ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』に登場するギルドの一つ。

見た目が子どもであることを理由にどのギルドにも受け入れてもらえなかったモニカが、ならば自分で作ればよいと、たまたま同じ場所に(余って)いたニノン、ユキ、クウカを誘い結成したギルド。後に主人公をストーキングしていたアユミを捕まえて、5人組となった。
ちなみにこれでも管理協会に承認された公認ギルドである。

モニカの祖国にある軍事組織【ヴァイスフリューゲル】とつながっており、モニカはランドソルの内情を祖国に報告するのが任務。このギルドも本来は社会的信用を得た上でランドソルを調査するためのギルドであるが、名目上は「ランドソルの平和を守る」という自警団のような格好になっている。
しかしモニカ以外は強烈すぎる個性によって連携は絶望的(下手をすると足を引っ張り合う始末)であり、モニカ自身も軍隊のような統率の取れた集団しか指揮できないことも有り、結果的にまともな戦力にならないため、普段は報酬の安い採集系の依頼をこなしている状況。
ただし、各人共にモニカのことは慕っており、モニカが子供泣きするなどすると、普段からは想像できない結束力を見せることもある。

上記のように、ユーザーから開発チームが余った面子でまとめた疑惑を呈されるほど、キャラクター同士に関連性がないギルド。そのせいかギルド自体に纏まりがない上に、ヴァイスフリューゲルに焦点を充てたイベントも長いことなく、公式4コマにも出演していないなど不遇な扱いを受けていた。

しかしアユミが一足先にイベントに出演を果たし、それをきっかけにアユミが4コマに登場。その後アユミの実装に伴ってギルドとしての4コマも作られた。

そして平成最後の日である2019年4月30日に、ついに待望の【ヴァイスフリューゲルランドソル 支部】が主役のストーリーイベントが開催された。
イベント『ショーグン道中記 白翼のサムライ』にて江戸のような和風の町「オーエド町」での活躍が描かれている。特にエンディング曲の台詞パートのバラバラっぷりは必見。歌詞のサビも、それぞれ全く違う個性だからこそ得られる絆を描いた内容となっている。

2020年の新春イベント『激走! ランドソルギルドレース』でも駅伝のようなレース大会に参加。
各々のキャラ性は出ていたが、他ギルドに問題児や敵相手に手を差し伸べる人が多く、何気に一番の常識人枠で全員普通に走っていた(問題児枠のユキが不参加だったのもあるが)。

メインストーリーでは第2部第6章にて本格的に出演する。
トゥインクルウィッシュ】が探し求めている「ソルオーブ」の一つがオーエド町の質屋にあることを一行が聞きつけたため、ユイコッコロシェフィ主人公の主治医として駆けつけたミツキがオーエド町に来訪。町の大道芸人として活動してたオーエド衣装のニノンとクウカが彼女らを出迎えた。

ちなみにこちらのシナリオは上記の『ショーグン道中記』から地続きである模様。そのイベント内にて事件の黒幕である「アクダイカン」が主人公たちの手によって成敗され、主人公が町民から「ショーグン」と呼ばれるようになったのだが、第6章でも同じ様子であるため、第6章はオーエド町の事件を解決したその後の話であることが窺える。

後の第11章第5話で、ミソラのゲームの第2回戦の『鬼ごっこ』でランドソルに主人公とシノブが転送された際、彼女の性格を逆手にとって助っ人を確保しようとした所に、モニカ、ユキ、アユミが通りがかり、彼女らに助っ人を要請する事にした。

ストーリー上ではモニカ以外は戦力外のような扱いを受けているが、ゲーム上ではどのキャラも(特にアリーナで)活躍できるスペックを持っている。
(現に2021年8月13日に放送された3.5周年記念生放送での、6月30日~7月31日でのアリーナ攻撃側使用率ランキングでは、ニノンが3位、ユキが6位と高順位を記録していることが発表された)
また『ショーグン道中記』のクライマックスでは見事な連携を披露していたので、皆やればできる子なのかもしれない。
モニカに人を見る目があるのは確かなようだ。

メンバー

  • モニカ (CV:辻あゆみ)…ギルドマスター。祖国のためランドソルを調査する軍人。チビッ子にしか見えないが17歳。一応ギルメンはモニカをリーダーと認めている。実力・指揮能力・常識人度共にギルド1であるため、最大の苦労人。
  • ユキ (CV:大空直美)…筋金入りのナルシストであり、性別もその語の由来通り。自身の美しさを傷つけたくないため、あまり積極的に戦闘に参加したがらない。そのナルシストっぷりは魔物も避けて通るほど。
  • ニノン (CV:佐藤聡美)…間違った日本文化に染まった、忍者を自称する侍装束の外国人。日本語はカタコト。だが忍術の腕は確かであり、戦闘力はギルドでも一二を争う。
  • クウカ (CV:長妻樹里)…マゾヒスト。攻撃はからきしだが、その圧倒的なタフネスでギルドのタンク役を(無自覚に)担っている。一応踊り子。戦闘では率先して突撃する問題児だが、一部の魔物はその異様さに逃げ出す。
  • アユミ (CV:大関英里)…常識人…のように見えるストーカー予備軍。その尾行の腕前はモニカから一目置かれ、ニノンから忍者の素質があると言われている。ギルドで団体行動するときはモニカに次ぐ…下手をするとギルド1の常識人。


呼称表

が\にモニカユキニノンクウカアユミ
モニカユキニノンクウカアユミ
ユキモニカさんボククウカさんアユミ
ニノンモニカさんユキさんワタシクウカアユミさん
クウカモニカさんクウカ(時折私)アユミさん
アユミモニカさんユキさんニノンさんクウカさん


楽曲

  • 白翼のグローリエ…イベント『ショーグン道中記 白翼のサムライ』エンディングテーマ
    • 作詞:磯谷佳江 / 作曲・編曲:渡部チェル
    • 歌:モニカ(辻あゆみ)、ユキ(大空直美)、ニノン(佐藤聡美)、クウカ(長妻樹里)、アユミ(大関英里)


  • 輝け!ラブリー★ドリーミー…イベント『魔法提督 ラブリー★モニカ レッツゴー!マジカルカルテット!』エンディングテーマ
    • 作詞:ミズノゲンキ / 作曲・編曲:睦月周平
    • 歌:モニカ(辻あゆみ)、トモ(茅原実里)

  • Narcistration♡…イベント『イリーガルオーエドカルテ Dr.ミツキの診察室』エンディングテーマ
    • 作詞:Manami(TRYTONELABO) / 作曲・編曲:錦織孝宏
    • 歌:ユキ(大空直美)

  • Halloween Monster Jam !!!…イベント『ハロウィンセイバーズ・スクランブル! もふもふ捕獲大作戦』エンディングテーマ
    • 作詞:椎名宇伊(Cygames) / 作曲:中村早織(Cygames)、長谷部翔(Cygames) / 編曲:長谷部翔(Cygames)
    • 歌:カオリ(高森奈津美)、スズナ(上坂すみれ)、ニノン(佐藤聡美)

  • GREEDY LOVE…イベント『魔法少女外伝 マジカル★ノワールズ!』エンディングテーマ
    • 作詞:ミズノゲンキ / 作曲・編曲:設楽哲也
    • 歌:イオ(伊藤静)、シズル(生天目仁美)、クウカ(長妻樹里)

余談

  • 前述の通りイベント『激走! ランドソルギルドレース』の参加ギルドの一つ。結果は3位である。
  • 特別イベント『王都終末決戦』では、サーヴァント・マギ(魔法)戦のパーティメンバーに選ばれた。
  • これほどの人材がいるにも関わらず、ギルド内の★6キャラの追加は遅めであり、2020年10月7日にニノンの★6が実装され、ようやくギルド内で一人目となった。
  • ちなみに、個性のごった煮のような、何の共通点も無さそうなこのメンバーだが、意外にも5人ともツインテールと言う共通点がある(但し、狭義的なツインテールは「後ろ髪を残す事無く左右に髪を束ね、その髪束が肩に達する位以上の長さであり、且つテールの根元が耳以上の高さである髪型」であるため、狭義的にツインテールと言えるのはモニカとユキのみ。あくまでもツインテールという髪型を「髪束を左右に2つ垂らした髪型全般」と広義的に捉えた場合にのみ言える共通点のため、それを共通点として認めるかどうかは人によって意見が変わる所ではある)。
  • このギルドの特徴のように、「何をドローしても戦力に困らない」「手札事故を起こさない」デッキ構築をTCG用語で【スタンダード】や【グッドスタッフ】と呼ぶ。


関連イラスト

ツインテールギルドWF
ヴァイスフリューゲル ランドソル支部



関連項目

プリンセスコネクト!Re:Dive
ギルド(プリコネ)

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヴァイスフリューゲル_ランドソル支部」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヴァイスフリューゲル_ランドソル支部」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 247380

コメント