ピクシブ百科事典

天界修業編

てんかいしゅぎょうへん

天界修業編とは、漫画『ドラゴンボール』のエピソードのひとつ。ピッコロ大魔王編の一部であり、ピッコロ大魔王を倒した後の話でもある。
目次[非表示]

概要

孫悟空がピッコロ大魔王を倒した後に仲間を生き返らせるために神龍を復活させる話である。3年間の出来事。

神龍はピッコロ大魔王に倒されているため、そのままでは幾ら待っても復活できない。
そこで悟空は、神様にお願いして神龍を復活させようと考えた。

神殿はカリン塔の上にあり、如意棒はそのためのアイテムだったことが判明。
そこで悟空はミスター・ポポと出会い、神様に会う為に試合させられるがポポに一度は敗北する。
しかし根性をみせたことで神様に気に入られ、特別に会うことが許され、修業することを条件に神龍も復活させてもらった。

ここでポポから気を読んで戦う技術や舞空術などを学び、精神と時の部屋で1ヶ月弱修業したようである。修業期間は3年ほど。

新しい登場人物


関連タグ

ドラゴンボール
宇宙の神々編 ・・・ポジション的に酷似している。但し世界観も物語の規模もこちらのほうが遥かに広い。

コメント