ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

エピソード2「ホワイト・ゼニス・パック」で初登場した種族。
アウトレイジとは対立する関係にある。

全体的に宗教色を強く持つ種族。背景ストーリー及びアニメ・漫画でも宗教団体としての面が強い。
神人類ヨミをトップとする集団で、主にゼロの力を崇拝している。

命名ルール

命名ルールは「○○の(階級名)~」階級を持たないオラクルは「○○(の)~」。
それぞれに由来があり
:衣類・繊維類
:飲食物
:香辛料・薬草
:妖怪
自然:植物
無色:宗教関連(特に仏教)
となっている。

また、オラクルにはその役割によって階位が存在し、階位持ちのオラクルはそれが冠詞に含まれている。また、その階位によって能力にもある程度括りがある。
現在わかっている階位とその役割は以下の通り

カノン

オラクリオンのプロトタイプで、信仰を集めるための偶像。いわゆる現人神
オラクリオンの開発成功により、その後は廃止されている。
カードとしては、プレイヤーの手札に干渉する能力を持つ。ゼロ文明のカードのみ存在する。

メシア

神を呼び降ろす神官巫女のような立場。
カードとしては、主に一度に複数体のクリーチャーをリクルート(山札から呼び出し)する能力を持つ。

イザナイ

メシア同様、神を呼び降ろす神官、あるいは巫女。
カードとしては、狙った一体を確実にコスト踏み倒しするタイプの能力を持つ。

サトリ

ゼロの力を操る。呪術師のような立場か。
カードとしては多くはゼロ文明に関する能力を持つ。稀に「無色以外…」のように、ゼロ文明以外を指定するカードもある。サトリ自体は無色より文明持ちが多い。

インガ

ゴッドあるいはゴッド・ノヴァ OMGをサポートする。ただし、「交錯のインガ キルト」は例外。
インガ・ルピアというクリーチャーも存在する。ルピアとあるが種族ファイアー・バードはない。

シンリ

不明。該当するのは「舞踏のシンリ マクイル」のみ。無色のブロッカーであった。

マントラ

エピソード3第二弾「デッド&(エンド)ビート」ではヨミが消滅し、教団が崩壊
「ゼロ(と神)の力を信じる」派と「オラクルの教義そのものを信じる」派の二つに分裂した教団を、それでも維持したいという有志が自らに与えた新たな階位。
カードとしても、これまでありそうでなかった、オラクルを専門にサポートする能力を持つ。

カルマ

同じく教団崩壊後に登場。教義を維持するために生み出され、封殺の力を持つ。
カードとしては、相手あるいは自身の行動を制限する能力を持つ。

ファミリア

同じく教団崩壊後に登場。他のオラクルに仕えていた(が散り散りになっていた)使い魔がマントラによって新たな位階を与えたもの。しかし、偉くなったわけではなく、一般の信者より立場は低い。
カードの能力に法則はない。

なお、冠詞のないオラクルは、役割も何も持たないただの信者であり、その能力も多岐にわたる。

また、これらの上位に存在するのが、信仰のための兵器偶像「オラクリオン」と、強大な生物でしかなかったゴッドに力を与えゴッド・ノヴァに進化させた神人類ヨミである。

背景ストーリー

「無情」の極 シャングリラ」と「超絶奇跡 鬼羅丸」との、ゼニス同士の最終決戦からしばらく。ゼニスは消え去ったものの、ゼロの力はいまだ世界に残留していた。そして、その力を自分たちのために活用しようとするものが現れた。それが「オラクル教団」である。
オラクル教団はシャングリラを至高神と定義し、その最終決戦を神話として掲げた。そして「沈黙」と「停滞」を教義として定め、ゼロの力を用いて世界を復興させたのである。

オラクル教団が支配し、平穏と言う名の停滞と堕落に包まれた世界。そんな世界を不服とし、自由を求める集団が現れた。
それがアウトレイジである。
アウトレイジを恐れるオラクルはヨミを筆頭に、かつての支配者「ゴッド」にゼロの力を与えて復活させゴッド・ノヴァへと進化させた。そして、その功績により「神人類ヨミ」と呼ばれるようになったヨミと共に、神の力を用いてアウトレイジとの戦争に突入する。

ピクシブ百科事典に記事の存在するオラクル一覧

策士のイザナイ ゾロスター
神人類ヨミ
信心深きコットン
神託の王 ゴスペル
純潔の信者 パーフェクト・リリィ
提督のマントラ ヴォスラディッシュ
大地のイザナイ エベレスト 

関連タグ

デュエル・マスターズ デュエマ
デュエル・マスターズの種族一覧
アウトレイジ
ゴッド・ノヴァ オラクリオン
神人類ヨミ

関連記事

親記事

デュエル・マスターズの種族一覧 でゅえるますたーずのしゅぞくいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オラクル(デュエル・マスターズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36546

コメント