ピクシブ百科事典

未来マイ

みらいのまい

未来マイは、アニメ『ドラゴンボール超』「“未来”トランクス編」の未来パートのヒロイン。ピラフ一味の女部下・マイの、「ドラゴンボール」正史における姿である。
目次[非表示]

概要

未来マイとは、アニメ『ドラゴンボール超』「“未来”トランクス編」の未来パートに登場する方のマイピラフ一味の女部下)を指す。
ゴクウブラックに対抗する抵抗軍の中心人物であり、本章におけるヒロイン。

外見が若い理由は謎だったが、集英社のイベント「ジャンプビクトリーカーニバル2016」で配布された公式ガイドブック収録の読切漫画(とよたろう画)で経緯が判明。
ピッコロ人造人間に倒される数秒前にピラフ一味は神龍に「うんとうーんと若くしてくれ」と願い事を言ってしまい、ブルマ未来トランクス(赤ん坊)・悟飯(未来)が駆けつけた時には赤ん坊に。これが未来トランクスとマイの最初の出会い…だったとか。
つまり未来マイは現代のマイと同じく原作初期に出てきたマイ本人である。
なぜ現在、ピラフたちと共に行動していないかは不明(未来トランクスはピラフ、シュウの存在を知らなかったため、二人が再開した時には既にいなくなっていた模様)。

キャラデザインの変遷や過酷な世界観という事情もあるが、特徴的だった厚化粧をしておらず全体的に薄汚れた出で立ちで、ニット帽をかぶりショットガンを所持している。
身の危険を顧みずトランクスをサポートしてゴクウブラックに敢然と立ち向かうなど、世界征服のことは全く考えておらず、小悪党で精神年齢が幼い残念な美人だった本来の姿とは似ても似つかぬ性格になっており、口調も大人びて強い意志を持つ。一方で平穏時には優しげで柔和な笑みを浮かべる時も。
Vジャンプ連載の漫画版では、母ブルマを殺され泣き崩れるトランクスを、何も言わずそっと抱きしめ続けた。

敵以外には基本的に礼儀正しく敬語で接するトランクスがタメ口で話す唯一の相手。それだけで他のキャラと一線を画す存在感を醸し出し、なくてはならないパートナーとして、互いに支え合いながらブラックに決死の反抗を繰り広げていた。
しかし、圧倒的な力と窮状に徐々に追い詰められ、孫悟空たちの助力を得るべくトランクスと共にタイムマシンで過去に行くことを決断。
計画実行の直前にブラックの襲撃を受け、『人類の希望』であるトランクスに平和への願いを託しブラックに立ち向かい絶命したかと思われたが……。

実際には気絶だけで済んでおり、その後もトランクスの帰還を信じてゴクウブラックに立ち向かい続けていた。
そして、新たなレジスタンスの拠点で遂に過去から帰還したトランクスと再会を果たす。
大勢が犠牲になる中で救えた者は一握りしかおらず、守り抜けなかったことに悔恨の涙を流すが悟空には「おめぇはできることを全力でやった。恥じることはなんもねぇ」と労われ、子供たちを笑わせたトランクスからも「君の守った笑顔だ」と賛辞を受けた。
なお、敵対経験のあるはずの悟空にも頭を下げて礼儀正しく接するので、過去のことを一体どこまで憶えているのかは不明。
Vジャンプに連載されているドラゴンボール超により若返り前の記憶があることが明確になったため、脳年齢は70代、未来トランクスとの精神年齢差は40歳ほどある。


プロデューサーいわく「まさか(?)の大活躍をするマイにもぜひともご期待ください!!」とのこと。


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボール超 “未来”トランクス編
トランクス(ドラゴンボール) マイ(ドラゴンボール) 未来トランクス ゴクウブラック 

カップリング

トラマイ 未トラマイ 現トラマイ

pixivに投稿された作品 pixivで「未来マイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 128117

コメント