ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

モナ・リザご乱心アワード

もなりざごらんしんあわーど

YouTubeで展開されている動画チャンネル『モナ・リザの戯言』におけるオリジナル企画で、前身はモナ・リザ常識人ご乱心アワード。
目次 [非表示]

概要

前身のモナ・リザ常識人ご乱心アワードでは、2020年9月5日にカラシが常識人で初めてDQNとしての片鱗を見せた状態でDQNを討伐しているが、当時は常識人のDQN行為が3回とあまり見られなかった。

その後の2021年4月22日にカイが初登場早々からDQN役と変わらない所業を見せているものの、更に後の2021年7月22日でヤナギが常識人初の闇堕ちというご乱心を見せてから常識人のDQN染みた言動が続出するようになった。

また、モブ系メインキャラもDQN染みた言動が目立つようになったのもあり、2022年からは常識人・モブ系メインキャラに加え単発キャラの常識人・モブキャラを対象とした、モナ・リザご乱心アワードとして再出発することとなった。


例外に該当する回は、呪いによるDQN行為と釘バットを用いた制裁の2つであり、いずれも該当の有無に拘わらず結果は固定されており、前者は呪いをかけること自体、犯罪行為に当たらないことからノミネート外に相当する(ただし神社等での丑の刻参りの場合は話は別)一方、後者は下手すれば脅迫傷害殺人未遂に値する可能性があることからノミネートありか軽くても準ノミネートに相当する。


モナ・リザ常識人ご乱心グループ2020・2021

モナ・リザ常識人ご乱心グループ2020・2021を参照。


モナ・リザご乱心グループ2022

モナ・リザご乱心グループ2022を参照。


モナ・リザご乱心グループ2023

モナ・リザご乱心グループ2023を参照。


モナ・リザご乱心アワード2024

ノミネート期限2024年1月1日から12月31日まで


モチ&カスミちゃん

該当回1:『【漫画】居場所に拘って本当に大切なものを傷つけてしまったら(2024年1月1日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:余計にいじめ被害にあう事を恐れいじめっ子達に遭遇した際に友人の事を「たまたま会っただけ」と言ったりその後謝罪後に「それでも友達と言ってほしかった」と言われた事に対し「私の立場なんてわからない」と辛く当たった

DQN化レベル:人として一線を超えているレベル

結果:準ノミネート

準ノミネートした理由:最低だと後悔したり最後に謝罪したとはいえ非道徳な行為をしていたため

原因となったDQN担当:ヒサメ・ワサビ

該当回2:『【漫画】面倒事を全て押し付ける旦那のせいでご近所トラブルに発展した結果(2024年1月31日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:の尻ぬぐいの強要に腹を立てコレクションを夫の車に投げつけて傷を付けさせその後夫と離婚しようとする際に再び娘のコレクションを突き付けて脅した

DQN化レベル:明らかに器物破損脅迫

結果:ノミネートあり

ノミネートした理由:夫が自分を盾にしようとした事が事の発端ではあるものの彼女の行為はどちらも親告罪とはいえ犯罪行為である他ソラの該当回1・2同様離婚時にも不利になる恐れもあるため。また娘も気にしなくていいと言っていたものの娘のコレクションを報復の道具に使う点も非道徳(どちらか一方のみなら準ノミネート止まり)

原因となったDQN担当:テツ

番外編1:『【漫画】「私は絶対失敗しない!」患者を脱走させた研修医の末路(2024年1月14日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:人手不足とはいえ患者に薬を飲ませる事を忘れたり別の患者脱走を見逃した

DQN化レベル:人命に関わる為問題になるレベル

結果:準ノミネート

準ノミネートした理由:新人で仕事に慣れていないとはいえ看護師の職務上そのミスが最悪の事態の原因になる恐れがあるため

原因となったDQN担当:なし

例外該当回1:『【漫画】「好きな事して何が悪い!?」一軍女子に男好きのレッテルを貼られたオタク女子(2024年2月8日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:日常的に藁人形を持ち歩いていたり同級生女装見たさから守護霊の話を交える際に不敵な笑みを浮かべた

DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度

結果:ノミネート外

ノミネート外の理由:守護霊の話を交える事に関しては脅迫とは言い難い他藁人形を持ち歩く事自体もDQN行為といえるが罪に問われる事でもないため

原因となったDQN担当:なし

備考:昨年大晦日ご乱心した上に2024年初の動画でもいきなりご乱心した。また該当回2では初めて器物破損を犯した


個人的今日のハイライト! (2021.06.10)

番外編1:『【漫画】妹と家族のために聞き分けの良い兄になった長男の初めての反抗(2024年2月20日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:末妹癇癪我儘に腹を立てて怒鳴りその末妹を泣かせた

DQN化レベル:大人気ないといえる

結果:ノミネート外

ノミネート外になった理由:最後に謝罪し和解したため

原因となったDQN担当:ワサビ・フジ・カスミ(後者二人は常識人担当)

判定不能回1:『【漫画】被害者が殺到する胡散臭い情報商材に予想外の角度から狙われた結果(2024年1月3日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:詐欺被害にあったことで無実であるコウジにクレームを付けた他訴えようとした

DQN化レベル:怒りや訴訟は当然ではあるが後述の理由から判断できない部分がある

結果:判定不能

判定不能の理由:真犯人判明後にコウジを疑った事を謝罪したかどうかがわからないため(ワサビとクロハもヤナギ同様の行為をしたが彼女らはDQN担当であるためご乱心アワードの対象外である)

原因となったDQN担当:テツ

備考:判定不能回1ではコウジも友人達を疑っていたが真犯人判明後に明確に謝罪していたためおとがめなしで済まされた


朝パン

該当回1:『【漫画】引きこもりの娘が見つけたたった一つの目標を全否定した結果(2024年1月21日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:おねだりに根負けしYouTuberへのスパチャのお金を渡した

DQN化レベル:軽率だったといえる

結果:準ノミネート

準ノミネートした理由:の言う通りバイトもできない年齢から覚えさせてはいけないため

原因となったDQN担当:ワサビ

番外編1:『【漫画】たった一つの頼み事も許されない義母への奉仕生活の末路(2024年1月8日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:幼かったとはいえ母親友人父親葬式の時につまらないと駄々をこねた

DQN化レベル:やや我儘ではあるが仕方がないレベル

結果:ノミネート外

ノミネート外の理由:まだ三歳と幼い以上仕方がないといえるうえに周囲の人からも「あんな小さい子にお葬式はねえ」とも言及されていたため。幼いことからここでは番外編として扱う

原因となったDQN担当:なし(間接的にはクロハ)

備考:2月7日の動画ではヤナギを疑っていたが口に出していなかった上に最終的に疑ったことを謝罪したためおとがめなしで済まされた


コウジとソラ

該当回1:『【漫画】元ひきこもりが元凶となる同級生に再会してしまったら(2024年1月15日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:ソラは町中にも関わらずをいじめていたいじめっ子達に「幼稚園で年齢止まってんじゃない?」「アホがうつる」と発言したりコウジも店長から教わった技でそのいじめっ子達にタックル締め技をかました上に「今度店に来たら数倍きついタックルをお見舞いしてやる」と宣言した

DQN化レベル:下手するとソラは正論とはいえ名誉棄損にコウジは暴行脅迫にあたるレベル

結果:準ノミネート

準ノミネートした理由:通常二人ともノミネートありになる案件だが今回の場合いじめっ子達も高校時代にコウジをいじめていた他卒業後も執拗にコウジに絡むなど問題点が多かった事から情状酌量の余地があるといえるため

原因となったDQN担当:エンジ・テツ


モナ・リザの戯言ソラちゃん

該当回1:『【漫画】トラウマレベルの不審者に遭遇し一目散に逃げた夫の末路(2024年1月16日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:自分を盾にして不審者から逃げたり不倫までしたに腹を立てビンタした

DQN化レベル:下手すれば暴行にあたるレベル

結果:準ノミネート

準ノミネートした理由:夫の問題点については言うまでもないものの暴行については法律上問題になる他離婚時にも不利になる恐れもあるため

原因となったDQN担当:ゲン

該当回2:『【漫画】家族旅行中に嫁と子供を放置してナンパしだす夫の末路(2024年1月26日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:とのスキーよりも不倫を優先するへの怒りから不敵な笑みを浮かべつつ帰る為の新幹線切符を破り夫を帰れなくさせた

DQN化レベル:明らかに器物破損

結果:準ノミネート

準ノミネートした理由:夫の問題点については言うまでもないものの器物破損も法律上問題になる他離婚時にも不利になる恐れもあるため

原因となったDQN担当:ゲン

該当回3:『【漫画】問題解決能力にステータス全振りした彼氏に甘えたら…(2024年2月16日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:彼氏の共感能力の低さを改善する特訓をする際に後ろから不敵な笑みを浮かべて脅かした

DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度

結果:ノミネート外

ノミネート外になった理由:怖がられたもののただ不敵な笑みを浮かべただけであるため

原因となったDQN担当:ゲン

備考:2023年判定不能回1で仮に神社内でDQN行為を行った場合は三年連続で器物破損をした事となる。また該当回3はDQN化とは無関係ではあったもののソラとゲンのお互いの態度にモヤっとするとの指摘が多くみられた


該当回1:『【漫画】冤罪被害で窮地の夫を隣にいた妻が裏切った訳(2024年1月23日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:コウジは不倫した上に痴漢冤罪になりかけた時に味方しなかったへの怒りからピー音で伏せられるような暴言を連発しクルミは息子嫁を許さないと宣言する際に不敵な笑みを浮かべつつ釘バットを構えた

DQN化レベル:コウジは暴言の内容がわからないため判断できないがクルミは下手すると脅迫にあたるレベル

結果:コウジは判定不能だがクルミは準ノミネート

一部判定不能・準ノミネートした理由:コウジは暴言の内容に脅迫にあたるようなものが含まれるかどうかが分からないため判断できない(公共の場で言うと名誉棄損などにあたる恐れもあるが自宅で言った以上名誉棄損にあたる心配はない)がクルミは不敵な笑みを浮かべるだけならノミネート外だが釘バットを構えている以上明確に脅迫しているといえるため(コウジは判定不能回にクルミは例外該当回として扱われる)

原因となったDQN担当:クロハ

備考:該当回1は2024年に投稿された動画としては初めて釘バットが使われた


該当回1:『【漫画】元気がありあまりすぎて暴れる息子が外でトラブルを起こしたら(2024年2月1日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:コウジは動画のタイトル通り元気がありあまりすぎた事で周りの迷惑を考えずに暴れ騒音を立てたり部屋を散らかしておりカスミは息子の日頃の行いが悪かった点があったとはいえ息子が近隣住民の車の中で暴れて運転ミスをし上司の車を傷付けたという虚言を鵜呑みにした

DQN化レベル:コウジは年齢的に仕方がない部分がありカスミは疑いが晴れたあときちんと謝罪したためおとがめなしで済まされるレベル

結果:ノミネート外

ノミネート外の理由:コウジは幼い以上仕方がない部分がある(ただし小学生になっているためある程度は落ち着かせるべきである)他カスミもDQN化レベルの通り疑いが晴れたあときちんと謝罪したため(コウジはどちらかというと番外編)

原因となったDQN担当:クロハ


モナリザの戯言のクルミさん極道ver

該当回1:『【漫画】家族よりゲームを優先した夫が言い出したとんでもない言い訳(2024年2月2日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:娘達よりゲームを優先するとの離婚時にビンタした他夫のゲーム仲間に鬼の形相で迫った

DQN化レベル:前者は下手すれば暴行にあたるレベルだが後者は描写不足のため脅迫にあたるか判断できない

結果:準ノミネート(ただし差し迫ったことに関しては判定不能)

準ノミネートした理由:夫の問題点については言うまでもないものの暴行については法律上問題になる他ソラの該当回1同様離婚時にも不利になる恐れもあるため

原因となったDQN担当:ゲン


フジ×限りなく灰色描いてみた

該当回1:『【漫画】鬼は外!…に出すな!?鬼になった保育士の末路(2024年2月6日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:幼稚園児達を追い払った後幼稚園児たちが鬼に立ち向かえた事を感心した事と本当の鬼は自分の心の中にいることを伝えられてよかったと言うシーンで不敵な笑みを浮かべ保育士笑顔が怖いと心の中で言われた

DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度

結果:ノミネート外

ノミネート外になった理由:怖がられたもののただ不敵な笑みを浮かべただけであるため

原因となったDQN担当:ワサビ

備考:該当回1は2024年に投稿された動画としては初めて「DQNとしての片鱗を見せる程度」のご乱心だった


もなりざがーるず

該当回1:『【漫画】絶対に嫁を帰省させない夫が衝撃の理由を告白!(2024年2月19日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:カスミは父方の祖父に欲しいものを聞かれた時にわらにんぎょうと答えソラは父親(義父)に追い出された一生そこで凍えてろと言い放った

DQN化レベル:カスミはDQNとしての片鱗を見せる程度だがソラは場合によっては脅迫傷害にあたる恐れがある

結果:カスミはノミネート外だがソラは準ノミネート

一部準ノミネートとなった理由:カスミの藁人形を欲する事についてはDQN行為といえるが罪に問われる事ではないがソラの場合は夫に非があったとはいえが積るほど寒い所に追い出された夫を助けずに一生そこで凍えてろと言い放つ事自体上記の罪に問われる恐れがあるため(カスミは例外該当回)

原因となったDQN担当:ソラはテツ(原因ではないがある意味ゲンも共犯)だがカスミはなし


もなたわのカラシちゃん

該当回1:『【漫画】念願の妊娠なのに誰も助けてくれない環境を憂う妊婦の末路(2024年2月22日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:マタニティハイになったに自分の暴走を分からせようとする際に不敵な笑みを浮かべつつ迫った

DQN化レベル:DQNとしての片鱗を見せる程度

結果:ノミネート外

ノミネート外になった理由:ただ不敵な笑みを浮かべただけであるため

原因となったDQN担当:ワサビ

番外編1:『【漫画】妹と家族のために聞き分けの良い兄になった長男の初めての反抗(2024年2月20日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:を取られて「なんでいつも私たちが我慢しないといけないの」を愚痴をこぼしたりと家に帰る時「お母さんと帰りたかった」と不機嫌な態度をとった

DQN化レベル:大人気ない部分はあるものの環境や年齢を考えると仕方がないといえる

結果:ノミネート外

ノミネート外になった理由:妹に対しては大人気ないといえるが小学生という年齢上の理由や家庭環境やきょうだい児という境遇上仕方がないといえるため

原因となったDQN担当:ワサビ・フジ・カスミ(後者二人は常識人担当)


フジとカスミの結婚式

番外編1:『【漫画】妹と家族のために聞き分けの良い兄になった長男の初めての反抗(2024年2月20日UP)

DQNの片鱗を見せた経緯:末娘持病があったとはいえその末娘を優先し長男長女不自由な思いをさせた

DQN化レベル:親として問題があるといえる

結果:ノミネート外

ノミネート外になった理由:通常準ノミネート以上になる案件であるが家族全員が反省し和解した他負担を減らす打開策も見つけられたため

原因となったDQN担当:なし


余談

  • カイの初登場時と二度目の登場時の言動から当チャンネル初の中立キャラになるのでは?と考える視聴者も多かったが彼自身もまだ数えるほどしか登場していない(これには、初登場の1回しか登場していないレイにも言えることだが、彼女の場合はカイのケースと異なり、DQNに洗脳教育の影響でDQN行為を働いたため、初めから常識人側であることがはっきりしている。)ので現時点でははっきりしていない。そのため、DQNとしての片鱗を見せた常識人の中で唯一準メンバーとなり、同じ常識人のクルミはカイと同じ準メンバーとなったが、彼女の場合、DQNとしての片鱗をいっさい見せてなかった上に、DQN担当による脅迫が原因で最悪な事態に発展していたことが理由だった。
  • 上記のように2021年に常識人の問題行為が悪目立ちしているものの初期の頃も常識人男性陣全員ヒサメのぶりっ子を擁護していたりソラに(主に髪形を馬鹿にするなどの形で)冷たくあしらうこともあったり(特にコウジは両方ともやらかしていた)クルミも二度に渡って元ヤン役(彼女が現在でもキレた時やDQN討伐時に釘バットを持ち出すきっかけになったと思われる)で登場していたりソラ(この動画ではコウジも)もDQN返しをした事もありコウジヤナギ報復の仕方の悪さを視聴者から問題視された事もあったりフジがクロハに辛辣極まりない発言をしていた。事やヤナギがの嫁いびり被害にキレた結果親戚たちと協力し娘婿傷害にあたりかねない制裁をしたこともある等(キャラクターが定まっていなかったこともあってか)常識人の問題行為もしばし見られた。
  • DQNの片鱗を見せてこそいなかったがソラカスミは緊迫した状況下ではDQNがよくやっていた連続チャイム&ドア叩きをしたこともあった。
  • 先述のフジ・カスミ・ソラの不法侵入やクルミ・ソラの器物破損や2019年に見られたヤナギの傷害等といった法律に反するような形でご乱心したりする事もたまに見られるが2022年6月4日の動画ではゆっくり化したコウジが「法律を守ってDQNをやっつけよう」と発言し法律を守る事の大切さを語るシーンがあった。
  • 擁護するなら行為そのものは褒められた事ではないが、ソラの別荘の外壁を勝手に塗り替えをするなど数々のDQN行為をしたコウジ・濡れ衣を着せたカイ・不自然なレベルの虚偽の交通違反を妄信したヤナギ・疑っておいて謝罪しなかったモブ系3人組・ネットゲーム内でマナー違反を繰り返したパティーナ息子も非があったとはいえ器物破損や脅迫といった法律に触れる行動をしたクルミ・同じく器物破損をしたモナ・リザ体育会系コンビ・DQN返しやカマかけの為に名誉棄損をしたフジ・親として問題点が多いカスミ・ギャグ描写とはいえ殺人未遂同然の行為をしたクルミとソラとヤナギ・脅迫と非弁行為を教唆したモナ・リザ天使コンビとそれを実行したコウジ・痴漢冤罪をしたソラ・法律に基づかない制裁をしたヤナクルを除く大半は、家事代行サービスの一件が切っ掛けだったものの夫婦関係も家庭も既に崩壊し再構築の見込みも無く搾取されていた父の生活を守るために母と母の悪影響を受けた妹と決別したカラシ、毒親によって洗脳されたヤナギやレイ・天然ボケでDQN行為をしたり担任学年主任悪事を暴くために友人に校則違反をさせたフジモラハラの被害にあったり散財を繰り返す義妹を懲らしめるためにクレジットカードをわざと盗ませたり親友を救うためにストーカー行為をしたソラ・元カノの裏切りでトラウマを抱えたコウジ・カツアゲ被害の為に親のお金を盗んだモブ郎・夫の実家から脱出するためにお金をひろったモブ美のようにDQN染みた行為に至った理由があり常識人やモブ担当に怪我をさせたり精神的苦痛を与え健康を害するレベルの被害を与えた訳ではないので情状酌量の余地のある事例といえる。

関連タグ

モナ・リザの戯言

DQN ご乱心 闇堕ち 二次創作


  • テツクロ:常識人がDQNとしての片鱗を見せるきっかけを作った回が多いカップリング。
    • クロハ:常識人7名とモブ系3人組にDQNとしての片鱗を見せるきっかけとなった全ての元凶。準ノミネートされたカイも2回目の動画では悪役でこそなかったものの初登場回以外の3つで関わりがあり、コウジとモブ美が2度に渡ってDQNとしての片鱗を見せる間接的な原因まで作っている。
    • テツ:ヤナギ・コウジ・カラシ・ソラの4人にDQNとしての片鱗を見せるきっかけとなった全ての元凶で、ヤナギとコウジはいずれも2度に渡ってDQNとしての片鱗を見せるきっかけを作っており、彼もクロハ同様カイと2回目の動画で関わりがあった。

  • ゲンワサ:テツクロとは対照的に、常識人がDQNとしての片鱗を見せるきっかけを作った回こそ少なめだが、モブ系3人組がDQN化する原因まで作っている。
    • ゲン:コウジとソラにDQNとしての片鱗を見せるきっかけとなったDQN担当。カイが登場する動画に全て出演しているが、初登場の動画でDQN化する直接な原因を作り、2回目の動画では結果的に間接的な原因を作っていた。さらに、ワサビ共々モブ子とモブ美のDQN化の原因まで作っており、2022年では1回で済んだものの、ワサビが1回で2人もDQN化させ、ヒサメに次いで少なかったエンジも常識人のDQN化が相次いだこともあって、ワサビ・エンジと共にトップヒールとして君臨するテツに迫る勢いとなった。
    • ワサビ:ヤナギ・コウジ・ソラ・カスミの4人にDQNとしての片鱗を見せるきっかけとなったDQN担当で、ゲン同様モブ子とモブ美のDQN化の原因まで作っているが、モブ郎がDQN化した回をもってエンジに抜かれてしまうが、たったの11日でエンジに並ぶ。

  • ヒサメ:ソラとカラシとモブ郎にDQNとしての片鱗を見せるきっかけとなったDQN担当で、DQN担当の中で常識人がDQN化した回が最も少ない。
  • エンジ:DQN担当以外の男性陣5人とソラとモブ子にDQNとしての片鱗を見せるきっかけとなったDQN担当で、2021年ではDQN担当の中で常識人がDQN化した回が少なかったが、2022年にコウジとフジの2人がDQN化した回をもってワサビを抜く。

関連記事

親記事

モナ・リザの戯言 もなりざのたわごと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 172

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました