ピクシブ百科事典

二階堂サキ

にかいどうさき

二階堂サキとは、アニメ『ゾンビランドサガ』の登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

名前二階堂サキ
生年月日1979年5月15日
没年月日1997年8月30日
享年享年18歳
血液型O型
身長153cm
体重45kg
スリーサイズB77/W54/H82(Cカップ)
趣味ゲーセン、たまごっち
好きな食べ物鶏肉
嫌いな食べ物甘いもの
好きな色オレンジ
CV田野アサミ


概要

フランシュシュのリーダー(自薦)。ゾンビィ2号。
世紀末、九州制覇を成し遂げた暴走族チーム「怒羅美(ドラミ)」の一員として、ライバル暴走族チームである殺女(コロスケ)と熾烈な抗争を繰り広げた、伝説の特攻隊長。(何故に藤子不二雄縛り……)
鏡山で「殺女」と決着をつけるべく、殺女総長とのチキンレースに挑み、バイクごと崖下に転落。「怒羅美」の総長であり親友でもある麗子が叫ぶ中、大破炎上したバイクと運命を共にした。
この際に負ったものと思われる大きな傷痕が右腕や右頬にある他、バイクの爆発炎上で負った火傷を隠すように服の下のほぼ全身に包帯が巻いている。

彼女のみ芸能と明らかに関係のない分野から抜擢されている (逆に、中の人はメンバー唯一のアイドル歌手出身であるが)。
しかし、マジでヤンキーがモテる佐賀においては不可欠なメンバーかもしれない。

自我を取り戻した当初は全国制覇の夢を叶えきれなかった事と、お気に入りだったたまごっちもできなくなった事にふてくされていたこともあり、巽幸太郎の指示に唯々諾々と従っているように見えたさくらが気に食わず、彼女に辛く当たっていた。しかし、ライブ中に吹っ切れたさくらの渾身のラップバトルを介して彼女の根性を知り和解、友人として認める。
その後は、さくらとともに行動することが多くなっており、メンバーをさくらがまとめ、サキが引っ張っていくという構図も見られる。

人物像

膝まである金髪をポニーテールにしており、瞳はオレンジ色。服装は赤のスカジャンにロングスカートで、就寝時は犬の柄のグリーンのジャージと赤いズボンを着用する。

絵に描いたようなヤンキー
「ぶっ殺すぞ!」が口癖で、目につく人間にはとりあえず因縁をつけ、どこ中かどうかで人を判断する。
反対に、生前の口癖は「アタシは絶対死なん!」だった(ゾンビとなった今では死ななくなったどころか、死ねなくなったが...)。

地元愛が深く、佐賀ローカルの仕事には人一倍やる気を見せる。特に、生前懇意にしていたドライブイン鳥のCMオファーには涙を流して喜んでいた。

没年が1997年だったため、当時人気の絶頂だったたまごっちが好き。自分と一緒にたまごっちも死んでしまったであろうことと、毎回おやじっちになっていたことが心残りになっている。なお、彼女自身が持っていた筐体は現代でも麗子に預けたままであり、麗子のバイクの鍵と共に20年たった現在でも大事に保管されている。

生前は特攻隊長だったためか、人の上に立ち、引っ張りたがる傾向にある。フランシュシュのリーダーも自分から買って出た。
それは自我が目覚める前からで、ファーストライブではその場に転がっていた拡声器を拾って叫びだし、オーディエンスを盛り上げたりしている。

源さくらの説教に対して即興のラップで対応したことから、ヒップホップにも造詣が深いようである。

ボロボロのゾンビが本気でやんなら



性格は良くも悪くも大雑把で、細かいことは気にしない質。考えることは苦手で、先に身体が動くタイプ。
ゾンビィバレについては当初ほとんど気にしておらず、逆に気にするメンバーを挑発するような行動を取っていた。本格始動後は公衆の面前でのゾンビィバレについては気にしているようだが、それでもこっそり温泉に行こうとするなど、問題行動が目立つ。
ただし、その破天荒な行動が、ゾンビィたちが現代の生活 (温泉・観光など) を堪能する火付け役になることでチームの親睦を深め、深刻に考え過ぎないメンタリティも手伝って、団結をより強固にすることも少なくない。

生前の「死ぬ気でやれば何でも出来る」というド根性が、ゾンビと化してからは転じて「死んでいるから何でも出来る」になっているため、不死身であることをいいことに常人なら命に関わるレベルの体を張った無茶をすることが多い。作中不死身ネタは予期せぬハプニングやアクシデントが多い中、自分の意思で不死身ネタをやらかすのはサキぐらいで(走行中の自動車から飛び降りる、単車で崖下に特攻する、毒キノコを食らう等)、当然ながらそれを見る周囲の者たちからは顰蹙を買うことが多い。

何かと仕切りたがりではあるが、リーダーシップ自体はきちんと持っており、純子がそれぞれの時代で違うアイドル観からケンカした際には、やきもきしつつもトラウマに怯える愛をなぐさめてケアしてやったり、普段からかっているリリィの生い立ちが明らかになった時も軽く笑い飛ばして受け容れるよう他のメンバーに呼び掛けたりするなど、リーダーとしてメンバー間でトラブルが起こらないよう気配りをする仲間想いな一面もある。

GoGoカミングアウトSAGA
サキちゃんと愛ちゃん



自らの死因に関してトラウマを持っており、それらが関わるとパニックに陥ることが多いメンバーの中で、サキ自身は自らの死因に関するトラウマを持っておらず、むしろ仲間を助ける為なら自身が死んだ事故を再現させるほどの根性を見せつけている (むしろまったく同じ構図で崖からバイクで飛び降りる様を見せられたかつての親友・麗子のトラウマを抉っている)。その上、死因を覚えていることを利用してバイクで崖から落ちる際、ハンドルから手を放して爆風に巻き込まれるのを回避してダメージを最小限に留める(その結果メイクが落ちてゾンビィバレすることがなかった)など、余裕を見せている。
第5話のガタリンピックにおける自転車レースでも特攻隊長らしく先陣を切って出場し「任しとけ!二輪じゃ負けんばい!」と自信満々であった (しかし、結果は惨敗であった)。
ちなみに麗子の回想でサキが死亡する場面ではブレーキ跡が無いため、元々サキはチキンレースで止まる気が無かった可能性が大いにある。
生前の口癖のように自分が死ぬなんて思ってなかったのか、チームの看板を背負う特攻隊長として後に引けなかったのか…
自身が無事で済まないと思ってなのか、チキンレース開始時にたまごっちを麗子に預けており、結果的に彼女の遺品となってしまった。

ジェネレーションギャップ 

生きていた時代が1979~1997年と20世紀なこともあり、アニメ本編でもめんたいロックやたまごっちなどの今では死語に近いコンテンツを推したりしている。
かといって、一応平成の世までは経験しているため、永き眠りについている間に文化や技術が著しく発展してしまった紺野純子よりは幾分かマシなのだが。

じぇねれーしょんぎゃっぷSAGA



むしろ20年間地元の土を踏んでいない(というか、地元の土に埋まっていた)せいか、変わりゆく街並みにショックを受ける方が多いのかもしれない。

地元民



余談 

プロフィール欄に「嫌いなもの:甘いもの」とあるが、第4話ではショーウインドーに並んだ佐賀のスイーツの数々に涎をたらしながらガラスに張り付く様子が描かれていた。

ひょっとして、「人間的に甘いやつ」が嫌いなだけか…?あるいは、生者でないゾンビィは食事を必要としないため、幸太郎に碌に食べさせてもらってないとかでよほど食に飢えていたとか…

関連イラスト

ゾンビランドサガ2
HELL YEAH!!


ゾンビランドサガベイベー
サキチャァアアアン



中の人ネタ

ゾンビランド七色ヶ丘
ぶっ殺すゾ



アイドルアニメ特有の、中の人をキャラに反映させたこんなものも…

よろしく ヤンキー ポーズ --- !!



関連タグ

ゾンビランドサガ フランシュシュ
暴走族 レディース
天吹麗子 天吹万梨阿 東鶴美沙
温泉ゾンビィ サキさく サキ愛 サキリリ

他作品

  • 向井拓海:別作品に登場するアイドルで、元・特攻隊長という経歴が同じ。ある部分を除いて・・・。

pixivに投稿された作品 pixivで「二階堂サキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4191351

コメント