ピクシブ百科事典

フランシュシュ

ふらんしゅしゅ

フランシュシュとは、アニメ『ゾンビランドサガ』に登場する架空のアイドルグループである。
目次[非表示]

概要

風前の灯火となった佐賀を救うために巽幸太郎が結成したご当地アイドルグループ。
メンバーは7人。実は全員ゾンビィだが、世間との衝突を避けるためにそれを隠して活動している。朽ちた体は、ライブの際には特殊メイクで生きた人間のような姿になっている。身バレを防ぐため、活動中は「ゾンビィ○号」のように番号を名乗っている(何号なのかはTシャツに描かれている)。

当初はメンバーのやる気も経験も、名前や曲調ですらバラバラだったためにまるでまとまりがなかったが、唐津駅前でのゲリラライブをきっかけに、少しずつではあるがアイドルとしての結束と士気が高まりつつある。

方針が固まる前は、ゾンビ的ハプニングの数々でウケが結果的に取れるというイロモノ路線だったが、正統派アイドルとしての方針を決めた後は、本人たちの技術相応に戻っている。

名前

第1話では「デス娘(仮)」、第2話では「グリーンフェイス」と毎回名前が変わっていたが、第3話でメンバーが話し合った結果、山田たえの案を採用し「フランシュシュ」に決定。
巽幸太郎のいない所で勝手に決めたが、特に後で反対されたりはしなかった模様。
(第4話の粗筋(=巽幸太郎の日記)によると、若干の不満が窺える。)

同話エンドクレジットより、EDの歌唱名義がメンバーの羅列から「フランシュシュ」に変更されたため、今後はこれで固定されるものと思われる。
OPも次話から「フランシュシュ」に変更されている。

由来はおそらく腐乱臭、あるいは同じく死から蘇ったフランケンシュタインフランケンシュタインの怪物)からであろうか。

プロデューサー

巽幸太郎

メンバー

源さくら以外、全員何らかの「伝説」を持っている。
享年は10代-20代だが、没年はバラバラである。

No.伝説名前メンバーカラー生年没年享年出身地死亡原因
1号源さくらピンク1991200817佐賀県交通事故
2号伝説の特攻隊長二階堂サキオレンジ1979199718佐賀県バイク転落死
3号伝説の平成のアイドル水野愛1992200816東京都落雷
4号伝説の昭和のアイドル紺野純子1964198319東京都飛行機事故
5号伝説の花魁ゆうぎり1863188219京都府(?)不明(※1)
6号伝説の天才子役星川リリィ黄色1999201112佐賀県精神性ショック死(※2)
0号伝説の山田たえ山田たえ??29不明不明

リーダーは二階堂サキ。
第3話でのリーダー決めの際にサキが立候補し、他に意見も出なかったため、そのまま決定した。とはいえ常にサキが中心というわけでもなく、レッスン時はグループ活動の経験が長い愛がリードしたり、日常生活ではさくらが世話役になったり、メンバー間の揉め事にはゆうぎりが仲裁や慰めに入る等、各自の得意分野を活かしてまとまっている。

なお、山田たえは「ようこそ佐賀へ」を除き歌唱には参加せず、ダンスメンバーとしての参加のみとなっている。
さくらのプロフィールは暫らく不明となっていたが、第11話にて初めて公開された。

(※1)首に一周する傷があるため斬首説が有力。
(※2)劇中では「精神性ショック死」と説明されている。しかし、生前の回想で、佐賀在住で過酷な女優活動をしていたことで目から生気がなくなり酷い隈を抱えるほどの過労状態であったことが描写されており、心臓発作を起こすような持病があった描写もないため死の大きな要因は過労にあると考えられる。なお、精神性ショック死の原因となった出来事については、ネタバレ回避のため本人の記事を参照。

舞台衣装 

番号入りTシャツ 

活動開始当初から物語中盤まで着用していた、それぞれの番号が入ったTシャツ。
幸太郎デザインで、2号 (サキ) と5号 (ゆうぎり) のものは漢数字、6号 (リリィ) のは平仮名、0号(たえ)はカタカナで書かれているなど、それなりにメンバーの個性も反映させている。

♫
ゾンビランドサガ
フランシュシュ
ゾンサガ凸凹コンビ


純愛コンビ
ゆうぎり
伝説の山田たえ



なお、幸太郎デザインのTシャツは他にも登場するが、ほとんどが「ダサい」と称されている。
しかも、それらは宣伝・物販用であり、舞台衣装の一点物であるこれとはわけが違うにしても、どうして売り物のデザインをミスるのであろうか…

【ゾンビランドサガ】ゴミみたいにダサいTシャツ発売まであと少し!


特に第5話で発表された最初期の宣伝Tシャツは劇中メンバー間での不評は勿論のこと(リリィ曰く「ゴミみたいにダサいTシャツ」)、印刷された「フランシュシュ」ロゴの「ュ」が「コ」に見えるフォントだったせいで、視聴者からは「フランシコシコ」と通称され、ファン界隈で無闇に下ネタを誘発する原因になったほどの失敗作であった。
ちなみに、このダサTシャツの模様、クリスタの標準素材で作れるレベルのものであることが視聴者の解析により明らかにされている (当該ツイート)。

アイドル衣装 (公式ホームページ) 

第7話のサガロックの大舞台参加に際し幸太郎が用意した赤を基調とした今どきのアイドル衣装。
それまで用意される衣装に悉くうなだれていた純子ですら紅潮するほど可愛いデザインで、これ以降はTシャツではなく本格的な舞台衣装として用いられるようになった。

死んでも夢を叶えたい
目覚めRETURNER



なお、本編登場以前から公式ホームページの「キャラクター」の項に描かれている衣装はコレだったため、pixivでは圧倒的にこのアイドル衣装のイラストが投稿されており、フランシュシュ全員がTシャツ衣装で集合しているイラストすらない。

アイドル衣装 (第8話)

リリィをメインに据えたミニライブで披露された新曲『To My Dearest』のための衣装。リリィ以外のメンバーは白のふんわりとした衣装を身に着ける。また、全員普段とは異なる髪型(リリィはポニーテール、リリィ以外は髪を下ろしてお下げ髪)となっており、印象がかなり違う。

To My Dearest
8話衣装



アイドル衣装 (第9話)

サキをメインに据えた新曲『特攻DANCE』で披露された衣装。全員ロングスカートのセーラー服というスケバンファッションに特攻服を羽織ったレディーススタイル。センターであるサキの衣装のみ、黒セーラーで特攻服も刺繍入り。

特攻DANCE!!
夜★露☆死★苦☆



アイドル衣装 (第12話)

第12話のアルピノ単独ライブで着用していた衣装。白い燕尾服にスカートをあわせたもの。

フランシュシュ
最終回



持ち歌

OP・ED 

アイドルものというよりは戦隊ものの主題歌を思わせる熱い昭和歌謡曲風の楽曲。
怪人と戦うフランシュシュとそれに合わせた効果音付きのオープニング映像とともに歌唱される。
第12話はOPがカットされたため、流れなかった。

  • 光へ (ED・第1話-第6話、第10話-第11話) 
OPとは打って変わって、学校の卒業式を思わせるような合唱曲風の楽曲。
実在する佐賀の観光スポットの水彩画の映像をバックに流される。
後述の通り、第7話、第8話、第9話および第12話ではそれぞれ目覚めRETURNER、To My Dearest、特攻DANCEおよびFLAGをはためかせろが劇中歌兼EDクレジット曲として用いられたため、流れなかった。

なお、上述のとおり、これらの楽曲の歌唱名義が「フランシュシュ」になったのはOPは4話~、EDは3話~である。それぞれOPとEDのみで、劇中では歌われなかったが、2018年12月15日に開催されたCygamesFes2018では、この2曲が生の声優たちによって歌唱された (しかも、徒花ネクロマンシーに至ってはアンコール含めると2回)。

劇中歌

  • ようこそ佐賀へ (第1話)

幸太郎がいつの間にか用意していた楽曲。アイドルらしからぬデスメタルで歌詞はうめき声と叫び声しかないが、エンドロールにタイトルが載っており、「作詞・作曲」がクレジットされている。
また、ダンスメンバーである山田たえが唯一歌唱に参加する楽曲でもある (シャウトしているだけではあるが)。

  • ヨミガエレ (第2話、第6話、第12話)
さくらがセンターを務める短調のアイドル曲。
元々は第2話のセカンドライブのために幸太郎が用意してきた曲であったが、たえが暴れたために一言歌っただけで中断。その後、第6話のチェキ会付きのミニライブでも歌唱されていたが、こちらも未クレジットであり、ちゃんと歌われたのは第12話が初であった。
ちなみに、作曲は本物のアイドル曲の作曲を手掛けている浅利進吾氏である。

  • DEAD or RAP!!! (第2話)
さくらとサキによる即興のラップバトル。
当然BGMは用意されていないので、幸太郎が急遽ヒューマンビートボックスを披露。ゆうぎりが三味線で合わせている。

第3話のゲリラライブのために幸太郎が用意していたアイドル曲。
ユニット名が「フランシュシュ」に決まってから初めての楽曲であり、第4話の温泉営業でも歌唱された。
第7話では雷を受けたことでエレクトリックなボイスになった彼女らによってED位置で歌唱された。
なお、フランシュシュとして初の歌唱曲は別にあったらしく、この曲は上記の第7話での歌唱のために用意されていたことがスタッフより明かされている。

  • ドライブイン鳥 (フランシュシュver.) (第5話)
佐賀県に実在する地鶏焼肉店・ドライブイン鳥のCMソング。第8話でもCMソングとして歌唱されたが、未クレジットであった。
なお、これのみオリジナル楽曲ではなく、本家のCMソングのカバーである。

  • アツクナレ (第6話、第7話)
第6話で幸太郎が用意してきた、愛と純子のソロパートが目玉のアイドル曲。
2人の実力ありきで準備されていたため、かなりの高難易度。

  • To My Dearest (第8話) 
第8話でリリィが実の父親への想いを届けるために用意されたバラード調の曲。セリフ調の歌詞が多い。劇中の描写より、リリィがフランシュシュの仲間の手を借りながら作詞し、最終的に幸太郎が楽曲に仕上げたものと思われる。
クレジットでは挿入歌扱いだったが、ED位置で歌唱されていた。

第9話で幸太郎が用意してきた、サキがメインボーカルを務めるヤンキー系ロックナンバー。舞台衣装はセーラー服に赤の特攻服、という典型的なレディーススタイル。他メンバーはコーラスのみの参加となる初の楽曲であった。
クレジットでは挿入歌扱いだったが、ED位置で歌唱されていた。
余談だが、特攻服の背中にはサキがチーム名決定の際に当てようとしていた漢字表記『腐乱臭衆』があしらわれている。
曲調や、第9話のあらすじ中の文句「ゾンビィのとこ、こないか?」から、ヤンキー系ロックバンド「氣志團」の影響が明白である(氣志團の代表曲「OneNightCarnival」のイントロ部分のセリフ「俺んとこ こないか?」のパロディ)。

  • FLAGをはためかせろ (第12話) 
第12話の単独ライブでファンのアンコールに応えて歌われた楽曲。
この曲もまた作詞・作曲を浅利進吾氏が手掛けている。

余談 

作中では「ゆうぎり>純子>愛≒リリィ>さくら≒サキ (たえの序列は不明)」の順に芸歴が長くライブやステージで安定感を魅せることが多い。
一方、中の人の芸歴で比較すると「たえ>>サキ>愛>リリィ>さくら>純子≒ゆうぎり」という位置関係になるため、声優が行う生ライブでは作中の関係が逆転し「ハプニングやムチャブリをものともせずMCも完璧にこなすサキ」「緊張から挨拶ひとつですらミスを連発する純子とゆうぎり」などの、本編では絶対に見られないであろう一枚が2018年12月15日に開催されたCygamesFes2018では見られた。

よろしく ヤンキー ポーズ --- !!


なお、この日、たえ役の三石は仕事の都合で不参加で手紙のみの出演だったが、その内容の深さに純子役の河瀬などは涙を抑えきれずにいた)。

関連項目

ゾンビランドサガ
デス娘(仮)
アイドル
ご当地アイドル
仮面女子 取材協力。元ネタの一つと思われる。

関連記事

親記事

ゾンビランドサガ ぞんびらんどさが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フランシュシュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1862527

コメント