ピクシブ百科事典

オラの悟飯をかえせッ!!

おらのごはんをかえせっ

記念すべき「ドラゴンボールZ」の映画第1作目。
目次[非表示]

概要

 1989年に公開された映画。劇場公開時には『映画 ドラゴンボールZ』のみの題で放映され、ビデオ化に際し副題が付けられた。
 時系列はラディッツ襲来の直前であり、まだ悟飯とピッコロは師弟ではない。
 本作のラスボスであるガーリックJrは後にアニメオリジナルエピソードで復活を遂げることとなる。
 なお、本作は無印時代の中華テイストを多く反映した演出が光る作風であり、珍しく悟空が「Z」の時系列でも如意棒を持っているという設定。カリン様から借りてきたのだろうか。

あらすじ

かつて、地球の神の座をかけて争った魔族・ガーリックの息子・ガーリックJr復活した。ガーリックJrは先代に仕えた三大魔族と共にピッコロマジュニア)を倒すと、ドラゴンボールを集めるため世界を奔走。
その魔の手は孫一家にも伸び、悟空に出ていたある昼下がり、三魔族はチチ牛魔王暴行を働き、四星球を持つ悟飯を誘拐してしまった。家に帰った悟空は惨状を見るや一路カメハウスに向かい、ドラゴンレーダーで悟飯の攫われた場所を探し当てる。
果たして悟空は愛する息子・悟飯を救い出すことが出来るのか? そしてガーリックJrがドラゴンボールに賭ける願いとは何なのか?

オリジナルキャラクター

【Z-M#01】オラの悟飯をかえせッ


ガーリックJr

本作の悪の親玉。該当項目参照。

ジンジャー

CV:戸谷公次
ガーリック三人衆のリーダー格。三人の中で一番小柄

ニッキー

CV:千葉繁
ガーリック三人衆の一人で、オカマ口調で話す軟派な男。

サンショ

CV:堀之紀
ガーリック三人衆の一人。脳筋巨漢

余談

本作のタイトル「オラの悟飯をかえせッ!!」はビデオ化に際し付けられた副題であり最初から付いていたわけではない。(しかし実際はビデオのパッケージ裏のタイトルロゴの下に大きくキャッチフレーズとして付いていたものを、集英社がDB大全集6巻にタイトルとして載せてしまい、そこから誤った認識が広まっただけである。)

また本作のボスキャラであるガーリックJrは後にアニメ「ドラゴンボールZ」のアニメオリジナル回にも登場。当時、度々この映画がテレビスペシャルなどで放送されていたとはいえ、本作を見ていない視聴者もいたため、本作を見てない視聴者からは困惑の声があがった。

関連項目

ドラゴンボール

摩訶不思議大冒険 → オラの悟飯を返せッ!! → この世で一番強いヤツ

コメント