ピクシブ百科事典

如意棒

にょいぼう

孫悟空が持つ武具。「如意」とは「自由自在」と言う意味。

概要

西遊記の主人公孫悟空が使う、両端に金色の輪がはめられた鉄の
より正式には如意金箍棒(にょいきんこぼう)と呼ぶ。別名が『神珍鉄』『霊陽棒』など。
『神珍』が如意金箍棒と呼ばれる前の名前であったようで、『天河定底神珍鉄』『天河鎮底神珍鉄』など神珍を基本にした別名が存在する。また原料は『九転鑌鉄』とも。
重さはなんと一万三千五百斤(約8トン)。底本によっては、星座ならびに龍と鳳凰の意匠がびっしり施されているともされる派手な業物。
持ち主の意のままに自在に伸縮し、生身の人間や弱小の妖魔ならかすっただけで死ぬほどの威力を持つ。普段、悟空はマッチ棒ほどの大きさに縮め、の中にしまって携帯している。
悟空は巨大化することもあるのだが、その際には長さだけではなく太さもサイズ相応に大きくなる。最大では天国地獄をつなげてしまうサイズまで伸ばせる。

如意金箍棒


元々は古代中国において治水事業を成し遂げたとされる伝説的為政者・禹王(うおう)が海底を突き固める為に「海の重り」として用いた品。製作者は太上老君とする事もあれば、禹王自身とする事もあったりして安定しない。
天の河の治水にも駆り出されたらしく、それらの作業が終わった後は東海竜王敖廣竜宮の宝物殿に秘蔵されていた。
だが、有り余る怪力ゆえに並大抵の武具では物足りなさを感じていた斉天大聖(=孫悟空)が竜王から略奪同然に入手し、以降、取経の旅が終わるまでずっと武器として使い続けた。

底本により、偽の悟空が用いた如意棒と互角の武器を『随心鉄桿兵』とする。意の如く『如意』と心に随う『随心』、両端の『金箍』と本体の『鉄桿』と名の由来が対称的な面白いネーミング。

様々な作品のモチーフとされ、日本人だとドラゴンボール孫悟空無双orochi孫悟空、また最遊記孫悟空などをイメージする人も多いと思われる。

この世はでっかい宝島
OROCHI孫悟空
孫悟空
悟空道



関連項目

 棒術 六尺棒 宝具

関連記事

親記事

孫悟空 そんごくう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「如意棒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 266886

コメント