ピクシブ百科事典

豪剛雄

ごうたけお

『ゾンビランドサガ』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:小山剛志

ゾンビランドサガ』8話に登場した人物。
2メートルをゆうに越えているであろう長身と常人の倍以上はありそうな肩幅を持つスキンヘッドの大男で、顔には左目をまたぐ大きな傷がある。
その外見から「そちら系統」と間違われやすい。

ネタバレ

この先、第8話の重大なネタバレがあります。ご注意下さい。


















正体は星川リリィ実父であり、早世した妻の忘れ形見である彼女を男手一つで育てていた。リリィの回想シーンで彼がリリィを“正雄”と呼んでいたため、星川リリィが実は芸名で、本名及び戸籍名は豪正雄であることをフランシュシュのメンバーが知るきっかけとなった。
かつてはテレビ好きだったが、些細なすれ違いの末にリリィ/正雄を死なせてしまった経験から、テレビを見ることを避けるようになった。このトラウマは職場にも伝えられていた。

ある日、サガジンに掲載された記事を見て、フランシュシュの6号が7年前に死んだ息子にあまりにも瓜二つなことから密かにフランシュシュのライブを追いかけるようになり、最終的には直接彼女らと接触できるチェキ会にまで姿を見せたことでメンバーに気づかれてしまう。

現れた当初はその風貌ゆえにサキから「ヤーさん」と間違われて蹴りを食らわされたが、本人は正真正銘のカタギであり、また温厚な性格でもあるため職場の同僚から怖がられることはない。
顔の傷はリリィの死後、哀しみに暮れたとき自ら顔を引っ掻いて出来たもの。
7年経った当初は無精で顔に影が入りやつれきっていたために度々不審者と間違われていた。(これは、妻と子を相次いで亡くしたことが原因で精神的ストレスで人相が変わったためであり、本来ならば後追い自殺してもおかしくなかったという見方もある)。しかし、リリィの歌を聴いて精気を取り戻し、再びテレビを観られる様になった。
息子の面影を感じる6号 (リリィ) を怖がらせたくない想いから一時はファンを辞めようとしていたが、最終的には陰ながら見守る方向で落ち着いたようだ。
その後もフランシュシュのライブには足を運んでいるようで、12話では7年前と同じ姿に戻っていた。

メンバーの過去をよく知る身近な人間、ましてや親族の登場は彼が初であり、これまでに「ゾンビだから」と物事を流す態度から一転して「生前の自分を知る過去の人間と会うことになる」「今でも何処かで自分達の死を悲しんでいる人がいる」ということをメンバーに知らしめた。特に、後者を発言したサキ本人は次の回で生前の友人(とその身内)に出会うことになる。
そして12話のCパートにて前者の可能性を危惧していたの予感が的中することになった。

職業 

現在は佐賀にある建設会社で働いているが、リリィの存命時には息子と一緒にいられる時間を増やすために彼(女)のマネージャーを務めていた。腕については不明だが、リリィが全チャンネルゴールデン主演という快挙を佐賀という辺境に住みながら達成できたことや、リリィが芸能界の裏事情にまでは詳しくないところから、それなりに敏腕なマネージメントはしていたと思われる。
しかしながら、彼(女)が売れるにつれてテレビの中の息子にばかり気が回るようになり、本当に些細なことをきっかけでショック死するほどまでに過労で衰弱させてしまった。

なお、同僚であると思われる天本が剛雄がテレビ嫌いになった理由を知っていたことや休日には息子を連れて重機展に足を運んでいたことから、マネージャーになる前も建設会社で働いていて、天本はその頃からの知り合いなのだろうと視聴者からは推察されている。

関連イラスト

親子の絆よ永遠なれ
ゾンビランドサガ「また笑って」


リリィとパピィ
ゾンビランドサガ 6号♡パピー


ちゃんと褒めてね
「いつか夢で」



関連タグ

ゾンビランドサガ 星川リリィ 涙腺崩壊

pixivに投稿された作品 pixivで「豪剛雄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70551

コメント