ピクシブ百科事典

私の戦闘力は53万です

わたしのせんとうりょくはごじゅうさんまんです

漫画「ドラゴンボール」の登場人物、フリーザの台詞である。

私の戦闘力は530000です
ですがもちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく…

概要

漫画「ドラゴンボール」のフリーザ(第一形態)が、自身の戦闘力ナメック星人の戦士・ネイルに告げた台詞
アニメでは「私の戦闘力『数』は530000です」となっている。

ちなみにこのネイルの戦闘力は42000。他のキャラの戦闘力も6ケタを超えたことは少なく(直前の回で悟空界王拳で180000、ギニューが120000という数値が出ている)、文字通り『ケタ外れの強さ』である。
「戦闘力」という数値が登場当初は3ケタ程度であったことを考えるとインフレと言わざるを得ない。
(フリーザの自己申告であるため、数値の真偽は不明ではあるが)

作中では、明確に数字が出たこれ以上の戦闘力は登場していない。
フリーザを打ち破った超サイヤ人悟空や変身後のフリーザ自身などからも分かる通り、53万以上の戦闘力は存在はしているのだが、フリーザを脅かすレベルの戦士に対してはスカウターが計測し切れずに故障・爆発しており、これ以上の数値の計測に成功したスカウターが無いのだ。
より高い戦闘力が測れる新型のスカウターが登場することもなく、その後は戦闘力を測るという概念自体がフェードアウトして行った。

なお公式設定ではフルパワーフリーザ(悟空との戦いで最終的に変貌したムッキムキの姿)が1億2千万とされている。スーパーサイヤ人になった悟空はこれを上回る1億5千万とされており、そこから先のセル魔人ブウはそもそも設定自体が無い。
あったとしても、上記のフリーザを「あの程度一撃で倒せる」とまで豪語した界王神が驚き役ポジションに納まっているほどなので、ブウ編のころのメインキャラクター達の戦闘力はいずれも億単位であるのは間違いないだろう。

フリーザ本人はかなり後、映画にてゴールデンフリーザとして再登場を果たす。ブウどころかさらにその先の先にまで到達した彼には戦闘力の設定があるとかないとか…?

この台詞が与えたインパクトは大きく、ドラゴンボールファンのみならず様々な層に浸透しており、このセリフをパロディ化した台詞がよくみられる。

主に格の違いを思い知らせてやる場合によく使われる。
時として女子力萌え力課金力だったりと、単位はいろいろ。

2016年、ユニバーサルスタジオジャパンのCMにて、フリーザ本人がこの記録を更新。一気に1万倍化した53億を宣告した。

フリーザ編よりもかなり後、魔人ブウ編にて「キリ」という単位が新たに登場した。
この時点での超サイヤ人悟空を「3000キリ」と計測する事ができているが、この計測を用いていたバビディ一味はブウ復活のためのエネルギー保持者の探索に用いていたことから、戦闘力というよりは単純にエネルギー量の数値の可能性もある。

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ
フリーザ 戦闘力 スカウター 53万
台詞 戦闘力…たったの5か…ゴミめ…

pixivに投稿された作品 pixivで「私の戦闘力は53万です」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 292950

コメント