ピクシブ百科事典

トモ(プリコネ)

とも

トモはCygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』のキャラクターである。所属ギルドは【王宮騎士団(NIGHTMARE)】。
目次[非表示]

プロフィール

年齢13歳
身長149cm
体重43kg
誕生日8月11日
血液型A型
種族ヒューマン
ギルド王宮騎士団(NIGHTMARE)
趣味剣術、年長者をからかう
CV茅原実里


概要

トモはCygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』のキャラクター。王家直属の親衛隊ギルド【王宮騎士団(NIGHTMARE)】の一員である剣士の女の子。
王宮騎士団(NIGHTMARE)は王宮直属のギルド【プリンセスナイト】の傘下であり、本来は貴族などの高位の身分の者しか所属することができない格式高いギルドなのだが、トモは珍しく庶民の出である。
ただし庶民とは言うものの、実家は古くからある剣術「ミクマ流」を受け継いできた由緒正しい家系であり、トモ自身もその剣術に誇りを持っている。
無印版の御久間智にあたる。

人物

陽気で明るく、勝ち気で男勝りな質。一方でお喋りが大好きという女の子らしいところも。特に年長者を巧みな言葉遣いでからかうことを趣味としている。
そんな趣味を持ちながら、年齢はなんと13歳。高校生にあたる年齢が中心なプリコネRのキャラの中では、どちらか言うと年少の方である。
ストーリー内では、年上である主人公に対して軽口をたたいてることが多い。

実家が道場で女子供扱いされることなく厳しく育てられたため、口調や思考も、同い年のアオイヨリなどと比べるとかなり大人びている。これは極端な例だが、メンバー全員が小学生相当の年齢のギルド【リトルリリカル】の仲間たちと同じような立場で絡んでるアヤネ(14歳)の一つ下である。まあこれに関してはアヤネが年齢のわりに幼すぎると考えることもできるが…。

また真面目で礼儀正しく正義感が強い。そのために横暴な行動を繰り返す副団長クリスティーナに対しては馬が合わない部分が多く、彼女を獅子身中の虫として警戒し、よく突っかかっている。一応、イベント『黒鉄の亡霊(ナイトメア)』でクリスティーナが成果を挙げたことで、彼女への考えは改まりつつあるようだ。
一方、他のプリンセスナイトに所属している団員からも身分差故に疎まれたり蔑まれたりしているが、特に反発する様子もなく皮肉で返すなどかなり煽り耐性が高い。

逆に騎士団見習いのマツリを妹のように可愛がっており、ストーリーでは二人で一緒に登場することも多い。また、団長であるジュンを強く慕っている。

ただ好戦的なところはあり、騎士団に入ったのも軍隊としての側面がある騎士団なら、血湧き肉躍る戦場に立てると思ったからで、無自覚だがその趣向は皮肉にも副団長クリスティーナと共通している。

ストーリー

メインストーリー第1部では王宮に対して不信感を持ったジュンの頼みで、比較的自由に動けるトモが王宮の裏事情を内密に調査する事となった。
とはいえ、庶民である彼女では王宮に出入りも出来ず、何も成果を挙げられなかった頃に指名手配されていたペコリーヌと遭遇。彼女の剣技を「喧嘩殺法」と罵りつつ剣で切り結ぶも、彼女達が王宮の裏事情を知っていることを聞き、一時剣を収めて情報共有した。
ただそれ以降に目立った出番はなく、結局重大な情報を掴む前に事が起こり、王都終末決戦でも住民の避難誘導に終止していた。

キャラストーリーでは偶然に主人公と知り合い、その縁を利用して王宮から主人公をスパイすることを命じられる。だが主人公を調査している内に主人公にスパイの件がバレそうになり、咄嗟に主人公に一目惚れした話をでっち上げ、スパイ用の資料は思い余ってストーカーしてしまった産物と言い訳した。ただそれ以降本当に主人公のことが気になりだし、スパイのことなど放り出して頻繁に合うようになった。

イベント『ドラゴンエクスプローラーズ』では、マツリ(12歳)がイノリに対しタメか年下かと思ってたところに「自分と同い年」と諭したとき、トモと同い年くらいと思っていたカヤ(16歳)が非常に驚いていた。

イベント『激走! ランドソルギルドレース』では、【王宮騎士団(NIGHTMARE)】として第1区を走った。
キャラストーリーでもランニングをしている描写がある通り走りには自信があり、第1区では1位でクリスティーナにたすきをつないだ。ただ、首位だったタマキニノンとわちゃわちゃしてる間に追い越した形となったため、少し不格好だったとインタビューで語っている。

2020年に入りクリスティーナから遅れてジュン、マツリが次々と他のギルドとの交流や別衣装を得る中、同ギルドで彼女だけが仲間外れの様に感じるものの2020年10月31日から開始されるストーリーイベント「魔法提督ラブリー★モニカ レッツゴー!マジカルカルテット!」の予告には彼女の姿もあり、タイトル通りなら別衣装が実装される可能性が浮上していた。
そして大方の予想通りダイアの魔法少女シャイニー★トモとして登場した。ローポジション型ポニーテールヘアの彼女が、初の髪下ろしスタイルとなった。

シャイニートモ
シャイニー★トモ


当初は魔法少女に関して調べる任務をしていたが、実際には彼女自身が魔法少女について熱心なオタクで、魔法少女に憧れる個人的願望からモニカ達を追った。なりゆきで自らも魔法少女になることになり、決めポーズほか魔法少女の何たるかをモニカ達に説きノリノリだった。

スキル

通常

ユニオンバーストミクマ流奥義・阿修羅敵単体に物理中ダメージ+自分の物攻特大アップ+行動速度中アップ
スキルミクマ流剣術・陣風範囲内の敵に物理中ダメージ
ミクマ流剣術・陣風+範囲内の敵に物理中ダメージ(範囲の敵の数に応じてダメージ増加)
ミクマ流剣術・燕返し敵単体に物理中ダメージ+自分のTPを小回復
EXスキル気脈呼応・波動の型物理攻撃力中アップ
気脈呼応・波動の型+物理攻撃力大アップ


マジカル

ユニオンバーストシャイニーアクアストリーム敵単体に物理攻撃力+魔法攻撃力に応じた魔法特大ダメージ
スキルシャイニーブレード敵単体に物理攻撃力+魔法攻撃力に応じた魔法大ダメージ
シャイニーアクア自分の物攻中アップ+行動速度・魔法クリティカル大アップ(魔法クリティカルのみ永続)
EXスキルシャイニーアティチュード物理攻撃力中アップ
シャイニーアティチュード+物理攻撃力大アップ


キャラステータス

通常

【物理】
前衛で、素早い斬撃を仕掛け敵を屠る剣術少女。
ユニオンバーストで自分の攻撃力と行動速度を上昇させ、ほか攻撃スキルの残滅能力を極限まで高め敵を圧倒する。

前衛の物理アタッカーとして後発で実装。
「ミクマ流剣術・燕返し」のTP回復や「ミクマ流剣術・陣風」の範囲攻撃で着実にTPを稼ぎ、ユニオンバースト「ミクマ流奥義・阿修羅」でそれらの火力を更に高めながら敵をバシバシなぎ倒す強力なアタッカー。

ユニオンバーストの火力自体は劇的に高いわけではないが、「物理攻撃力を特大アップ」と「移動速度を中アップ」する追加効果が強力。
特に攻撃力の上昇量は(スキルレベル+1)×64と凄まじく、これを上回る攻撃バフはエリコのオブセッション+の短い方のバフと、水着ペコリーヌのデザートタイム+のみ(2019年11月時点)。ちなみにそれらのバフの上昇量は(スキルレベル+1)×90となっている。

UBによるバフ後の火力は、敵によっては発動前の2倍近くの数字に達する。その強力なUBの発動を自前のTP回復スキルでサポートできるため、性能が自己完結しておりアタッカーとしてとても使いやすい。

単体火力もさることながら、「陣風」による範囲攻撃も強力。
カオリやエリコのような敵単体への超火力ともまた趣が異なる、小技の効いたアタッカーと言えるだろう。

2019年3月31日には専用装備「天剣白嵐」が実装。「ミクマ流剣術・陣風」に範囲内の敵の数に応じたダメージアップ効果が付いた。
これによりアリーナでの使い勝手が上昇したほか、「マルチターゲット」を持つボス相手に対してかなりのDPSを誇るキャラクターになった。勿論単体相手のクランバトルでもダメージディーラーとして優秀である。

高火力アタッカーの宿命として、耐久面が脆いところが弱点。
前衛アタッカーの中では若干後ろ寄りの配置ではあるが、防御力が乏しいためイリヤや水着ペコリーヌなどの範囲攻撃ユニオンバーストを喰らうと一発で沈んでしまうことが多い。
ほとんどのキャラに言えることではあるが、アリーナでは対面をしっかり見極めたうえで編成したい。

メモリーピース入手に関しては実装当初は女神の秘石との交換以外入手方法がなかったが後にハードクエストのエリア21-3で集められるようになった。
またイベントでは『ドラゴンエクスプローラーズ』が獲得対象イベントとして抜擢された。さらに1年後にこのイベント復刻した後は僅か半月足らずで次のイベント『魔法提督ラブリー★モニカ レッツゴー!マジカルカルテット!』にて2回目の抜擢となった。
メモリーピース対象に選ばれるのが2回という事例はあれど復刻込みとはいえ2回続けて選ばれるのは彼女が初のケースとなった。

マジカル

【物理】
中衛で正義の力を魔法にのせて戦う魔法剣士。
自分の物理攻撃力を魔法攻撃に加える魔法少女の力と、たゆまぬ努力で獲得した剣技で、華麗な魔法攻撃を放つ。

イベント『魔法提督ラブリー★モニカ レッツゴー!マジカルカルテット!』に登場した魔法少女シャイニー★トモに変身した姿。
リゼロコラボ復刻の影響でイベント開始から何と22日遅れでやっと実装となった。毎度おなじみ別衣装による恒常キャラである
当然と思うがイベントで魔法少女4人揃っての攻略はイベント復刻までお預けとなっている。

性能はスキル・UB共に自分の物理攻撃力+魔法攻撃力を合算した値を魔法攻撃扱いにして戦うこれまでにないキャラになっている。
だが関心の素の魔法攻撃力は0であり魔法攻撃力を上げるバフがないと事実上物理攻撃力をそのまま魔法攻撃力扱いになるただの物理攻撃が魔法扱いというキャラになっている。
無論通常攻撃は物理攻撃扱いである。
魔法クリティカルを上げるスキルもあるが彼女自身の魔法クリティカルは当然0でそのままではスキル1やUBでクリティカルを出せない。とはいえスキルによる魔法クリティカル上昇は永続なのがせめての救い。詰まり長期戦になればなる程クリティカルが出やすくなる。
このような性能なので物理バッファーと組んでも魔法バッファーと組んでもそれなりの仕事をこなせる。
特にコッコロのように両面バフ持ちとは相性がいい。

変則魔法アタッカーという特徴上魔法アタッカー殺しであるタマキの干渉を一切受けないという特徴がある。一方で物理アタッカー扱いなので逆に★6ハツネハロウィンツムギといった対物理特化キャラに対しては相性が悪い。また水着アンナのデバフ干渉を受けない為この2人で組んで魔法に弱い敵に猛攻を掛けるいう使い方もできる。

関連イラスト

智
がおお…



関連項目

プリンセスコネクト!Re:Dive / 王宮騎士団(NIGHTMARE)
ジュン / クリスティーナ / マツリ…同じギルドに所属。
オルキス(グラブル) - 中の人が同じでフラスタで共演している。
オーキス(グラブル) - 中の人が同じ。上述のオルキスも間接的に関係がある。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トモ(プリコネ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3635993

コメント