ピクシブ百科事典

引き延ばし

ひきのばし

物事や物体を長く引いて伸ばす行為。転じて、物語やイベントなどをなかなか終わらないように延々続けること。
目次[非表示]

概要

物語において引き延ばしを行う理由は様々である。
特に当初の目論みより売れた商業作品は、出版社や制作会社の意向でより長く売るため、エピソードを入れ込んだりして引き延ばすこともままある。
また、原作の雑誌連載テレビアニメが平行して展開している場合、原作の連載にアニメが追いついてしまうことがあるため、追い抜かないように引き延ばしが行われる。
特にかつては『週刊少年ジャンプ』掲載作アニメに多く、ジャンプ黄金期頃の年代はTVアニメの分割クール放映が一般的でなかったこともあり、後述のような引き延ばしが特に頻発した。
但し、近年は1クール〜2クールづつ放映し、2期・3期のように分割して製作するスタイルが増え、力技の引き延ばしをやった作品は目立たなくなっている(なくなったわけではない)。

原作つきアニメでの主な引き延ばしのテクニック

  • アニメオリジナルのエピソードを入れる。定番のテクニックで、日常系アニメでは特に多い。一方、数多くの敵と連戦するようなバトル物のアニメではその連戦展開が終わるまではオリジナルエピソードを入れることがしづらいため、オリジナルエピソードを入れる場合はそのタイミング判断が重要となる。原作ファンからは批判されやすい一方、アニメから入った人は逆に原作よりも好まれることもある。アニメのオリジナル要素が原作を塗りつぶすほど人気が出た顕著な例が『サザエさん』と『ドラえもん』であり、この2つに限っては原作にない要素を加えているアニメ版は糞みたいに言うと社会的不適合者扱いされる。
    • 後に原作のエピソードをやる場合、アニメオリジナル回のことは都合のいいところだけ忘れることも多い。
  • アニメオリジナルのキャラクターを入れて、その出演シーンを増やすことでストーリーの進行を遅くする。
  • 作中でほとんどスポットの当たっていない脇役同士のエピソードを新しく書き下ろす(これは原作ファンからも評価されやすい)。
  • 冒頭で「前回のあらすじ」を長めに入れることで尺を埋めて、ストーリーの進行を遅くする。
  • バトル漫画の場合、必殺技のタメや立ち回り、気合い入れなどのシーンをじっくり時間を取る、延々睨み合い叫び合いや技の打ち合いなどをさせる
    • これの派生としてカードゲームを題材にした遊戯王デュエルモンスターズでは原作にないストーリーやデュエルを入れるだけでなく、原作で行われたデュエルの内容を改変し引き延ばしたこともある。ただこれは、原作漫画のカードがすでにOCG化していてアニメ化の際にそちらに合わせる必要があったためだったり、原作のデュエル構成ミス(手札の枚数が矛盾しているなど)の修正のためであった時もある。
  • 脇役が今までのストーリーを振り返り「そうだ、ヤツならきっとやってくれる」などと思い返す
  • その結果、バトルなどの実況がやたらと詳細になる
  • 最終手段「総集編



引き延ばしが改悪になった作品

  • ドラゴンボール。特に『ドラゴンボールZ』のナメック星編はオリジナルエピソードの挿入を行える舞台設定ではなかったため、あらゆる涙ぐましい力技の引き延ばしが行われた。ナメック星以降もやはりオリジナルエピソードは多様されたが、パイクーハンなど後にゲームや劇場版に採用されるキャラクターも登場するなど、結果的にはただのその場凌ぎと言う訳ではなくなった。
    • 原作の数コマを何分も引き延ばしたり、毎回猛烈に長い前回のあらすじを挿入するのは日常茶飯事であり、作中で約5分間分の描写を3ヶ月近くかけて引き延ばしたことすらあった。(その間に放送自体を別の番組の時間に割いたケースもある)このため後に多くのMADコピペのネタにもされた。後に、これらの引き延ばし部分をカットした『ドラゴンボール改』が制作された。また、『GT』でも一度だけ一話の大半が『Z』の頃のベジータの回想に充てられ、本筋の戦闘がほぼ進まないケースがあった。
    • 一方で、「良い引き伸ばし」とも言えるシーンも幾つか存在し、セルジュニアとの戦闘の際、ピッコロが天津飯とヤムチャに悟空を援護する様にと指示して、原作では活躍が少なかった二人が活躍したり、セルとの最終決戦の際、原作ではベジータのみの援護だけで終わったが、アニメではピッコロ、クリリン、天津飯、ヤムチャも一緒に悟飯を援護している。魔人ブウ編でも、悟飯を吸収したブウだが、原作ではベジットが相手だった事もあり、大いに活躍する事が出来なかったが、アニメではベジットになるまで、悟空とベジータとの戦闘が描かれており、原作では目立たなかった強敵感を出している。ベジットの方も原作ではすぐに超ベジットへ変身したが、アニメでは通常形態で暫く戦っており、原作にはなかった戦闘シーンが描かれた。
  • 聖闘士星矢のテレビ版(無印)前半。多くのオリジナルキャラクターが投入されつつほぼ活躍しなかったので、引き伸ばしのための使い捨ての感覚が強かった。
  • キャプテン翼のテレビ版(初代)。「試合終了まで残りあと1分!」などと実況しつつ、原作の数コマを引き伸ばしまくり、1本のシュートを打つのに週をまたいだりするのが当然だった。
  • トリコ。「アニメオリジナルのキャラクターを入れて、その出演シーンを増やすことでストーリーの進行を遅くする」の典型例だが、逆にそのキャラクターを活かしたエピソードがなく、ストーリーは原作をなぞっただけだった。ゆえにあまりに引き伸ばし対策として悪目立ちした。
  • ONEPIECE。「前回のあらすじ」を長くしたり、ことあるごとに回想シーンを挿入したりと、1話の密度をできる限り薄くして展開を遅くしていることにテンポが悪いと批判が集まることも。原作自体が未だ終わりが見えない、というのも引き伸ばしを行う理由として少なからずある。
  • NARUTO。「舞台設定の問題でオリジナルエピソードが挿入できない」という難点を打ち破ったアニメ。本編の物語が特定の敵との戦いの真っ最中という状況であろうがクール改変期になると本編の物語を打ち切り突然にNARUTOの外伝やifストーリーが1〜2クール挿入さる。それが終わるとまた「本編の戦いの続き」が始まる。海外配信も強いアニメなので、むしろ海外ドラマによくあるシーズン制の手法とみればわかりやすいが、このタイプはまだまだ日本人には馴染みが薄く、視聴体験がブツ切りになると批判がある。
  • BLEACH。原作のエピソードとエピソードの間にアニメオリジナルエピソードを挿入させており、それ単体での評価は人それぞれで改悪というほどではない。しかしアニメ終了後の原作がアニメオリジナルエピソードと根本的に矛盾する流れになってしまったため、今から見直すと違和感がすごい。
  • 名探偵コナン。2010年に入ってからアニメオリジナルの単発ストーリーや過去作のデジタルリマスター(これに関しては古株ファンから評価されることもある。)の放送で原作のストックを温存しており、黒の組織関係の展開が気になる層からはまどろっこしさが大きい。ただし黒の組織関係は原作でも引き伸ばしがすごいので、ある意味でもう仕方がないかも。
  • 福本伸行の長期連載作品。近年の「カイジ」や「アカギ」が顕著である。なお、アニメ版ではテンポの悪い原作を引き延ばすのはさすがに無理と割り切って、どちらも原作に追いつく前にキリの良いところで放映を終わらせている。むしろアニメ版ではテンポが良くなってまともに見れるようになっているという珍しい例


関連タグ

展開
テコ入れ
アニメオリジナルキャラ

pixivに投稿された作品 pixivで「引き延ばし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1131

コメント