2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

モナ・リザご乱心アワード

もなりざごらんしんあわーど

YouTubeで展開されている動画チャンネル『モナ・リザの戯言』におけるオリジナル企画で、前身はモナ・リザ常識人ご乱心アワード。
目次[非表示]

概要

前身のモナ・リザ常識人ご乱心アワードでは、2020年9月5日にカラシが常識人で初めてDQNとしての片鱗を見せた状態でDQNを討伐しているが、当時は常識人のDQN行為が3回とあまり見られなかった。
その後の2021年4月22日にカイが初登場早々からDQN役と変わらない所業を見せているものの、更に後の2021年7月22日でヤナギが常識人初の闇堕ちというご乱心を見せてから常識人のDQN染みた言動が続出するようになった。
また、モブ系メインキャラもDQN染みた言動が目立つようになったのもあり、2022年からは常識人とモブ系メインキャラを対象として、モナ・リザご乱心アワードとして再出発することとなった。

モナ・リザ常識人ご乱心グループ2020・2021

モナ・リザ常識人ご乱心グループ2020・2021を参照。

モナ・リザご乱心グループ2022

メンバー

該当メンバー:10名+準メンバー1名+例外1組
ノミネート期限:2022年1月1日から12月31日まで

コピックコウジ


該当回1:『【漫画】謎の評価基準で態度をコロコロ…大好きな兄がニート判定された理由とは?(2022年1月6日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:ソラの愚痴を聞いていたフジを介する形で教育委員会に密告した後、ソラに事の経緯を告白する際、悪い顔になっていた。
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:DQNとしての片鱗を見せたとはいえ、コウジとフジの行動はエンジを担任を外すために教育委員会に密告した温情ある行為であるため。
原因となったDQN担当:エンジ
該当回2:『【漫画】私の王子様は●●でないと!理想を追い求めて夢の王子様を待ち続けた女の末路…(2022年2月6日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:フジに粘着していたクロハを警察に連行する際、不良のようにクロハを睨みつけ、ヤナギ共々クロハの王子様と名乗っていた。
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:そもそも、フジがクロハに粘着されたことに困っていたため。
原因となったDQN担当:クロハ
該当回3:『【漫画】女子高生を注意したら人生が一変!職を失い後ろ指さされる地獄の生活に陥る…(2022年2月23日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:飲食店で働いていたが、店内や店外で騒ぐDQN三人娘に注意したところ、3人は報復としてコウジがストーカーをしているように編集した動画を上げてしまい、これによって騒ぎとなり、コウジは仕事を失った上別の店にも採用してもらえなくなり人生の苦境に立たされ、DQN担当に見られがちだった再就職不能という破綻オチを常識人で初めて経験する。
DQN化レベル:アクシデントによるもの
結果:コウジ自身はノミネート外だが話の内容はノミネートあり
ノミネートした理由:三人娘からの報復を受けたがっているゲンとその仲間のテツから守り、彼らに三人娘への説教を自ら引き受けることを条件に収拾し、最後のオチで再就職を果たしたことでいい方向に進んだため、結果的にコウジ自身はノミネート外となったが、話の内容自体がノミネートする珍しい事例となった。
原因となったDQN担当:クロハ、ヒサメ、ワサビ
該当回4:『【漫画】「妊娠3ヶ月なの♪」大喜びした直後、彼女のまさかの発言で人生最大の絶望を味わうことに…(2022年3月25日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:彼女にしつこく浮気しないでねと念押しした結果その彼女までもDQNの片鱗を見せかけた。
DQN化レベル:しつこいうえに失礼な発言
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:たしかに失礼な発言をしつこく繰り返していたものの2021年10月23日とは違い変人化していないうえにそもそも元カノ裏切りによるトラウマが原因であるため。
原因となったDQN担当:クロハ、テツ、ワサビ、エンジ
該当回5:『【漫画】子供をエサに金銭を要求!明らかな脅迫にも関わらず誰にも相手にされなかったわけ…(2022年4月24日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:息子の担任にマッチョ写真を送って脅かしさらにマッチョ写真を連続して送った。
DQN化レベル:下手をすれば脅迫に当たる他ゲンをノイローゼにしかねない
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:ヒサメによる脅迫被害をスルーしたことをゲンにわからせるためにやった行為だったため。
原因となったDQN担当:ゲン・ヒサメ
該当回6:『【漫画】食に対するあまりの卑しさに家族がドン引き…寮生活で変貌を遂げた弟の末路(2022年7月7日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:他の寮生のことを考えず料理の奪い合いをした結果別の寮生をDQN化させた上に弱肉強食と称し元寮生ラーメンを食べ尽くしてしまった。
DQN化レベル:周囲への配慮が足りなさすぎるレベル
結果:ノミネートあり
ノミネートした理由:常識人やモブキャラに直接迷惑をかけている描写はなく元寮生のラーメンの食べ尽くしも元寮生が家族に迷惑をかけていた因果応報といえるが、譲り合い精神に欠けている事と配慮のなさが原因で元寮生をDQN化させたのは揺るぎない事実でありコウジ自身もDQNの片鱗が見られるため。
原因となったDQN担当:なし
該当回7:『【漫画】息子をジョニーと名付けた母親、海外への強すぎる憧れが原因でとんでもないことを頼んでしまう…(2022年7月11日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:(暴力はいけないと言いつつも)の養育費を求める際に不敵な笑みを浮かべながらバキバキと手を鳴らしていた。
DQN化レベル:下手をすれば恐喝に当たるレベル
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:幾ら養育費の請求が正当だったり妹が悪くても恐喝じみた行為をしてはいけないため。
原因となったDQN担当:DQNネームの少女の母(当回で初めて原因となった)
該当回8:『【漫画】執拗に追いかけ回してきた男「お前になんか興味ない」⇠目的が不明すぎて更にパニックに…(2022年7月27日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:の脅迫が原因だと知らずに女性不信に陥ってことが原因で、結婚したソラがゲンのストーカー行為に悩まされているという相談に乗らずに無視し、解決の際にゲンに妹へのストーカー行為を教唆した。
DQN化レベル:下手すれば女性不信になりかねないレベル
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:ソラを無視した後、ストーカーのゲンに恋愛相談を持ち掛け、妹へのストーカー行為を教唆するというやってはいけない行為をしたため、最後のオチでソラにプロレス技をかけられたのはある意味因果応報となった。
原因となったDQN担当:実行犯はゲンだが、おおもとの原因はクロハ
該当回9:『【漫画】「さぁ召し上がれ♪」優しい隣人の差し入れの正体に気づいてしまったら…(2022年8月3日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:野菜泥棒にライト付きのスマホを向けて怖い顔をしながら脅迫してきた。
DQN化レベル:下手すれば脅迫にあたるレベル
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:相手が泥棒でも脅迫をしてはいけないため
原因となったDQN担当:ワサビ
該当回10:『【漫画】夜中に突然「電気を消せ!」と怒鳴り込んできた地元民の目的がヤバい…(2022年8月18日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:迷惑な大学生への報復目的でライトアップをした。
DQN化レベル:下手すれば近所迷惑にあたるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外となった理由:ライトアップについては一応分別はついているため。
原因となったDQN担当:エンジ
該当回11:『【漫画】「孫が楽しみね〜♪」双子育児のプロフェッショナルだという旦那の母を訪ねたら…(2022年8月25日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:の飼い猫を最も高いペットホテルに預け50万ものホテル代を払わせた。
DQN化レベル:一種のDQN返しといえる
結果:ノミネート外
ノミネート外となった理由:母もソラとの約束を破っていたため。
原因となったDQN担当:クロハ
該当回12:『【漫画】ひったくりに生きがいを感じる極悪ニートが思いもよらない物を盗んだ結果…(2022年9月13日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:ひったくり犯がソラの飼い犬ウンコ袋をひったくった事で事故を起こして逮捕に繋がった事を讃えた際まるでソラがウンコしたみたいな言い方になった。
DQN化レベル:不用意な発言といえる。
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:不用意な発言だったものの過激なDQN行為とは言えないため、一見するとノミネート外に値する事案ではあるが、その直後にソラからの鉄拳制裁を受けたため、準ノミネートに格上げとなった。
原因となったDQN担当:(間接的には)テツ
該当回13:『【漫画】 「私、監視されてる!?」ある日突然アンチに絡まれ個人情報がばら撒かれたら…(2022年9月29日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:迷惑なアンチと化したソラのを懲らしめる為に弁護士のフリをして懲らしめようとした。
DQN化レベル:下手すれば脅迫と非弁行為にあたるレベル
結果:ノミネートあり
ノミネートした理由:非弁行為自体犯罪であるため。
原因となったDQN担当:テツ・ソラ・カスミ(ただし、後者の2人は常識人。)
該当回14:『【漫画】姪っ子のすねをかじることを公言する拗らせ系ニートの懲らしめ方…(2022年9月30日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:彼女であるソラの前で彼女のに陰口を叩いた。
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:陰口をたたいただけであるため。
原因となったDQN担当:テツ
該当回15:『【漫画】夫婦水入らずの時間を狙って凸してくる旦那がお世話になった隣人の正体…(2022年10月11日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:盗撮が発覚するまで隣人に甘い対応をしを困らせた。
DQN化レベル:夫として問題ありだといえる
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:一応最後は毅然としていたものの隣人の行為を止めないのは問題だといえるため。
原因となったDQN担当:クロハ
該当回16:『【漫画】嫁の不倫発覚…相手夫婦と話し合いの席を設けたらまさかの展開に!(2022年10月18日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:不倫したに「私はクズで汚くて最低の浮気女で~す」と何回も大声で言わせたほか刺激的と称し激辛カレーを食べさせた
DQN化レベル:DQN返しとしてはやりすぎなレベル
結果:ノミネートあり
ノミネートした理由:前者は強要にあたる可能性があるため(後者はフジやワサビにありがちな性質が原因だと思われる)
原因となったDQN担当:ヒサメ・エンジ・ボタン
判定不能回:『【漫画】コスパ重視!日用品の買い占めで荒稼ぎするクズ転売ヤーを再起不能にする方法…(2022年5月31日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:経済的に余裕がないのにも関わらず勝手にプラモを購入した。
DQN化レベル:本来なら起こってはいけないレベル
結果:判定不能
判定不能の理由:問題のプラモを購入したお金の出所が劇中では明かされていないため(コウジのお金で購入した場合は勿論ノミネート外だがもし家計で購入した場合はノミネートありの可能性が高い)。
原因となったDQN担当:なし
番外編1:『【漫画】非常識すぎる迷惑おばさんが住むマンションから引っ越したら粘着され新生活が地獄の日々に…(2022年6月1日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:引っ越す直前に共々不敵な笑みを浮かべていた。
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:そもそも不敵な笑みを浮かべていたのは近隣住民の嫌がらせによる怒りが原因であるため。
原因となったDQN担当:ワサビ
番外編2:『【漫画】待望の妊娠に大喜びしていた高齢夫婦、医者のある一言で完全に興味を失ってしまう…(2022年6月3日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:親友の父がトラブルを起こしてクビになった際、親友の義妹がふくよかな体型になったことを伝えたうえで、彼の妻が親友の家族に対してDQN返し(その中に親友の義妹をもっと太らせるよう間接的に教唆するものあった。)を提案するきっかけを作った。
DQN化レベル:DQN返しをすることを知らなかったがための偶然であるが、その偶然を一歩間違えれば親友の義妹の健康に問題を引き起こしかねないレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:親友の家族が親友を探していることを伝えただけであり、自身は知らなかったとはいえ、結果的に親友夫婦がDQN返しを決意するきっかけになったが、元をたどれば、親友の家族が親友を冷遇し、義妹を甘やかされていたことが原因であるため。さらに、DQN返しの中に親友が今後の連絡先と称して自身が経営するジムの連絡先が記された紙も含まれていたため、これを機に親友の義妹がダイエットすることを祈るばかりだ。
原因となったDQN担当:クロハ、テツ、ワサビ
備考:昨年では常識人の中でDQN化したのが3回でいずれもノミネートありか準ノミネートとなった。また、2022年7月7日の回のほかに2021年8月13日の回でもテツ絡みと周囲への配慮のなさが災いしてDQNの片鱗を見せていた

フジ×限りなく灰色描いてみた


該当回1:『【漫画】謎の評価基準で態度をコロコロ…大好きな兄がニート判定された理由とは?(2022年1月6日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:国会議事堂しか言えないフジはソラの愚痴を聞いていたため、事件解決後にコウジはフジからの密告でエンジを撃退したことを告げた途端、悪い顔になっていた。
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:ソラの愚痴を聞いていたとはいえ、エンジの行為に困っていたソラを救うためにコウジに密告した温情ある行為であるため。
原因となったDQN担当:エンジ
該当回2:『【漫画】人気ナンバー1の頼れる先輩のはずが…後輩の手作り弁当で全てを失ったワケ(2022年3月5日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:カスミと付き合っていたのを内緒にしていて良かったと言った際、不敵な笑みを浮かべていた。
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:ただ不敵な笑みを浮かべながらの発言だったため。
原因となったDQN担当:ゲン
該当回3:『【漫画】謎のサイトにハマる母親…家事や子供よりも優先したいほどのサイトとは?→そして真実を知った旦那は…(2022年3月31日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:との離婚を切り出す際不敵な笑みを浮かべながら言い、離婚後、「クソ嫁DEATHノート」にヒサメに対する悪口を書き込んだ。
DQN化レベル:あと一歩のところでDQNになりかけたレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:そもそも、ヒサメが「旦那DEATHノート」にフジの悪口を書き込んだことが発端だったためで、「旦那DEATHノート」をテツに見られたことでテツはフジに伝達し、前者はただただ笑みを浮かべる程度にとどまったが、後者で鬱憤の晴らすかの如くDQN化していたため。
原因となったDQN担当:ヒサメ
該当回4:『【漫画】待望の妊娠に大喜びしていた高齢夫婦、医者のある一言で完全に興味を失ってしまう…(2022年6月3日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:両親に手切れ金(実際はファミレスの割引き券)を渡した際に「お腹をすかせた大豚ちゃんにたくさん食べさせてあげてね」と書いた手紙も同封した。
DQN化レベル:一種のDQN返しといえる
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:そもそも両親がフジを冷遇し義妹を甘やかしていたのが原因だったため。
原因となったDQN担当:クロハ、テツ、ワサビ
該当回5:『【漫画】他人の恋心を弄んで大爆笑していた因縁のチャラ男から深夜に助けを求められたら…(2022年6月27日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:同級生にエントリーシートを書かされた際に終始悪い目つきで「はぁ?」としか言わずそのエントリーシートも同じ内容しか書いていなかった。
DQN化レベル:一種のDQN返しといえる
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:ただ悪い目つきのまま応対していただけでありそもそもエントリーシートは自分で書くべきであるためフジのDQN返し自体正当性があるため。
原因となったDQN担当:エンジ
該当回6:『【漫画】昨日まであった髪の毛を失った男!机の上に大量の髪の毛と置き手紙が…(2022年9月7日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:彼女が複数の男性と浮気していることをいいことに自分の髪の毛を坊主にされ、数か月後に浮気の事実を知り破局するも、親友の1人に糾弾され、逆に彼女の浮気の真実を突きつけ、親友の彼氏も浮気していると嘘をついて(後に真実であることが判明)仲たがいを引き起こし、去り際に暴言を吐いた。また、浮気目撃後に彼女のスマホを勝手に覗き込んだ。
DQN化レベル:一種のDQN返しといえるが名誉棄損にあたるほか途中プライバシー侵害にあたる行為もあった。
結果:ノミネートあり
ノミネートした理由:坊主にされた腹いせからか、浮気の真実を知ったことで復讐を決意したがための暴言であったものの無関係な同級生を(後に本当に浮気していたことが判明したものの)勝手に浮気者扱いした上に浮気の有無の確認の為とはいえ勝手にスマホを覗く等問題行為を繰り返していたため。因みに彼女の行為は傷害にあたりかねない行為でありDQN返しをするよりは警察に通報するほうが賢明だったといえる事案となった。原因となったDQN担当:クロハ(ワサビもある意味該当)
該当回7:『【漫画】親友社員が自称職場のマドンナのお眼鏡にかなってしまったら…(2022年10月26日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:先輩からなかば押し付けられたクッキーを(黒こげだったとはいえ)ダークマター扱いした。
DQN化レベル:失礼な発言だったといえる
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:発言自体は失礼とはいえヒサメもしつこくフジに迫っていたため。
原因となったDQN担当:ヒサメ
番外編1:『【漫画】子供が消える!?街で噂の鬼婆の調査に出向いたら…(2022年4月8日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:同級生に言われるがままに鬼婆の家に勝手に入った。
DQN化レベル:下手をすれば不法侵入に当たるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:不法侵入についてちゃんと謝罪したため。
原因となったDQN担当:クロハ、ゲン
番外編2:『【漫画】「僕のせいです…」大好きな祖父を亡くした孫、まさかの懺悔で衝撃の事実が…(2022年5月27日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:祖父に生意気な口をきいた。
DQN化レベル:冗談で済まされるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:生意気な発言自体冗談の域を出ないため。
原因となったDQN担当:なし
番外編3:『【漫画】婚約者の趣味を無理やり自分好みに変えようとしたら…(2022年10月30日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:義妹と協力し婚約者のコレクションを捨てたフリをして隠した
DQN化レベル:実際に処分していなかったためお咎め無しで済まされるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:婚約者に私物を処分された怒りを伝えるためにやったためであり実際に処分していなかったため(ただし本当に処分していた場合は準ノミネートかノミネートありの可能性が高い)
原因となったDQN担当:ヒサメ
判定不能回:『【漫画】「よくも妊娠させたわね!」身に覚えの無い疑いで育児を押し付けられた結果…(2022年2月20日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:リザ(クロハの飼い猫)が家の窓の近くに来た時に戸を開けて家に入れたことでモナ(両親の飼い猫で当時は去勢されていなかった)がリザを妊娠させてしまった可能性がある。
DQN化レベル:一見いたずらですまされそうだが子供とはいえ本来なら起こってはいけないレベル
結果:判定不能
判定不能の理由:動画内での状況からリザの妊娠の原因がモナの可能性が高いものの子猫のDNA鑑定などをした様子がなく確実な証拠がなく、天才児設定が多いフジとはいえ他所の猫を入れたことで自分の家の猫が妊娠させてしまう可能性を知らなかったようであり悪意を持って入れたわけでもなく子供ゆえの優しさからきた言動である。
原因となったDQN担当:クロハ
備考:昨年では天然ボケが原因でDQN行為を行っているが、純粋にDQN化したのは2020年11月23日以来。


70万人突破記念イラストのらくがき


該当回1:『【漫画】明らかに煙たがられた歓迎会!誰にも歓迎されてないのかと思いきや原因は思わぬところに…(2022年1月11日UP、モブ郎)
DQNの片鱗を見せた経緯:ソラがパートに入った初日に不機嫌そうな態度をとるなど終始ガラの悪い行動をした。
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:不機嫌そうな態度をとったのは、エンジがパートが1人入る度にクロハがママを務める高級スナックで歓迎会を開いていたため、しかし、自身がパートをやめたばかりに再度高級スナックで歓迎会を開いてしまうという事態を引き起こした。(ただし労働者には退職の自由が認められているし、何も連絡せずにバックレて消えたみたいな非常識な描写は一切無い)、同じく悪態気味だった同僚のワサビはモブ郎とは異なりソラに「貴方が(パートとして入ってくること自体が)嫌と言うわけではない」という事と、新人が入る度に支社長が馬鹿高いスナックで歓迎会をやり既存の従業員たちの出費が増えてしまうからだと理由を伝えフォローを入れている。
原因となったDQN担当:クロハ、エンジ
該当回2:『【漫画】自宅のイルミネーションで隣人の対抗意識を刺激してしまった結果…(2022年2月3日UP、モブ郎)
DQNの片鱗を見せた経緯:ヒサメが自ら作ったイルミネーションの漏電対策をしなかったせいで火事が起こった際にソラに責任転嫁しようとしたため、電気会社と共に漏電が原因と断定し、不良のような目つきで近隣住民からの苦情を淡々に言っていた。
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外の理由:そもそも、ヒサメがソラに対抗意識があったがために起こった火事であるため。
原因となったDQN担当:ヒサメ
該当回3:『【漫画】粗大ゴミが消える街…!?近所に住む漁りおばさんの異常な思考回路…(2022年2月22日UP、モブ子・モブ美)
DQNの片鱗を見せた経緯:ワサビが旅行に行くと嘘をついてソラをゴミ出しするよう仕向けた。
DQN化レベル:下手すれば偽証罪に当たるため
結果:ノミネート外
ノミネート外の理由:当のお二方はワサビがテツとクルミに成敗されるまで彼女の噓に全く気付いていなかったことと、モブ子自身もワサビの被害に遭っていたことが後日談で判明したため。
原因となったDQN担当:ワサビ
該当回4:『【漫画】突然の監禁!打ち合わせで案内された先で閉じ込められていた私…(2022年3月19日UP、モブ郎)
DQNの片鱗を見せた経緯:クロハの言うことを鵜呑みにしソラを不審者だとエンジに伝えていた。
DQN化レベル:証拠不充分なうえ浅慮な言動で精神的苦痛を被害者に与えた。
結果:ノミネートあり
ノミネートした理由:疑いがはれたあとエンジ共々ソラに謝罪していないため。
原因となったDQN担当:クロハ
該当回5:『【漫画】在宅ワークでゲーム三昧!サボりまくりの夫をゲーム内で観察したら…(2022年3月24日UP、モブ子)
DQNの片鱗を見せた経緯:既婚者のエンジと交際していた。
DQN化レベル:既婚者だと知らなかったのでおとがめなしで済まされるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外の理由:常識人担当らに懲らしめられた後のエンジの台詞(9分38秒の部分)から既婚者なのを隠して不特定多数の女性と不倫していたのが明らかにされているのに対し、モブ子が不倫なのを解ってて交際していると断言できるほどの描写が無いため。
原因となったDQN担当:エンジ
該当回6:『【漫画】「話だけ聞いてやるよ!芋野郎!」絶賛就活中の学生に立ちふさがった最悪の面接官…(2022年6月23日UP、モブ郎)
DQNの片鱗を見せた経緯:面接中の就活生母親を侮辱するテツを止めず圧迫面接が原因でクビになったテツに「ざまーみろ」と罵った。
DQN化レベル:後者はともかく前者は問題ありだといえる
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:テツを罵るだけなら「DQNとしての片鱗を見せる程度」の域を出ないが同じ面接官として目の前で人として最低な行為をするテツを止めなかった点は問題だったといえるため。
原因となったDQN担当:テツ
該当回7:『【漫画】「母さんの財布からも抜いてる」助けを求めてやってきた甥っ子に20万円貸したら…(2022年8月30日UP、モブ郎)
DQNの片鱗を見せた経緯:のお金を盗んでいた他助けてもらった叔父をなかなかのクズと心の中で侮辱した
DQN化レベル:前者は脅迫に屈したがためにお咎めなしで済まされるが後者は恩を仇で返しているといえる
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:前者に関しては同級生たちカツアゲされている事を考えるとやむを得なかったといえるものの実際にパチンカスだったとはいえ助けてくれた叔父を心の中でとはいえ侮辱する行為はとても褒められた事ではないため
原因となったDQN担当:前者はエンジとゲンだが後者はテツ
該当回8:『【漫画】娘と引き換えに大金を手にした銭ゲバ母と偶然再会したら…(2022年10月20日UP、モブ郎)
DQNの片鱗を見せた経緯:自分が開いたが売れなくなったときに従業員捨てた上にオチで羽振りがよくなった(実際にはよくなってなかった)ワサビをにおごらせようとした
DQN化レベル:後者はワサビの言い分を聞いたほうがよかったといえる
結果:ノミネートあり(ただし捨てたことに関しては判定不能)
ノミネートした理由:ワサビも通帳を確認しないなど悪い点があったものの無理やり高額なおごりに走るのは問題だといえるため(ただし捨てたことに関しては正式な整理解雇の手順を踏んていればノミネート外)ちなみにテツとワサビの離婚協議のシーンではワサビの不倫について触れられていたものの不倫相手がモブ郎だったのかどうかは不明
原因となったDQN担当:ワサビ
該当回9:『【漫画】赤ん坊を連れて消えた弟嫁とただ1人消息を知る兄の関係(2022年11月1日UP、モブ郎)
DQNの片鱗を見せた経緯:両親の言いなりになり妻(モブ美)を守らず辞職に追いやったり祝い金を父親のゴルフクラブ代にするために渡したり跡取り息子を欲している両親の前でを産んだ事に対して「父さんに謝ろう」と妻を労わない等典型的なエネ夫と化した
DQN化レベル:脅迫に屈していたとはいえ夫として失格なレベル
結果:ノミネートあり
ノミネートした理由:従わないと暴行されるなど両親の恐怖政治の被害にあっていた点など哀しき悪役の要素はあるものの妻を守らなかった点は夫として大問題であり離婚もやむなしだといえオチでグレるシーンも恥の上塗り同然でもあるため
原因となったDQN担当:テツ、ワサビ
要審議回1:『【漫画】浮気三昧のセレブ妻に将来の展望を語ったら…(2022年1月28日UP、モブ郎)
DQNの片鱗を見せた経緯:ヒサメと不倫関係になり更に口止めに同意していた。
DQN化レベル及び結果:要審議
要審議となった理由:口止めには同意していたものの彼自身はそれまでヒサメが既婚者かどうか知っていたかどうかは不明だが、困惑気味の表情と歯切れが良いとは言えない返事ぶりから既婚者なのを隠していた可能性が高い。
原因となったDQN担当:ヒサメ
要審議回2:『【漫画】10年ぶりに連絡してきた元旦那に子供たちと一緒に会いに行ったら…(2022年8月13日UP、モブ美・モブ子)
DQNの片鱗を見せた経緯:ゲンと不倫関係になった
DQN化レベル及び結果:要審議
要審議となった理由:ゲンが既婚者かどうか知っていたかどうかは不明であるため
原因となったDQN担当:ゲン
番外編1:『【漫画】夢を全否定された挙げ句に離婚を突きつけられた夫家族に偶然再開した結果…(2022年8月20日UP、モブ郎)
DQNの片鱗を見せた経緯:医師の指示に従わず薬を飲まなかった
DQN化レベル:下手をすれば自分自身の健康を害するレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:DQN行為というよりは不注意だといえるため
原因となったDQN担当:なし
備考:昨年ではモブ系3人組でDQN化したのはモブ子とモブ美の2人のみでモブ郎はDQN化しなかった。また、要審議回2に関しては奇しくも昨年のグランプリ回と同じく8月13日に投稿されていた

もなりざがーるず


該当回:『【漫画】最悪な方法でストレス発散を繰り返す女性、あまりの快感に沼ってしまう…(2022年1月22日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:カスミが経営するスーパーでストレス発散目的で横暴な振る舞いをするワサビへの怒りからソラはこっそりとワサビを嘲笑うかのような表情をし、カスミはこっそりと舌打ちをした。
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:ワサビの言動への怒りからDQNとしての片鱗を見せる程度だったため。
原因となったDQN担当:ワサビ
番外編1:『【漫画】人気ナンバー1の頼れる先輩のはずが…後輩の手作り弁当で全てを失ったワケ(2022年3月5日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:カスミがコウジに自分とフジの弁当を預けたものの、ゲンがフジの弁当に下剤を入れたことを知らずに、下剤を仕込んだ張本人であるゲンにカスミの弁当がうまいとの理由で催促する形でフジの弁当を食べさせ、彼に下剤を盛らせた。
DQN化レベル:ゲンが仕込んだことを知らなかったがための偶然といえるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外となった理由:そもそも、ゲンがカスミをストーキングしており、そのカスミとコウジが付き合っていると勘違いしたことが原因であったため。もし仮に、フジがいつも通り弁当を食べたり、フジが忙しすぎて弁当を食べなかったことでカスミが夕食で食べた場合は確実に下剤を盛られていたため、ある意味正当防衛となった。
原因となったDQN担当:ゲン
番外編2:『【漫画】子供が消える!?街で噂の鬼婆の調査に出向いたら…(2022年4月8日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:同級生に言われるがままに鬼婆の家に勝手に入った。
DQN化レベル:下手をすれば不法侵入に当たるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:不法侵入についてちゃんと謝罪したため。
原因となったDQN担当:クロハ、ゲン
備考:ソラは昨年でもDQN担当が原因でDQN化したことが4回あり、カスミは2021年10月30日の動画でもクロハへの怒りから舌打ちしたことがあった。

モナ・リザの戯言ソラちゃん


該当回1:『【漫画】「何これ…」同棲した途端に料理を全て手抜きだと全否定してくる彼氏の拗らせっぷりがヤバい…(2022年1月27日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:彼氏のゲンに自分が手間暇かけて作った料理を手抜きだと全否定されたことでやけ食いしたり、対話する事を放棄し一方的に別れた。
DQN化レベル:あと一歩のところでDQNになりかけたレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外の理由:ゲンの手抜き発言が原因でヒステリックかつDQN気味な態度が目立ったが、ゲンは最初の頃は褒めておいて同棲してから掌返しをした挙げ句に具体的な理由も述べず手抜き発言を繰り返したモラハラそのものでソラが詫びるよりゲンこそ詫びるべきであること、ソラの料理上手は自他共に認められていたこともあり、ゲンがDQN担当同士の合コンでも手抜き発言を連発したことでソラの実力を知るDQN三人娘の逆鱗に触れ成敗されているためソラはお咎めなしで済んだ。
原因となったDQN担当:ゲン
該当回2:『【漫画】「妊娠3ヶ月なの♪」大喜びした直後、彼女のまさかの発言で人生最大の絶望を味わうことに…(2022年3月25日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:彼氏にしつこく浮気しないでねと念押しされた結果「・・・・・・しつこいからしちゃおっかなぁ・・・」と浮気をほのめかす発言をしDQNの片鱗を見せた。
DQN化レベル:冗談で済まされるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:コウジもトラウマがあったとはいえしつこく失礼な発言をした上にソラ自身の発言も冗談の域を出ないため。
原因となったDQN担当:コウジ(原因となった人物の中で数少ない常識人。)・クロハ
該当回3:『【漫画】「あなたは一体…?」旦那とイチャつき家族同然のように暮らす女の正体がヤバい…(2022年4月27日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:自分に献身に尽くすをよそに義母夫の幼馴染の2人が自分を追い出そうとしていることを知り機嫌が悪くなった。
DQN化レベル:あと一歩のところでDQNになりかけたレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:そもそも、ソラがDQN化しかけたのは、義母のワサビが夫のゲンとその幼馴染のクロハと結婚させるための悪い計画であることを知ったため、2人に粘着されたソラだけでなく、2人の計画を知らなかったゲン自身もある意味被害者となった。ちなみに撃退前夜でゲンはクルミによるお説教を受けていた。
原因となったDQN担当:クロハ、ワサビ
該当回4:『【漫画】「話だけ聞いてやるよ!芋野郎!」絶賛就活中の学生に立ちふさがった最悪の面接官…(2022年6月23日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:テツの圧迫面接にキレて机を叩き壊した挙句、勝手に途中退席した。
DQN化レベル:下手をすれば器物破損に当たるレベル
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:テツの圧迫面接も酷かったとはいえ器物破損をするのはさすがにまずいと言えるため。
原因となったDQN担当:テツ
該当回5:『【漫画】旅行中に迷惑客に絡まれまくった結果、なぜか俺が彼女に避けられる緊急事態に…(2022年7月3日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:コウジとの旅行中に不倫カップルの迷惑行為に悩まされた挙句、お土産選びの際に好きなものを買わせないとおすすめをすすめられそうになったことで怒りが爆発し彼らに対して暴言を吐いた。
DQN化レベル:あと一歩のところでDQNになりかけたレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:そもそも、不倫カップルの2人の迷惑行為が発端であるため。旅行後、片割れのテツが間違えてコウジのカバンを手に取ったことでテツの妻に不倫が発覚することとなったうえに、不倫相手からも既婚者だと知らされていなかったことで見放された。最後のオチでソラがコウジに本性を知られたと思い込み距離を置いていたが、コウジによって不問にしたため結果的にいい方向に進んだ。
原因となったDQN担当:テツ(ワサビも該当するが、彼女の場合は前述の通り、テツが既婚者であることを知らされていなかったことが理由でテツを見放している。)
該当回6:『【漫画】母親に不信感を募らせた息子からの提案を受けてDNA鑑定を受けた結果…(2022年7月5日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:不貞夜遊びを繰り返したり父親を長年苦しめていた母親にキレた結果不敵な笑みを浮かべて母親に怒りをぶつけていた。
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:ただ不敵な笑みを浮かべていただけであり母親の悪事や問題行動もかなり酷かったため。
原因となったDQN担当:ヒサメ
該当回7:『【漫画】気がつけばすぐそこに!通勤電車でよく見かける相手と死闘を繰り広げた結果…(2022年7月28日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:不敵な笑みを浮かべながらゲンに詰め寄り脅迫じみた発言をし怯えさせた。
DQN化レベル:一種のDQN返しといえるが下手すれば脅迫にあたるレベル
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:先にゲンがソラに嫌がらせをしたのが原因だったためだが脅迫するのは問題があるといえるため。
原因となったDQN担当:ゲン
該当回8:『【漫画】「さぁ召し上がれ♪」優しい隣人の差し入れの正体に気づいてしまったら…(2022年8月3日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:野菜泥棒逆さ吊りにしつつおろし金を押し付けようとした。最後のオチでコウジが子作りしようと提案した際、「夫ごと刈り取るよ」と彼を脅した。
DQN化レベル:下手すれば暴行と脅迫にあたるレベル
結果:前者は準ノミネートだが、後者はノミネート外
一部準ノミネートとなった理由:前者の場合は相手が泥棒でも暴行や脅迫をしてはいけないため準ノミネートとなったが、後者はコウジに対する揺さぶり目的であったためノミネート外になっている。
原因となったDQN担当:前者はワサビ、後者は常識人のコウジ
該当回9:『【漫画】ただお洒落を楽しみたかっただけなのにパクリ野郎のレッテルを貼られた結果…(2022年8月9日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:親友のエンジがクロハの悪口からカスミを守った後、コンテストの出場できる可能性を見出したうえで口説こうとしたことでエンジに対し嫉妬の目を向けた。
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外となった理由:ソラがエンジに対して恋愛感情があることを仄めかすシーンがあったため。
原因となったDQN担当:エンジ(ただし、常識人としての出演のため、該当回のDQN役はクロハ)
該当回10:『【漫画】夜中に突然「電気を消せ!」と怒鳴り込んできた地元民の目的がヤバい…(2022年8月18日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:迷惑な大学生への報復目的でライトアップをしたり呪いをかけようとした
DQN化レベル:下手すれば近所迷惑にあたるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外となった理由:ライトアップについては一応分別はついており呪いについてもDQN行為といえるが罪に問われるようなことではないため
原因となったDQN担当:エンジ
該当回11:『【漫画】賃貸をバカにしてくるマイホーム勢の兄夫婦のウザさが尋常じゃない…(2022年8月31日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:義兄夫婦マウント取りに腹を立てに当たったり義実家の相続ができないことを知った義兄夫婦の慌てようを見て悪い顔になっていた
DQN化レベル:多種多様なDQNの片鱗を見せているレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:マウント取りに腹を立ててDQNの片鱗を見せていただけで実際にDQN行為をしている訳ではなくその義兄夫婦の前では仏の顔になり大らかに対応していた面もあったため
原因となったDQN担当:ゲン・クロハ
該当回12:『【漫画】「大事なペットが!」愛情を持って育てていたのに隣人の趣味で蹂躙されてしまった結果…(2022年9月9日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:不法侵入した上にペットのを勝手に釣ったりするを懲らしめようとする際に不敵な笑みを浮かべていたり巨大な魚を使ってゲンの釣り竿を折った
DQN化レベル:一種のDQN返しといえるものの下手をすれば器物破損に当たるレベル
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:DQN行為もひどいもののソラのDQN返しも法に触れる可能性があるため。ちなみに劇中飼っていた魚たちに魚料理の名前を付ける行為を視聴者からサイコパスだと指摘されるがDQN行為自体とは関係ないためそれだけなら番外編のノミネート外になると思われる
原因となったDQN担当:ゲン(反省し謝罪したもののテツも原因といえる)
該当回13:『【漫画】 「私、監視されてる!?」ある日突然アンチに絡まれ個人情報がばら撒かれたら…(2022年9月29日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:迷惑なアンチと化したを懲らしめる為に弁護士のフリをした彼氏を呼んだ。最後のオチでコウジに一目ぼれした親友を奇異の目で見ていた。
DQN化レベル:前者は下手すれば脅迫と非弁行為の教唆にあたるレベル、後者はDQNとしての片鱗を見せる程度
結果:前者はノミネートありだが、後者はノミネート外
一部ノミネートした理由:前者のケースは非弁行為自体犯罪であるためノミネートに値する事案となったが、後者は親友を奇異の目で見ているだけであるためノミネート外となった。
原因となったDQN担当:テツ
該当回14:『【漫画】彼氏におもちゃにされ続けた耐え難い生活から逃れたら…(2022年10月5日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:しつこくソラを脅かす彼氏への怒りから腹パンをしたり彼氏のスマホを投げ落としたりした。
DQN化レベル:一種のDQN返しといえるが下手すると暴行と器物破損に当たるレベル
結果:ノミネートあり
ノミネートした理由:彼氏もしつこくソラを脅かしていたり法律に触れる問題行動を繰り返してはいたもののDQN返しの限度を超えているうえに正当防衛にもならないため。
原因となったDQN担当:ゲン
該当回15:『【漫画】新入社員の夢を奪い見て見ぬ振りを続けたヤバい組織の末路…(2022年10月10日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:上司パワハラにキレた結果その上司を釘バットで殴った。
DQN化レベル:下手すれば殺人未遂にあたるレベル
結果:ノミネートあり
ノミネートした理由:ギャグ描写ではあるもののソラ自身も最悪殺人未遂で逮捕される危険があるため。
原因となったDQN担当:エンジ・テツ
該当回16:『【漫画】夫婦水入らずの時間を狙って凸してくる旦那がお世話になった隣人の正体…』(2022年10月11日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:隣人に馴れ馴れしい態度を取ることに辟易した結果に当たった
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:物にあたったもののそれがきっかけで隣人の悪事が判明したため
原因となったDQN担当:クロハ
該当回17:『【漫画】娘を溺愛し親戚中に自慢し続けて疎遠になったおじさんの末路…(2022年10月17日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:親戚の自慢話と自分といとこへの侮辱発言にキレて親戚を殴ろうとした。
DQN化レベル:(未遂に終わったものの)下手すれば暴行にあたるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:結局殴らずに終わったため。
原因となったDQN担当:ゲン
該当回18:『【漫画】「お前もう25だから別れるわ」無責任すぎる元カレと結婚相談所で遭遇したら(2022年11月14日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:婚約者の年齢差別発言と身勝手な婚約破棄にキレて婚約者にワインをかけた
DQN化レベル:下手すれば暴行にあたるレベル
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:婚約者も身勝手ではあるもののワインをかける行為も問題であるため
原因となったDQN担当:テツ
番外編1:『【漫画】在宅ワークでゲーム三昧!サボりまくりの夫をゲーム内で観察したら…(2022年3月24日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:モブ美がエンジが女子大生とナンパしているところを偶然目撃し、自身のアカウントが悪用していることを仄めかされたことによるショックで店の備品のトレーを真っ二つに割った。
DQN化レベル:下手をすれば器物破損に当たるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外の理由:器物破損をした際に、自身の給料から差し引いてくださいと自己宣告をしていたため、ノミネートされずに済んだが、元をただせば、エンジは浮気2回の前科を持つ根っからの女好きであることがそもそもの原因であるため。
原因となったDQN担当:エンジ
番外編2:『【漫画】働いたら負け!我こそは勝ち組だと信じて止まない中年ニートの末路…(2022年4月9日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:のゲームを壊そうとした。
DQN化レベル:一見器物破損に当たりそうだが実際に壊したわけではないのでおとがめなしで済まされるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:そもそのソラの行為自体兄を更生させるためのものでありそれが元で兄を更生したため。
原因となったDQN担当:テツ
番外編3:『【漫画】仲居さんが客室で目にした驚くべき光景とは…繁忙期の旅館で事件発生!?(2022年5月13日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:宿泊客の問題行為で部屋が使えなくなった時にその宿泊客に損害賠償を求めようとする女将弁護士に相談しようと提案した際にやりすぎだと発言した。
DQN化レベル:事なかれ主義が過ぎるレベル
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:実際にキャンセルが出て損害が出ているのに弁護士との相談をやりすぎというのは悪質な行為を増長しかねないため、常識人ご乱心グループ2020・2021時代も含めると初めて番外編で準ノミネートする事案になっている。
原因となったDQN担当:エンジ、ヒサメ
番外編4:『【漫画】結婚間近のOLが既婚者と2人きりの現場を押さえられたら…(2022年5月24日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:同僚共々モンスター化つつ不敵な笑みを浮かべながらヒサメに慰謝料を請求しようとした。
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:モンスター化していたとはいえただ不敵な笑みを浮かべながらの発言だけだったため。
原因となったDQN担当:ヒサメ
番外編5:『【漫画】非常識すぎる迷惑おばさんが住むマンションから引っ越したら粘着され新生活が地獄の日々に…(2022年6月1日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:引っ越す直前に共々不敵な笑みを浮かべていた。
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:そもそも不敵な笑みを浮かべていたのは近隣住民の嫌がらせによる怒りが原因であるため。
原因となったDQN担当:ワサビ
番外編6:『【漫画】「こんなモノいらないから」引っ越しの挨拶したら金を握らされぶっ飛んだ要求を突きつけられた…(2022年9月5日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:隣人一等地をせびられた事をに相談したらその母がDQN返しをし始めた。
DQN化レベル:DQN返しをすることを知らなかったがための偶然といえるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:ソラ自身DQN返しにかかわっていない上に母に相談しただけでDQN返しをする事自体知らなかったため(ただしその母が人を叩きのめすのが好きなことは知っていた)。
原因となったDQN担当:ワサビ
番外編7:『【漫画】何の相談もなく旦那の親孝行の餌食にされ続けた嫁の反逆(2022年10月2日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:勝手に両親を家に住まわせたへの怒りからに相談したらその母がDQN返し提案しを招きソラとの同居をはじめた。
DQN化レベル:DQN返しをすることを知らなかったがための偶然といえるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:DQN返しの発案自体は母でありソラ本人も少しやりすぎだと自覚しているためであるため。
原因となったDQN担当:テツ、エンジ、ワサビ
要審議回1:『【漫画】子供から金を巻き上げる最低な義妹が会計時に逮捕された理由wwwww(2022年6月13日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:義妹が拾って不正利用すると読んで自分のクレジットカードをわざと落としたり財布を見えるところに置いた。
DQN化レベル:下手をすればカードの利用規約違反に当たるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:カードの利用規約の事を考えるとやり方は悪いといえるがヒサメも散財してに多額の借金を背負わせたり家族のお金を盗んだり挙句の果てには(ソラ自身にとっては息子と娘)から投資と称しお年玉を巻き上げるなど金銭がらみの問題行動を繰り返していたためやむを得ずこのような行為に走ったといえるため。ただし今回は他にできる対処法が無かったため結果的にノミネート外になったが、もし他に対処法があったのに劇中の行動に走った場合は準ノミネートかノミネートありになった可能性が高い。
原因となったDQN担当:ヒサメ(ただしエンジやワサビもヒサメを甘やかしていた部分があった)
備考:2020年10月9日にもゲンの束縛と子猫への嫉妬が原因とはいえソラ自身にも問題点があった動画もあったが、ソラの交友関係にある人物がゲンを非難したことで結果的にお咎めなしとなっている。

個人的今日のハイライト! (2021.06.10)


該当回1:『【漫画】私の王子様は●●でないと!理想を追い求めて夢の王子様を待ち続けた女の末路…(2022年2月6日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:フジに粘着していたクロハを逮捕する際、不良のようにクロハを睨みつけていた。
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:そもそも、フジがクロハに粘着されたことに困っていたため。
原因となったDQN担当:クロハ
該当回2:『【漫画】「奥さんは潔白です!」興信所の調査結果に絶望した理由…(2022年8月14日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:の不貞を疑い勝手にスマホを覗き見た。
DQN化レベル:下手すればプライバシー侵害にあたるレベル
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:確かに疑わしい点が多い上に実際に浮気していたが夫婦といえどプライバシー侵害をするのは問題だといえる上に離婚調停になった際にヤナギのその行為が原因でヤナギ自身も不利になる可能性もある。
原因となったDQN担当:ヒサメ
該当回3:『【漫画】「盗まれたのは私!いいえ私!」被害者なのに加害者呼ばわりされ収拾のつかないカオスな事態に…(2022年8月23日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:乱闘シーン時にソラはヒサメと取っ組み合いになった際にヒサメの押さえつけてソラの暴行のアシストをした。
DQN化レベル:正当防衛の可能性が高い。
結果:ノミネート外
一部ノミネートした理由:暴行のアシストをしたとはいえ、窃盗犯達が反省を見せなかったことで堪忍袋の緒が切れたことが原因であるため。
原因となったDQN担当:ヒサメ・ワサビ
該当回4:『【漫画】何もかもが嘘になる?凶暴化した姑との生活を選択した旦那の覚悟が足りなすぎたら…(2022年9月10日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:エンジが姑(母親)介護に押し付けた事を聞いた際にエンジを羽交い絞めにして説教した。
DQN化レベル:下手すれば暴行にあたるレベル
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:エンジも問題があったとはいえ暴行するのは流石にまずいといえるため。
原因となったDQN担当:エンジ
番外編1:『【漫画】知らない大人に亡き父との思い出を踏みにじられたら…(2022年2月25日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:実家に帰ってきた息子のフィギュアなどの所有物を勝手に処分するを止めなかった。
DQN化レベル:息子に非があったとはいえ家族としてあってはならないレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:エンジの所有物を勝手に処分したクルミを止めなかったとはいえ、エンジが義娘に対して亡き実父との思い出を踏みにじるモラハラ染みた行為に及んでいたこと自体ヒサメから聞かされるまで全く知らなかったため。
原因となったDQN担当:エンジ、クルミ(原因となった人物の中で数少ない常識人。)
番外編2:『【漫画】上司から全社員に送られたメールの内容がヤバすぎてトラウマを抱える社員が続出…(2022年6月12日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:問題を起こす部下を野放しにしたことで他の部下トラウマを抱えさせた。
DQN化レベル:監督不行き届きだったといえるレベル
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:被害者達に謝罪した上ヤナギ自身は特にDQN化していなかったとはいえ監督不行き届き自体社長として問題があった上に劇中でも語られるとおり勤続年数で昇進が決まる時代錯誤な部分もあったため。
原因となったDQN担当:テツ
備考:昨年では常識人初のDQN役を務めたり、悪質なDQN行為を妄信した回もあった。

モナリザの戯言のクルミさん極道ver


該当回1:『【漫画】知らない大人に亡き父との思い出を踏みにじられたら…(2022年2月25日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:実家に帰ってきた息子のフィギュアなどの所有物を勝手に処分した上で金属製の釘バットを構えて脅していた。
DQN化レベル:下手すれば器物破損と脅迫にあたるレベル
結果:ノミネートあり
ノミネートした理由:エンジも義娘に対して亡き実父との思い出を踏みにじるモラハラ染みた行為に及んでいたが、素振りこそは見せていたものの実際に形見の人形を処分することは無かったがクルミは(ヒサメから聞かされたとはいえ)実際に処分しているように見える描写をされたため(実際は処分してなかったというオチはなかったため実際に処分した可能性が高い)道徳的にエンジが悪かろうが実行してしまった以上は法律的にクルミが悪いということになりかねないが、エンジはその件で反省しソラと和解したとはいえ、クルミは家族として一線を越えたといえる。もっともエンジは自身の自業自得と受け入れていたので損害賠償を請求する可能性は低いと思われるが、仮に訴えてもフィギュアに価値があるという描写は一切無かったので損害賠償が認められても微々たる額か取ることすら出来ない可能性がある。ちなみにフジの番外編3でも婚約者にカードゲームを勝手に捨てられた事からDQN返し目的でフジが同様の行為をしたかに思えたが実際は義妹に頼んで隠していただけであり実行はしていなかった
原因となったDQN担当:ヒサメ、エンジ
該当回2:『【漫画】息子夫婦にセカンドライフを邪魔された母親、前代未聞の抗議に打って出る…(2022年4月6日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:長男の嫁のクロハのガサツさにストレスがたまり、懲らしめるために風呂に入るのをやめた。
DQN化レベル:下手すればスメルハラスメントになる上に不衛生
結果:ノミネートあり
ノミネートした理由:本来なら多々注意しても改善しない長男夫婦を排除するために仕方なく実行したためノミネート外に値する事案だが、長男夫婦の台詞(その状態でスーパーなどに外出し近所で変な噂が立っている)から他所に迷惑をかけていた事が示唆されている。しかも、該当回自体がクルミの主役回であったことから、主役だからといってやって良いことと悪いことがあるといえる事案となった。また、動画内の様子から不衛生だったことがうかがい知れる。
原因となったDQN担当:クロハ、ゲン
該当回3:『【漫画】ハネムーンベイビー!大喜びする父と娘の正体に違和感を覚える母の末路…(2022年6月17日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:が将来浮気した事を考えながら釘バットを構えて脅していた。
DQN化レベル:下手すれば脅迫児童虐待にあたるレベル
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:確かに浮気は許されることではないが孫が将来浮気するかはまだ確定している訳ではない上に脅すのもやりすぎであるため。
原因となったDQN担当:ヒサメ
該当回4:『【漫画】福引きで当てたハワイ旅行をトメとコトメにプレゼントした嫁の策略wwwww(2022年7月4日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:小姑嫁いびりにキレた結果バイクに乗り鬼の形相になりながら釘バットを構えて脅していた。また、昔DQNだったことを思わせる発言も見られた。
DQN化レベル:下手すれば脅迫にあたる他過去にDQNだったと思わせる描写も見られる
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:幾ら相手に非があっても脅迫するのは問題があるといえるため。
原因となったDQN担当:ワサビ、ヒサメ(元ヤン時代については誰が原因だったかは不明)
該当回5:『【漫画】運動会がきっかけで娘が本当の娘ではない可能性が急浮上してしまった結果…(2022年9月12日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:不倫したを釘バットで殴り流血させた
DQN化レベル:明らかに殺人未遂
結果:ノミネートあり
ノミネートした理由:確かに不倫は許されない行為ではあるが釘バットで殴って流血させること自体大問題でありクルミ自身も殺人未遂で逮捕されかねないため
原因となったDQN担当:テツ
該当回6:『【漫画】妹に何もかも奪われる人生を歩んできた姉の決断(2022年10月9日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:親友の結婚式に出席時親友の婚約者問題行動をカミングアウトした。
DQN化レベル:一種のDQN返しといえるが下手すると名誉棄損にあたるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外となった理由:親友の妹と婚約者も人間性に問題大有りではあったものの名誉棄損するのは最悪クルミ自身も訴えられる危険性があるため、準ノミネートに相当する事案となるが、今回の場合は、親友の両親も新婦交代という強硬に出たことで親友の家族全員が真っ黒だったことが判明したためノミネート外となった。なお、クルミの名誉棄損上等な告白は一家を破滅するには一定の効果は出た模様。
原因となったDQN担当:ゲン、クロハ、エンジ、ヒサメ
該当回7:『【漫画】マスコミに狙われた我が子!家族の了承なくプライベートを晒されたら…(2022年11月6日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:マスコミ関係者への迷惑行為への報復のために庭にをしかけブランド物の靴を汚した
DQN化レベル:一種のDQN返しといえるが下手すると器物破損にあたるレベル
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:マスコミ関係者の迷惑行為自体問題があったもののクルミのDQN返し自体も法律に触れる危険性があるため
原因となったDQN担当:エンジ・テツ
番外編:『【漫画】最悪な方法でストレス発散を繰り返す女性、あまりの快感に沼ってしまう…(2022年1月22日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:カスミが経営するスーパーでストレス発散目的で横暴な振る舞いをするワサビに抗議する際、DQN担当に見られがちの顔になっていた。
DQN化レベル:明らかに作画ミスに当たるためおとがめなしで済まされるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:先述の作画ミスが主な理由であるため。
原因となったDQN担当:ワサビ
備考:クルミは昨年は準メンバーどまりであり、DQN担当による脅迫に屈して最悪な事態を引き起こしたものの、DQNとしての片鱗を見せてないことでお咎めなしになったことが理由となっており、初期の元ヤン役の動画(余談参照)やまだ登場していないツーブロックの謎の男性を除けば問題行動をしたりDQNの片鱗をみせていなかった唯一の常識人だったが、クルミ自身が明確にDQN化したのは2022年2月25日の回が初であり、クルミはこの回以前まではラノベ好きな中二病の息子ラノベ作家である妹の家に入り浸って無理難題を押し付けるつわりを仮病扱いする女性蔑視主義な息子弟嫁自分の嫁を労ろうとせずに後者を入院させる事態に追い込み、激怒した義両親を通じて離婚宣言されても、前者は妹の家への出禁、後者は絶縁、果てはカニ漁船送りで制裁を与えたが、息子の私物を処分する描写はなかった。また、2022年1月22日の回においては2019年に二回ほど元ヤンとして登場した動画があることから作画ミスのほかにも元ヤンの血が騒いだ可能性も否定できない。ちなみに2022年8月11日では作画ミスかどうかは不明だがソラもDQN担当に見られがちな顔でキレるシーンがあった

モチ&カスミちゃん


該当回1:『【漫画】「ちょっと旦那貸してくれない?」意味不明な申し出を断った結果…(2022年3月27日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:の脅迫に屈しを疲弊させたり共々危険に晒した事もあった。また、最終的にはその姉にも不敵な笑みを浮かべながらを撒いていた。
DQN化レベル:前者は脅迫に屈したがためにお咎めなしで済まされるが後者は下手すれば暴行か傷害にあたるレベル
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:脅迫に屈したことが原因であり最終的には姉に抵抗し娘と孫を守るためとはいえ顔面に塩を投げつけた点は最悪傷害にあたりかねない点もあるため
原因となったDQN担当:クロハ
該当回2:『【漫画】待望の妊娠に大喜びしていた高齢夫婦、医者のある一言で完全に興味を失ってしまう…(2022年6月3日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:DQN返しを提案した。
DQN化レベル:一種のDQN返しといえる
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:そもそも義両親が夫を冷遇し義妹を甘やかしていたのが原因だったことと、夫の親友から義家族の状況を夫に伝えたことがきっかけであるため。
原因となったDQN担当:クロハ、テツ、ワサビ
該当回3:『【漫画】エリート旦那の会社が倒産!絶望した夫が再就職した先で得ている給料がどうにも怪しい…(2022年7月16日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:離婚した元夫呪いをかけることを提案した。
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:呪いをかける事自体はDQN行為といえるが罪に問われるようなことではないため。
原因となったDQN担当:エンジ
該当回4:『【漫画】夜中に突然「電気を消せ!」と怒鳴り込んできた地元民の目的がヤバい…(2022年8月18日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:迷惑な大学生を懲らしめる目的で近隣住民呪いをかけさせるように藁人形を渡した
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:該当回3同様呪いをかける事自体はDQN行為といえるが罪に問われるようなことではないため。
原因となったDQN担当:エンジ
該当回5:『【漫画】「なんでこの人が俺の家に!?」偶然を装って近づいてきた非通知電話の正体がヤバい…(2022年9月6日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:パート社員に迫られている後輩に相談されたときにパート社員を呪うことを提案した
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:該当回3と4同様呪いをかける事自体はDQN行為といえるが罪に問われるようなことではないため。
原因となったDQN担当:クロハ
該当回6:『【漫画】ひったくりに生きがいを感じる極悪ニートが思いもよらない物を盗んだ結果…(2022年9月13日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:呪いの為にトンカチを買った
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外となった理由:該当回3・4・5同様呪いをかける事自体はDQN行為といえるが罪に問われるようなことではないため。
原因となったDQN担当:不明
該当回7:『【漫画】まだ幼い我が子がスーパーで堂々と高級肉を万引きしたら…(2022年9月15日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:序盤では働かない息子に対し甘やかしていた他その息子が万引きを教唆した事を知ってキレた結果五円玉手切れ金と称し顔に投げつけた
DQN化レベル:親として問題点が多い上に後者は下手すれば暴行にあたる
結果:ノミネートあり
ノミネートした理由:孫を犯罪に巻き込んだ事に怒りを露わにしたのはいいもののそもそも甘やかした事が原因で息子をニート化させた上に暴行も問題があるといえるため。ちなみに当動画のコメント欄にもカスミの言動に苦言を呈する視聴者も多かった
原因となったDQN担当:なし(後者は強いて言うとゲン)
該当回8:『【漫画】 「私、監視されてる!?」ある日突然アンチに絡まれ個人情報がばら撒かれたら…(2022年9月29日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:迷惑なアンチと化した息子を懲らしめる為に娘に弁護士のフリをして懲らしめることを提案した。
DQN化レベル:下手すれば脅迫と非弁行為の教唆にあたるレベル
結果:ノミネートあり
ノミネートした理由:非弁行為自体犯罪であるため。
原因となったDQN担当:テツ
番外編1:『【漫画】働いたら負け!我こそは勝ち組だと信じて止まない中年ニートの末路…(2022年4月9日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:長男の寂しさを紛らわす目的でゲームを与えたがその後愛情を注がなかったため彼のニート化の遠因になった。
DQN化レベル:親としての愛情に欠けていたといえるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:最後は反省し互いに和解したあと長男も更生したため。
原因となったDQN担当:テツ
備考:カスミは2020年11月8日にも不敵な笑みを浮かべた事がある他脅迫に屈したために最悪の事態を起こしかけたことについては昨年12月23日にクルミにもみられた

該当回1:『【漫画】部下に押し付け定時で帰宅…なぜか許されてしまう上司の懲らしめ方!(2022年3月28日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:エンジとテツがゲンをクビにする際、悪い顔をしながら残業の山をゲンに押し付けた。
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:そもそもゲンがソラとクルミに残業を押し付けて定時に帰宅したがために2人が体調を崩してしまったことが発端だったため。
原因となったDQN担当:ゲン
該当回2:『【漫画】旦那の家族を見捨てた嫁!?医者にも関わらず彼女がとった冷酷非道な対応とは…(2022年4月28日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:クルミの祖父母の病気を治してほしいとお願いしたのに専門外という理由で拒否され、ソラにもエンジを汚物を見るような目で担当医に聞けとのけ者にした。事件解決後にクルミはコウジと付き合っているソラに対し不敵な笑みを浮かべていた。
DQN化レベル:多種多様なDQNの片鱗を見せているレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外となった理由:そもそも、劇中で語られているとおり某闇医者某フリーランスの外科医のように何でも治せる医者は現実には存在しておらず、クルミとソラの言い分に正当性が認められるため。なお、事件解決後にエンジは元医学部のヒサメのアドバイスを鵜呑みにしたことで祖父母の容体が急変した。
原因となったDQN担当:エンジ、クロハ、ゲン、テツ
備考:3月28日の回はカラシが2021年12月12日以来約3か月半ぶりに登場した回だった。

もなたわのカラシちゃん


該当回1:『【漫画】結婚後に発覚した旦那の理不尽な家事要求!負けず嫌いな嫁がとったある行動とは…(2022年4月13日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:の離婚を手伝う際に「テツさんって味音痴?」と問いかけた際に一瞬嘲笑うような表情になっていた。
DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:そもそもテツのモラハラが妹を苦しめていたためでありその妹を救う為の行動だったため。
原因となったDQN担当:テツ
該当回2:『【漫画】賃貸をバカにしてくるマイホーム勢の兄夫婦のウザさが尋常じゃない…(2022年8月31日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:公園に遊びに行く際に「じゃあパパボールね」と父親をボールにしようとした
DQN化レベル:冗談で済まされるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:その発言自体冗談の域を出ないため
原因となったDQN担当:なし
備考:一番最初にDQNとしての片鱗を見せた常識人であり、2021年では最後の最後で見せていた。しかし、2022年に入ってからは全く登場していない状態が続き、前述の3月28日の回が2022年初の出演回であるため、メインキャラから外されたカイとレイを除く常識人の中で最後にDQNとしての片鱗を見せた。

モナ・リザの戯言三人娘


該当回1:『【漫画】優しい母が飛び出した実家で暮らす娘たちが母の壮絶な生い立ちを知ってしまったら…(2022年5月9日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:祖母の言動にキレた結果クルミはグレてしまった他祖父の前でソラ・クルミ両者が不敵な笑みを浮かべながら「あの人のように尻に敷いちゃうかもね」と脅すような発言をし祖父を怖がらせていた。ほかに、母のカスミは不敵の笑みを浮かべながら、猫のドキュンを自身の三女と称したうえでワサビから取り上げた。
DQN化レベル:多種多様なDQNの片鱗を見せている他クルミは明確にDQN化した。
結果:ノミネート外
ノミネート外となった理由:クルミは明確にDQN化したとはいえ分別は弁えておりソラとの発言も冗談の域はなく、カスミに至っては飼い猫がワサビと一緒に住むと悪影響を及ぼすと懸念したうえで温情ある行為をとったため。
原因となったDQN担当:ワサビ
該当回2:『【漫画】「盗まれたのは私!いいえ私!」被害者なのに加害者呼ばわりされ収拾のつかないカオスな事態に…(2022年8月23日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:乱闘シーン時にソラはヒサメと取っ組み合いになった際にメドゥーサ化したヒサメの鼻の中に指を突っ込み、クルミは窃盗犯達釘バットを振り上げながら飛びかかり、カスミに至っては「もう呪うしかない」と言い窃盗犯達に呪いをかけようとした。
DQN化レベル:多種多様なDQNの片鱗を見せるレベル(カスミはDQNの片鱗を見せる程度だが、ソラは正当防衛の可能性が高く、クルミに至っては下手すれば殺人未遂にあたるレベルだった。
結果:クルミはノミネートありだが、ソラとカスミはノミネート外
一部ノミネートした理由:クルミのケースは一種のギャグ描写の上に幾ら相手に非があっても釘バットを振り上げながら飛びかかるのは大問題であり最悪殺人未遂でクルミ自身も逮捕される危険性があるためノミネートありの事案になったが、ソラのケースはヒサメもソラの髪を引っ張るなど暴行しており、カスミのケースに至っては呪いをかける事自体はDQN行為といえるが罪に問われるようなことではないためそれぞれノミネート外となった。
原因となったDQN担当:ヒサメ・ワサビ
備考:2022年5月9日の回はクルミが2019年以来久々の元ヤン役だったほか、常識人三人娘が揃ってDQN化した初のケースとなった。

該当回1:『【漫画】密かに恋心を抱いていた先輩に無理やり家に連れ込まれ要求された事…(2022年7月20日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:テニス部の部長のストーカー行為に悩まされたことで、彼の家事代行の際、脅迫まがいなことでスパルタ指導をした。
DQN化レベル:下手すれば脅迫にあたるレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外となった理由:ソラがゲンのストーカー行為に悩まされていたことが原因だったため。
原因となったDQN担当:ゲン
該当回2:『【漫画】警察を呼んでも動じない無断駐車のキチママが現れて半年!ついに限界を迎える…(2022年8月5日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:駐車場代をケチるために半年間違法に駐車するボスママにお灸をすえるために、塾の先生のフジと結託し、ボスママをフジに足止めさせたうえで、鎖の施錠や裏道の出口のポールに三角コーンをかぶせて逃げ道をなくし、ボスママの車を破損させた。破損後、ヤナギが不敵な笑みを浮かべながら鑑賞会を開いた。
DQN化レベル:前者は下手すれば器物損壊に当たるレベル、後者はDQNの片鱗を見せる程度
結果:前者はノミネートありだが、後者とフジはノミネート外
一部ノミネートした理由:違法駐車を止めるためとはいえ、車を修理に出すほどの器物損壊をやってはいけないため、ノミネートありとなったが、ヤナギが不敵な笑みを浮かべたこととフジ自身は器物損壊にかかわっていないためノミネート外となっている。
原因となったDQN担当:ヒサメ

ヤナクルに私服着せてみた~


該当回1:『【漫画】「さぁ召し上がれ♪」優しい隣人の差し入れの正体に気づいてしまったら…(2022年8月3日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:2人そろって野菜泥棒を奇異の目で見ながら脅迫してきた。
DQN化レベル:下手すれば脅迫にあたるレベル
結果:準ノミネート
準ノミネートとなった理由:相手が泥棒でも脅迫をしてはいけないため。
原因となったDQN担当:ワサビ
該当回2:『【漫画】年の離れた妹に結婚することを伝えたら数日後に行方不明に…!(2022年10月23日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:クルミは長女婚約者を一目見たときから鼻血を出したり鼻の下伸ばしたり目をハートにしてヤナギを困惑させた他ヤナギはいい男を連れてくるのはやっぱり変だと言いクルミは次女共々ヤナギの発言に同意し長女の機嫌を損ねた
DQN化レベル:クルミは浮気性の片鱗が見られる他ヤナギ(と次女)は不用意な発言をしてしまっていた
結果:クルミは準ノミネートでヤナギはノミネート外
準ノミネートとなった理由:ヤナギはまだ不用意な発言程度で済まされるがクルミの浮気性自体は問題ありだといえるため
原因となったDQN担当:エンジ
備考:2022年8月3日の回はヤナクルだけでなくコウソラの2人もDQN化したため、登場した常識人全員がワサビのDQN行為が原因でDQN化したカオス回となった。

該当回1:『【【漫画】「絶対に認めん!」親族の顔合わせで彼女の父親が大激怒!取り返しのつかない大失態とは…(2022年9月20日UP)
DQNの片鱗を見せた経緯:ソラがヤナギとエンジに釘バットを渡した結果ヤナギの義両親(エンジの両親)を釘バットで殴った。
DQN化レベル:下手をすれば殺人未遂に当たるレベル
結果:ノミネートあり
ノミネートした理由:相手が悪い上にギャグ描写とはいえ動画の状況からソラは釘バットを渡すとそれで殴り掛かると知りながらヤナギとエンジに渡しヤナギはエンジ共々実際に釘バットで娘の義両親を殴っているため最悪殺人未遂でヤナギとソラ(とエンジ)自身も逮捕される危険性があるため
原因となったDQN担当:ゲン・クロハ

準メンバー

灰白色の彼


被害の内容:レイが初登場した後にカイやレイの登場を増やすために他のキャラの出番を減らすことを要求する1人の悪質なファンの存在が原因で運営の逆鱗に触れ、出番が少なくなった。
DQN化レベル:カイ自身は何も知らなかったが故に出番がなくなったことによる悪質レベル
結果:カイ自身はノミネート外だが、内容的にノミネートあり
ノミネートした理由:カイは特定の登場条件を持つカラシとは異なり、クロハ・ゲンの2人との因縁こそあるものの条件が緩く、登場数を稼ぎやすいキャラクターだったが、ほかのキャラの出番を減らす要求をする1人の悪質なファンが原因で一時脱退に追い込んでしまったため、ノミネートに値する事案となったが、カイ自身はノミネート外であり、2022年5月18日に晴れて登場自粛明けを果たしているが、同年8月10日に単発キャラ制度の廃止によりメインキャラを事実上脱退したため、本年をもってグループを脱退する予定。
備考:昨年ではクルミ同様準メンバーどまりであるが、初登場して早々に2回もDQN化しており、内、初登場回では準ノミネートとなった。

例外

  • 運営サイド

該当回1:『【漫画】原因は理不尽な○○!突然テストの成績が下がりまくったワケ…(2022年1月1日UP)
やらかした経緯:漫画の内容自体は常識人のDQN化は見られなかったものの、運営側が予約投稿の設定ミスで日付が変わった翌1月2日の0時に動画がアップしてしまう事態を起こした。
DQN化レベル:本来なら起こってはいけないレベル
結果:ノミネート外
該当回2:『【漫画】下校中に無理やり…女子高生の補聴器が狙われたワケ(2022年2月27日UP)
やらかした経緯:漫画の内容自体は常識人のDQN化は見られなかったものの、運営側が1度目同様のミスを犯し翌2月28日の0時に動画がアップしてしまう事態を起こした。
DQN化レベル:本来なら起こってはいけないレベル
結果:ノミネート外
該当回2つがノミネート外になった理由:いずれもその日の19時に予定通り公開した際に、運営側が謝罪したことと、視聴者からは前向きに受け止めてくれたため。
該当回3:『【漫画】エリート旦那の会社が倒産!絶望した夫が再就職した先で得ている給料がどうにも怪しい…(2022年7月16日UP)
やらかした経緯:最後のオチでMQN教の教祖のテツが登場したことから、直近に起こった元首相が暗殺された事件を連想すると苦言を呈する視聴者も存在する事態に陥った。
DQN化レベル:公開のタイミング的に間が悪いレベル
結果:ノミネート外
ノミネート外になった理由:投稿してしまった運営が迂闊であったとはいえ、作画スタッフ数名が作成時期は大分前で時勢を狙った訳ではないと運営を擁護するなど弁明をしたため。
備考:毎日公開しているからか、これらの回以前にも絵を入れ忘れているシーンや声優が登場人物の声を間違えている回が有ったり、その後(2022年1月31日公開と2022年2月22日公開)も動画内容と概要欄説明が一致してなかったり、参考画像の消し忘れ、Twitterで投稿を告知したのに非公開なままやTwitterでの通知時に違う動画を投稿してまったミス、同年6月4日と6月5日と2日連続でせっかく投稿したのに投稿時間にTwitter告知をしておらず(5日は20分遅れでツイート)、5日に至っては投稿直後の概要欄が真っ白けというミスのおまけ付きであった、同年10月5日にサブチャンネルに動画を投稿したのに公式Twitterのリンクから再生かサブチャンネルのマイリスト「スカッと」を経由しないと見られない状態になっていたせいで1日経っても再生数が50にすら到達していない有り様であった。
他に8月14日ではキャラクターの顔アイコンを間違っているシーンがあった。また、2022年7月6日では貧乏人を馬鹿にしているような描写があると視聴者に指摘された。

脱退者

レイ×幽霊ダンス 描いてみた


脱退事由:レイが初登場した後にカイやレイの登場を増やすために他のキャラの出番を減らすことを要求する1人の悪質なファンの存在が原因で運営の逆鱗に触れ、出番が少なくなった。
DQN化レベル:レイ自身は何も知らなかったが故に出番がなくなったことによる悪質レベル
結果:レイ自身はノミネート外だが、内容的にノミネートあり
ノミネートした理由:レイは特定の登場条件を持つカラシとは異なり、クロハ・ゲンの2人との因縁こそあるものの条件が緩く、登場数を稼ぎやすいキャラクターだったが、ほかのキャラの出番を減らす要求をする1人の悪質なファンが原因でそれも叶わず、前年のご乱心アワードに参加したものの、悪質なファンのせいで脱退に追い込んでしまったため、ノミネートに値する事案となった。

グランプリ関連(暫定)

  • ご乱心アワード2022グランプリ回:8月23日公開分


余談

  • カイの初登場時と二度目の登場時の言動から当チャンネル初の中立キャラになるのでは?と考える視聴者も多かったが彼自身もまだ数えるほどしか登場していない(これには、初登場の1回しか登場していないレイにも言えることだが、彼女の場合はカイのケースと異なり、DQNに洗脳教育の影響でDQN行為を働いたため、初めから常識人側であることがはっきりしている。)ので現時点でははっきりしていない。そのため、DQNとしての片鱗を見せた常識人の中で唯一準メンバーとなり、同じ常識人のクルミはカイと同じ準メンバーとなったが、彼女の場合、DQNとしての片鱗をいっさい見せてなかった上に、DQN担当による脅迫が原因で最悪な事態に発展していたことが理由だった。
  • 上記のように2021年に常識人の問題行為が悪目立ちしているものの初期の頃も常識人男性陣全員ヒサメのぶりっ子を擁護していたりソラに(主に髪形を馬鹿にするなどの形で)冷たくあしらうこともあったり(特にコウジは両方ともやらかしていた)クルミも二度に渡って元ヤン役(彼女が現在でもキレた時やDQN討伐時に釘バットを持ち出すきっかけになったと思われる)で登場していたりソラ(この動画ではコウジも)もDQN返しをした事もありコウジヤナギ報復の仕方の悪さを視聴者から問題視された事もあったりフジがクロハに辛辣極まりない発言をしていた。事やヤナギがの嫁いびり被害にキレた結果親戚たちと協力し娘婿傷害にあたりかねない制裁をしたこともある等(キャラクターが定まっていなかったこともあってか)常識人の問題行為もしばし見られた。
  • DQNの片鱗を見せてこそいなかったがソラカスミは緊迫した状況下ではDQNがよくやっていた連続チャイム&ドア叩きをしたこともあった。 先述のフジ・カスミ・ソラの不法侵入やクルミ・ソラの器物破損や2019年に見られたヤナギの傷害等といった法律に反するような形でご乱心したりする事もたまに見られるが2022年6月4日の動画ではゆっくり化したコウジが「法律を守ってDQNをやっつけよう」と発言し法律を守る事の大切さを語るシーンがあった。
  • 擁護するなら行為そのものは褒められた事ではないが、ソラの別荘の外壁を勝手に塗り替えをするなど数々のDQN行為をしたコウジ・濡れ衣を着せたカイ・不自然なレベルの虚偽の交通違反を妄信したヤナギ・疑っておいて謝罪しなかったモブ系3人組・ネットゲーム内でマナー違反を繰り返したパティーナ息子も非があったとはいえ器物破損や脅迫といった法律に触れる行動をしたクルミ・同じく器物破損をしたモナ・リザ体育会系コンビ・DQN返しやカマかけの為に名誉棄損をしたフジ・親として問題点が多いカスミ・ギャグ描写とはいえ殺人未遂同然の行為をしたクルミとソラとヤナギ・脅迫と非弁行為を教唆したモナ・リザ天使コンビとそれを実行したコウジを除く大半は、家事代行サービスの一件が切っ掛けだったものの夫婦関係も家庭も既に崩壊し再構築の見込みも無く搾取されていた父の生活を守るために母と母の悪影響を受けた妹と決別したカラシ、毒親によって洗脳されたヤナギやレイ・天然ボケでDQN行為をしたり担任学年主任悪事を暴くために友人に校則違反をさせたフジモラハラの被害にあったり散財を繰り返す義妹を懲らしめるためにクレジットカードをわざと盗ませたソラ・元カノの裏切りでトラウマを抱えたコウジ・カツアゲ被害の為に親のお金を盗んだモブ郎のようにDQN染みた行為に至った理由があり常識人やモブ担当に怪我をさせたり精神的苦痛を与え健康を害するレベルの被害を与えた訳ではないので情状酌量の余地のある事例といえる。


関連タグ

モナ・リザの戯言
DQN ご乱心 闇堕ち

  • テツクロ:常識人がDQNとしての片鱗を見せるきっかけを作った回が多いカップリング。
    • クロハ:常識人7名とモブ系3人組にDQNとしての片鱗を見せるきっかけとなった全ての元凶。準ノミネートされたカイも2回目の動画では悪役でこそなかったものの初登場回以外の3つで関わりがあり、コウジとモブ美が2度に渡ってDQNとしての片鱗を見せる間接的な原因まで作っている。
    • テツ:ヤナギ・コウジ・カラシ・ソラの4人にDQNとしての片鱗を見せるきっかけとなった全ての元凶で、ヤナギとコウジはいずれも2度に渡ってDQNとしての片鱗を見せるきっかけを作っており、彼もクロハ同様カイと2回目の動画で関わりがあった。

  • ゲンワサ:テツクロとは対照的に、常識人がDQNとしての片鱗を見せるきっかけを作った回こそ少なめだが、モブ系3人組がDQN化する原因まで作っている。
    • ゲン:コウジとソラにDQNとしての片鱗を見せるきっかけとなったDQN担当。カイが登場する動画に全て出演しているが、初登場の動画でDQN化する直接な原因を作り、2回目の動画では結果的に間接的な原因を作っていた。さらに、ワサビ共々モブ子とモブ美のDQN化の原因まで作っており、2022年では1回で済んだものの、ワサビが1回で2人もDQN化させ、ヒサメに次いで少なかったエンジも常識人のDQN化が相次いだこともあって、ワサビ・エンジと共にトップヒールとして君臨するテツに迫る勢いとなった。
    • ワサビ:ヤナギ・コウジ・ソラ・カスミの4人にDQNとしての片鱗を見せるきっかけとなったDQN担当で、ゲン同様モブ子とモブ美のDQN化の原因まで作っているが、モブ郎がDQN化した回をもってエンジに抜かれてしまうが、たったの11日でエンジに並ぶ。

  • ヒサメ:ソラとカラシとモブ郎にDQNとしての片鱗を見せるきっかけとなったDQN担当で、DQN担当の中で常識人がDQN化した回が最も少ない。
  • エンジ:DQN担当以外の男性陣5人とソラとモブ子にDQNとしての片鱗を見せるきっかけとなったDQN担当で、2021年ではDQN担当の中で常識人がDQN化した回が少なかったが、2022年にコウジとフジの2人がDQN化した回をもってワサビを抜く。

関連記事

親記事

モナ・リザの戯言 もなりざのたわごと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました