ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:平野正人

漫画『ドラゴンボール』“ピッコロ大魔王編”に登場する魔族の1人(厳密には本来の龍族のナメック星人の特徴である卵を産む能力が悪の力で変化したことで生まれたナメック星人の亜種であり、戦闘の役割を担わされていないことからナメック星人の分類では龍族に該当すると思われる)。

ピッコロ大魔王ピラフ一味によって封印から解き放たれ復活した際に最初に生みだした部下でプテラノドンのような顔をしており、大魔王の側近としての役割を担っている。体毛の無いナメック星人の大魔王から産み落とされた魔族だが、頭部には数本の毛のようなものが生えている。アニメでは長ズボンと靴の合間に見える足首に大魔王やナメック星人特有の筋のような模様が見えていた。

あくまでも大魔王の補佐としての役割を全うし、体型も魔族としては小柄で戦闘描写も皆無であったことも手伝い実力の程は不明だが、舞空術は使え、アニメでは王立防衛軍が打った嵐のような弾丸の中でも平然と無傷でピッコロ大魔王と共に歩いているシーンも存在しており、更に倒れた兵士のヘルメットを食べるように口でかじっていた。

戦闘要員ではなかった為ピッコロ大魔王の部下の中では最後まで生き残ったが、悟空とピッコロ大魔王との死闘の最中に吹き飛ばされた大魔王の巨体に潰され圧死するという呆気ない最期を遂げた(大魔王が原因で命を落としたが、後に神龍の「ピッコロ大魔王に殺された者を全員生き返らせる」という条件の願いで蘇生したか否かは不明)。

  • タンバリン:戦士型。クリリンを殺し、魔封波を会得する可能性のある格闘家たちを暗殺して回っていた。悟空により倒される。
  • シンバル:ドラゴン戦士型。ドラゴンボールを奪う為ヤジロベーを殺そうとして返り討ちにあい焼いて食われる。
  • ドラム:戦士型。天津飯を始末するためにピッコロが生んだ最後の魔族。天津飯には圧勝したが駆け付けた悟空に秒殺される。
  • マジュニア:戦士型にしてピッコロ大魔王が正式に「わが子」と称した後継者のため、末弟ながら部下として生まれた魔族たちより地位は上で、容姿も純粋なナメック星人と同じである。マジュニアも兄たちと違い大魔王のことを様付けせずに「父」と呼んでいる。悟空と対戦するも最終的には仲間となり、同じナメック星人のネイルや大魔王の直接の分身関係であった地球の神とも同化し、最強のナメック星人へと成長する。


関連項目

ドラゴンボール 魔族
腹心 秘書
バラモス - デザインがよく似ている。

関連記事

親記事

ピッコロ大魔王 ぴっころだいまおう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ピアノ(ドラゴンボール)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60

コメント