ピクシブ百科事典

ドラゴンレーダー

どらごんれーだー

ドラゴンレーダーとは、ドラゴンボールを探す機械。
目次[非表示]

概要

ドラゴンボールの発する特殊な波長をキャッチし、位置を特定する機械。

原作ではブルマが作ったもの、ピラフ一味が使用しているもの、レッドリボン軍が使用しているものの三種類が登場している。


一番有名なブルマ作のドラゴンレーダーは大きめの懐中時計の様な形状をしており、上部のスイッチでON-OFF、ダイヤルを回すことで地図の拡大縮小を行う事ができる優れ物。あの則巻千兵衛をして「ほとんど構造が解らない」と言わしめる程精密な構造をしている。

ピラフ一味やレッドリボン軍の物は大きなモニターサイズであるが、精度はブルマ製の物には遠く及ばず、大まかな場所までしか特定できない。

欠点

共通の弱点として、生物の体内等波長がキャッチ出来ない環境にボールがある場合は索敵出来ない。
また精密部品を必要とする為に、修理や複製には手間が掛かる(部品が揃っていてもブルマの腕を持ってしても3日はかかるらしい)。
千兵衛の息子のターボくんは、故障したドラゴンレーダーの構造をひと目で理解し超能力で一瞬で修復。更に千兵衛の飛行機の部品から、数分でドラゴンレーダーを複製したが、これは彼がチートなので例外である。

後に

本来はそう簡単に見つからない筈のドラゴンボールだが、これにより容易に見つけることができたが、数十年の間に幾度もボールに願いを叶え続け、それが後の邪悪龍誕生の遠因になってしまう。古き時代にも同様の理由で宇宙が壊滅的被害を受けているのを認知している老界王神はブルマに対して叱責している。

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボールGT ドラゴンボール改

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴンレーダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 261310

コメント