々VRゲームの世界で、そのキャラクターがプレイヤーのアバターであることを考慮すると、アバターを女性に設定し、「世界の再構築」によってそれが本当の身体になってしまったと考えるのが自然か。

ところが、キャラストーリーを進めると、そうでもないことが判明する。
主人公(男性)と手が離れなくなる魔法をかけられた状態でにわか雨に遭遇、全身ずぶ濡れになってしまった際は、ノリノリで濡れた服を脱いで主人公に素肌を見せていた。曰く「生物学上、ボクは男だよ」であり、男同士だからとのこと。

また、前述した貴族に求婚された際も男の子アピールを行っており(おそらくセクハラ対策のために)第三者である近くのメイドに性別確認(描写はないが、性器を触らせた?)をしてもらい、はっきり「男性です」と認めてもらい、貴族を諦めさせていた。

アメスはユキの性別のことを知っていたが、不審がる主人公を前に、
「『あっち』のユキちゃんも、『こっち』のユキちゃんも、男の子だけど、女の子なの。
という理論で片付けていた。

最後に残った謎である胸部の膨らみに関しては、2021年7月30日に発売した設定資料集『プリンセスコネクト!Re:Dive 公式アートワークスVol.3』504ページに、何と胸がはだけた設定画が掲載されており、キャプションに
「※男の子です。胸は服に付属のパーツととらえ、不要な影や揺れなどはNGです。」
と書かれていたことから、男の子かつ胸部の膨らみはプロテクターと確定した。

以上を総括すると、男性と考えて間違いない様である

ストーリー

メインストーリー

メインストーリーでは第2部11章でモニカアユミと共に登場。
主人公に、ミソラの仕掛けてきた「鬼ごっこ」に、モニカ・アユミと共に加勢して欲しいと要請をされていた。

イベント

『激走! ランドソルギルドレース』では【ヴァイスフリューゲル ランドソル支部】が参加したものの、4人で走るという都合から、ユキは出場せず応援する立場になっている。ユキの性格上、自ら率先してレースを走ることは考えにくいため適役だろう。

イベント『ハッピー・チェンジ・エンジェルズ』ではアカリの友達のオシャレな人として登場。アカリ(の姿をしたヨリ)のエンジェル衣装に対しては自分に似合わないものなんてないと言いつつ「道端落ちてる新聞紙と軍手でさえ、ボクが着ればドレスになるのさ」と豪語しており、ヨリからは謎の人扱いされている。
また、ラフィのイノセントボウが暴走した時はリンの体に人格が入れ替わってしまい、その際はリン役の小岩井ことりユキの声を真似た演技でユキを演じている。
この際ユキは、リンを(太い尻尾と茶色い体色からか)リスではなくタヌキの獣人と勘違いしてしまい、リンに怒られていた。

ルナの塔でのエピソード『美の探求者と女君の宴』では七冠の一人、クリスティーナと共演。
ユキと同じく自信満々なクリスティーナとは馬が合ったようで、互いに美貌で魔物を追い払いあったりしていた。
アイドルギルド【カルミナ】をプロデュースするクリスティーナから、「お前もアイドルにならないか」と誘われるも、「あくまで自分の気の趣くままに美を追求したい」という思いからやんわりと断っていた。
他にもクリスティーナの分身が現れた際、嬉々として戦う彼女に対し「どうして命を賭してまで戦うの?」と訝しむユキに対し「お前が美を求めるのと同じ理由だろうな」とクリスティーナは返していた。

イベント『イリーガルオーエドカルテ Dr.ミツキの診察室』では準主演として3話から参戦。
顔にニキビが出来たと言う理由だけで騒いでオーエド町の病院に来院。そこで「病院に監禁された極道の親分の救出」という依頼を受け病院に医師として潜入していたミツキと遭遇。
処方してもらった塗り薬でニキビが治ったことに感激し、彼女を自分の主治医にしようとし、看護師服を着て付きまとってきた。
ミツキ側が折れて、看護師として回診(という名の厄介払い)を任されたが、そこでの患者からの聞き込み(幽霊騒ぎ)が、病院を取り巻く闇や親分の監禁場所を把握するカギとなった。
病院長のオーエド町中を巻き込んだ陰謀を目の当たりにした際には珍しく怒りを露わにしたほか、囚われて人体実験をされてきた親分を院長が中傷した際には「自分が信じてきた人(院長)が悪人だなんて認めたくなかった。誰よりも優しい人なんだよ。」と、普段のユキからは想像できない発言もしていた。
薬でパワーアップした院長との戦闘では、ミツキが来るまでの時間稼ぎとして、院長に美に関する哲学を説きながらオーエド町を跳ね回り、ユニオンバーストでお馴染み鏡からビームをお見舞いしていた。
本イベントで、顔色を見ただけで人の健康状態を感じることができる謎のスキルがあることがわかり、オーエド町中の人々の顔色が全体的に悪い事、隠し病棟で衰弱していた親分の顔を見て「おばけみたい」と評すなどしていた(それ以外であまり役に立つことはなかったが・・・)。
なお、ユキがイベント中「オーエド町の英雄」と名乗っていたことから、本イベントは『ショーグン道中記 白翼のサムライ』後の時系列になっていると思われる。

TVアニメ版

「泥に塗れたボクの姿も可愛いね」
「ボクのスティックがこんなに反応してる」
第2期第6話でヴァイスフリューゲル ランドソル支部が登場したことに伴い、ユキも登場。
アニメでも個性満載の他メンバー同様、相変わらずのナルシストぶりを披露していたほか、モニカの作戦で地面を掘る際は、他のメンバーと共に『ショーグン道中記』で見せたような謎の団結をしていた。

スキル


通常

ユニオンバーストボクの美にひれ伏すがいい!敵すべてに魔法小ダメージ+物理防御力小ダウン
スキルボクの目が眩む程の美しさ♪前から2番目の敵に魔法小ダメージ+暗闇
ボクの目が眩む程の美しさ♪+前から2番目の敵に魔法小ダメージ+暗闇+誘惑
可愛いボクが応援するよ♪最もTPが多い味方キャラ1人のTPを中回復
EXスキル可愛いボクががんばるよ魔法攻撃力中アップ
可愛いボクががんばるよ+魔法攻撃力中アップ+物理防御力小アップ


オーエド

ユニオンバースト可愛いボクを緊急投与だよ♪味方全体の魔法攻撃力と行動速度大アップ+敵全体の魔法防御力小ダウン
スキル天使なボクが癒しちゃう♪最もHPが低い味方を中心とした範囲に居るキャラのHPを中回復
ボクの美しさが処方箋さ♪最もTPが低いキャラのTPを中回復+そのキャラを中心とした範囲のキャラの魔法攻撃力中アップ
EXスキル天使なボクががんばるよ魔法防御力中アップ
天使なボクががんばるよ+魔法防御力大アップ


キャラステータス

通常

【魔法】
後列で物理パーティを補助する、歩く芸術作品。
味方のユニオンバースト発動を早めるスキルのほか、暗闇状態にするスキルで敵の物理攻撃を封じる。

スキル「可愛いボクが応援するよ♪」によるTP支援が強力なサポーター。
同じくTP支援スキルを持つユカリサレンと組んで、特定のキャラクターのユニオンバーストの初動を早めて敵を蹂躙するパーティが組まれることが多い。

かつてはリノと組まれることが多く、リマなどのタンクやミツキと組み合わせた「リノ砲」の主要メンバーの一人として知られていた。
後の環境ではカスミと組んでいたことも多く、その場合は、魔法防御力を特大ダウンさせるなどの効果を持つ「クリミナルプリズン」を早打ちし、イリヤヨリの範囲攻撃で敵をなぎ倒す速攻PTとして組まれる。

「ボクの目が眩む程の美しさ♪」によって暗闇状態にできるため、アリーナ防衛で編成してもある程度相手パーティの編成を縛ることが可能である。

2019年4月30日に実装された専用装備「グリッターコンパクト」を装備させると、暗闇に加えて誘惑状態(味方の同士討ち)を付与させることができる。
暗闇と誘惑は物理キャラ相手には一見アンチシナジーの様にも見えるが、誘惑の効果時間が長めであり、そもそもどちらの効果もこちら側への行動を一定時間抑える時点で強力。
専用装備を得てからはアリーナの防衛で採用されるケースが増えてきている。

このように侮れない性能を持っているが、自身の火力は低いうえに対ボスにはスキルの効果が薄いことが多いため、クランバトルなどのボス戦ではほぼ役に立たないのが難点。
ユニオンバーストは前方全ての敵にダメージと追加効果を与えられるが、量はどちらも微々たるものであるためどちらかというとおまけになりやすい。

ちなみに魔法攻撃なのに物理防御を下げるチグハグさがよくネタにされるが、他のギルドメンバーが全員物理攻撃かつ主力はほぼ全て範囲攻撃、しかも他に防御デバフがかけられるメンバーがいない為、ギルドメンバー同士で組んだ場合(数値が不足し過ぎている点を考慮しなければ)相性はかなりよかったりする。意外とメンバーの事を考えているのだろうか。

また、コンボ要素が強いキャラであるため様々なキャラが育てていることがユキを運用する前提になりやすく、特に初心者には育成を後回しにされがちである。
上述した通りアリーナでは強力な性能を持つため、余裕が生まれたら彼の育成にも手を出してみよう。

プリコネR史上規格外の火力を持つ正月キャルが実装された2020年1月のクランバトルでは、非常に強力な正月キャルのユニオンバーストを「可愛いボクが応援するよ♪」によるTP回復でサポートするキャラとして、クランバトルのボスワンパンパーティの一員に紹介されるケースが出てきた。
さきほど「ボス戦ではほぼ役に立たない」と述べたが、その例外とも言えるシチュエーションである。

現在では主に、強力無比な同僚ニノンのユニオンバーストを連発して相手パーティを焼き払う「ニノン砲」のメンバーの一人として活躍をしている。

サービス開始当初から実装されているキャラで、強さへのテコ入れは専用装備の実装のみでありながら、3.5周年時のアリーナ攻撃側での使用率は6位、更に環境がインフレした4周年時でも10位と、高順位で踏みとどまっている。
使用率上位ランキングの他のメンツが後発実装キャラや★6実装済キャラで埋め尽くされている中、未だアリーナの最前線で活躍している稀有なユニットである。

オーエド

【魔法】
後衛で、迷える皆を救う白衣を纏いし美の象徴。
一番低い味方1キャラのTPを回復し、HP回復スキルで守り、魔法攻撃力アップのスキルで一気に攻め落とす。

主な愛称は「”オ”ーエド”ユキ”」から取って「オユキ」「おユキ」。時代劇に出てきそうなネーミングとなっている。

2021年8月13日の公式生放送にて、同じく別衣装のなかったミツキと同時に発表されたナース衣装のユキ。
9月3日に先立って実装されたミツキに遅れること10日、9月13日に実装され、これをもって前作プレイアブルキャラの一つ目の別verがようやく全員分実装された事になる。

魔法攻撃力アップや魔法防御力ダウンのスキルを操り、通常版よりも魔法パーティのサポートを重視した方向となった。

キャラ説明にあるにある「一番低い」とはそれぞれ回復対象のTP、HPの事であり、ぱっと見はユカリの後衛魔法キャラ版といった感じのスキル構成となっている。
TPが一番高いキャラを支援していた通常版とは逆の支援対象となっている点は注意。

TP回復量が通常版の6割ほどに減っているほか、開幕行動が通常攻撃→TP回復の順となっているので、アリーナでの速攻戦術には向かなくなっている。
その代わり、通常版同様スキルの使用頻度が高い(10行動中約3回はTP回復を行う)上に、TP回復時に対象周囲に魔法攻撃力バフを付与ことができるようになっている。
範囲HP回復スキルも、後衛キャラで固めることが多い魔法ハーティでは実質HP全体回復(自前スキルで回復量補強可能)として使うこともできる(後衛でも前のほうに立つ分身ネネカやルゥと言った一部キャラへは回復が漏れることはあるが)。
更にユニオンバーストでは貴重な速度アップと魔法攻撃力大幅アップを同時に付与できる等々、魔法パーティでのサポート性能はかなりのもの。

総じて通常版とは打って変わって、アリーナよりクランバトルで特に活躍できる性能となっている。

正月キャルとの相性も通常版以上に良く、高いTP供給頻度でもって、ユニオンバースト頻度を目に見えて増やしてくれつつ、攻撃力に更にサポートを追加できる。

攻略サイト等で、2021年末に限定販売された「恒常★3キャラ交換チケット」のおすすめ引き換えキャラに作業服アオイと共に紹介される等、なかなか高い評価を受けているようだ。

余談だが、モニカに「ヒーラー」としてスカウトされたのに、通常版はTP回復技しか持ってなかったことがたまにネタになっていたが、ここにきてやっとHPも回復できるようになり、名実ともにヒーラーになった。

ユキ(オーエド)
無題



余談

  • 通常版の★3イラストは前作SRイラストの流用だが、元イラストで見えていた胸の谷間が衣服で隠れるよう修正されている。
  • 外見は女性だが、中身は男性という人物は他に覇瞳皇帝がいる。しかし、あちらは外見だけでなく体つきそのものも女性的で(胸の谷間がはっきり確認できる)、話し方も女口調で、更に「王女」として振舞っていた、と口調も一人称も割と中性的なユキとは色々対照的である。

関連イラスト

ユキ
ユキ


【プリコネR】ユキまとめ
4th Annivesary omedetou~!



関連項目

プリンセスコネクト!Re:Dive / ヴァイスフリューゲル ランドソル支部
モニカ / ニノン / クウカ / アユミ…同じギルドに所属。
マホ / ミソギ…同じく2番目の敵を暗闇にするスキルを持つ。

カリオストロ(グラブル)…同じCygames作品のグラブルのキャラクター。自分の姿を見てうっとりするナルシスト繋がり。ただユキと違い男の娘ではなく、錬金術で肉体を美少女のものに造り変えた元男性である。声はイリヤ役の丹下桜氏。
ザ・サン(グラブル)…同じくグラブルに登場する中の人繋がり。こちらは普通に女性である。
テイエムオペラオー(ウマ娘)…同じCygames作品のウマ娘プリティーダービーに登場する、筋金入りのナルシストで一人称が「ボク」繋がりのキャラ。台詞回しもそっくりで、彼女の発言とユキの発言を混ぜるとどっちの発言か見当がつかなくなる。ただ中の人はリマ役の徳井青空氏。
タマモクロス(ウマ娘)…同じくウマ娘に登場する中の人繋がり。ただとても同じ声優が演じているとは思えない関西弁ツッコミキャラ。

男の娘
ナルシスト

関連記事

親記事

ヴァイスフリューゲル_ランドソル支部 ゔぁいすふりゅーげるらんどそるしぶ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ユキ(プリコネ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ユキ(プリコネ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3506031

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました