ピクシブ百科事典

星川リリィ

ほしかわりりぃ

星川リリィとは、アニメ『ゾンビランドサガ』の登場人物である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

『 星野リリィ 』 ⇒ 実在する漫画家。「輪るピングドラム」のキャラクター原案なども担当。

「川」と星「野」違い。間違ってタグ付けされている作品が散見されるので注意。

プロフィール

名前星川リリィ
生年月日1999年10月6日
没年月日2011年11月30日
享年享年12歳
血液型AB型
身長130cm
体重31kg
スリーサイズB59/W54/H56(-)
趣味ぬいぐるみ、重機雑誌
好きな食べ物マヨネーズ、マスタード、ケチャップ
嫌いな食べ物もずく、ひじき
好きな色
CV田中美海


概要

ゾンビィ6号。フランシュシュの最年少メンバー。
生前は全チャンネルのゴールデン番組で主演を経験したという伝説の天才子役

年相応の天真爛漫な性格をしている一方で、大人の世界で揉まれたためか腹黒い一面も見せる。
子役時代の経験から物知りであり、特に重機が好き。休憩時間には重機雑誌や重機図鑑を読んでいる。

佐賀県出身で、生前は休みの日に父に神野公園に連れていってもらうことを懇願していた他、佐賀弁で話していた。ゾンビになってからは標準語で話す。
我が子の活躍を見守ろうとする父がマネージャーを務めてくれていたため、芸能活動を開始してからも上京せずそのまま父のいる佐賀を拠点としていたようだ。

容姿 

水色のツインテールで頭頂部に大きな星型の髪飾りをしており、服装は緑のブレザーとプリーツスカート。なお、この服装は子役時代にゴールデン主演を務めた際のドラマの衣装と同一である。
ゾンビ形態では心臓が常に飛び出しており(ハート型にデフォルメされている)、文字通りドキドキ脈打っている。なお、自力で収納することが可能で、メイク時には収めているが、極度の緊張状態だと抑え込めないこともあり、ビックリすると破裂してしまうことも(でもすぐ元に戻る)。
外傷を負わず逝去したため、フランシュシュのメンバーで唯一ゾンビ形態になっても傷痕もなく包帯も巻かず、前述の心臓が飛び出している以外は綺麗な身体を保っている。一方、動く際に生じる関節の軋む音はメンバーで一番大きい。
プロフィールにある通り、かなり小柄な体格をしているため、サキからは「ちんちく」と呼ばれている(ちんちくりんの略)。

洋館内ではレッスン時を除いてロメロを模したスリッパを履いていることが多く、就寝時はロメロを模した着ぐるみに着替える。
ちなみに頭の星型の飾りはとっても鋭利。叩きつけると床に刺さるくらい鋭利。(第11話参照)

激動の平成を生きた存在 

没年月日が2011年11月30日とメンバーの中で最も遅く、このため、没年が2番目に遅い愛ですら経験していない出来事を多数経験していることになる。
以下、愛の死後からリリィの死没までに起こった大きそうな出来事を各年ごとに記述。


また、このアニメについても十分履修可能だったことになる。

あすはわがみ
ゾンビランドサヤカ



関連イラスト

星川 リリィ
♡


ゾンビランドサガ
リリィちゃん



中の人ネタ

ガタリンピックのライダー(ニトクリス)



関連項目

ゾンビランドサガ フランシュシュ ちんちく
さくリリ サキリリ ゆうぎリリィ  

他作品


ネタバレ

この先、第8話の重大なネタバレがあります。ご注意下さい。





























































































さくら『えぇと…ごめんリリィちゃん……ちょっと色々わからんとけど……途中からたくさん出てきた正雄ってだれ?』

『……リリィが捨てた名前』

『あぁ……えぇ!?』『というわけで、リリィちゃんはまさおくんでした!』

実は男性で、本名は「豪 正雄(ごう まさお)[注]」。
本人はこの名を「捨てた」と語っており、芸名である「リリィ」を名乗っているが、トランスジェンダーなのか女装趣味なのかは不明。カミングアウト時は流石に驚かれたものの、メンバーからは「リリィちゃんはこれからも変わらずリリィちゃんである」と受け入れられた。
ちなみに容姿については早世した母譲りとのことで、女装した自身の姿に亡き母の面影を感じたいという想いがあったのでは?と視聴者からは推測されている。
実際、リリィの生前の普段着は亡き母の遺影と同デザインの衣類であった。

生前、リリィこと正雄は父・剛雄と二人で暮らしており、テレビを見ることが好きだった父を笑顔にさせたいと思ったことから芸能活動を始めた。
当初はテレビに映っている自分を見て喜んでいる父のことを嬉しく思っていたが、次第にリリィはマネージャーとなった父がテレビに映る「天才子役・星川リリィ」しか見ていないのではと思うようになってしまう。
そんな中で、リリィは身体の成長で体毛が生えてくるようになったことから、このまま「星川リリィ」ではいられないことに気づいてしまい、仕事に出ることを渋るようになってしまう。
そういった「大人になりたくない」という自分の意思に反してが生えてきたことに気付いたことによる精神的ショックで昏倒。自身の本名を呼び掛けながら抱きしめる父の腕の中で息を引き取った。

……と、それを聞いたサキが笑い転げるくらいにはギャグテイストで描かれ、サラッと流されたリリィの死因ではあるが、その後に入る父親視点での回想シーンにおいて目に酷いクマが出来ており、引きの一枚では疲労から生気のない瞳になっている姿が描写されていることから、極度の過労状態であったことが推測できる。
そこへ精神的ショックを受けて心臓麻痺で死亡、という理由であったなら、リリィの真の死因は事実上の過労死である
それは12歳のリリィにとって残酷なものであり、下手をすればその人生はメンバーの中でもトップクラスに過酷なものであった可能性もある。
実際、リリィは上記のようにテレビの全チャンネルで主演をしたという事なので、体の発育発達に伴っていない、かなりハードな仕事をこなしていた可能性が高い。
また、上述の通り芸能活動中も拠点は佐賀としていた描写があり、そのことも結果的にリリィの体力面への負担となっていたことが推測される。

ちなみに、

  • 重機が好き
  • 第4話で温泉行きを聞き、他のメンバーが喜ぶ中、一人だけ困ったような表情をしている
  • ドライブイン鳥での営業にてお土産が「肉かも?」と言われた時に、目の色が異常に変貌する
  • 公式サイトのイントロダクションにある年齢も性別も時代も超えてという一文
  • ユニットの水着イラストにて、1人だけ水着がズボンタイプで、上はTシャツのみ
  • 公式サイトのスリーサイズ表記でメンバー唯一バストのカップ表記が無い
  • 胡坐をかいて座っている場面がある
  • アイドル、花魁、レディースなど女性とわかるメンバーと違い子役としか表記されていない
  • リリィという言葉自体にも「女々しい男」「オカマ」の意味がある

などなど、その正体に関する伏線は少なからず張られており、第8話放送の数週間前から男性だと予測する視聴者も若干見られていた。
ちなみに世界で初めて性別適合手術を受けて男性から女性になった人物の女性名が「リリィ・エルベ」であるが、関連性は不明。

互いに心から愛し合っていながらも悲しいすれ違いによって死別してしまった親子関係、成長によって今の自分でいられなくなる恐怖、そして過労死と、リリィの抱えるバックボーンは第8話までに明かされた他のメンバーのそれと比べてもブッチギリで重いものである。
それを作中ではあまり感じさせないのは本人の明るさと製作陣の手腕故か。

ちなみに公式プロフィールの好き嫌い関係は第8話で少し理由が判明する。
リリィのショック死の直接の原因となった髭だが当初は弁当のひじきだと思って確認し手にとっていた。
それが原因なのか苦手な食べ物がひじき、もずく見た目が髭っぽい食べ物になっている。
また好きな食べ物である調味料は父が作った料理に添えられていたことが作中で描かれている。
不器用な父が作った手料理が本当に大好きだったのだろう。
さらに、上記の重機好きに加えて好きな色が黄色なのも「パピィが建設会社勤めだったときによく乗っていた重機が黄色のショベルカーだった」というのもあるのだろう。

ちなみに、成長も老化もせず永遠に現在の男性的特徴のない、母の容姿を受け継いだ愛らしい姿を保ち続けられることから、ゾンビィになったことは自我が戻った当初から前向きに受け入れていた。このため生前の「正雄」は捨てたものと見做し、自分は永遠のスターである「リリィ」であると解釈してゾンビィになってから佐賀弁を話さなくなったと考えられる。(それが結果的に剛雄に本人であると気付かれないことに役立ってるが。)
なお、脚の体毛を気にしているのか練習着やTシャツ衣装時には1人だけ靴下を履いている。

余談 

メイン回となる第8話でリリィの衝撃事実が明かされるとの情報から「男の娘説」が提唱され始めた頃、リリィの公式イラストからツインテールを削除したコラが視聴者によって作られ、その画像は控えめに見てショタとしか言いようがない内容となっていた→該当ツイート
ちなみに担当声優の田中氏は、設定を聞かされる段階でリリィの性別を知らされたとのこと(『アニメージュ』2019年1月号より)。

第8話のCM明けのBパートのアイキャッチはリリィが地面から生えるアスパラガスを見つめるというものであった(続・関連イラスト左上)。あのさぁ……

上記の事実が判明した第8話が放送された時期が時期だっただけに、放送直後は一部の業界から悲鳴が上がったとかなんとか。

また、第11話では就寝中にさくらに踏み潰されて「ふぎゃ!?」と奇声を上げていたが、それもそのはず…その位置は明らかに……女子にはこの痛みはわからないだろうに、なんて残酷なことを……。

スーパーマサオランド



なお、体は男なので当然アレがあるわけで、アレについては視聴者の間で「リリィのまさお」なんて呼ばれていたりする。

続・関連イラスト 

星川リリィ
センシティブな作品


星川リリィ
親子の絆よ永遠なれ



男の娘つながり 

6号ちゃんと3号くん



続・関連項目

男の娘 豪正雄 豪剛雄

他作品

関連記事

親記事

フランシュシュ ふらんしゅしゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「星川リリィ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5613064

コメント