ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

テツクロとは、モナ・リザの戯言に登場するクロハテツNLカップリングタグである。


テツは初登場時からトップヒールとして悪役を演じることが多いものの、両者はDQN・常識人共にこなせる。

大半はテツが粘着する・クロハがされる役の方が多いが、ごくまれにクロハがテツに粘着するパターンもあり、不倫ネタで組むことが多く、双方とも交際相手やその家族の前では猫をかぶり、交際(結婚)した途端に本性を露わにし、そのせいで離婚・破局オチになることも少なくない。

また、クロハはコウジを狙うストーカー設定では幾度もコウジの略奪に失敗すると同時にひどいしっぺ返しを食らうオチが多い。しかし、21年8月13日の回では(コウジや理由もなくいきなりビンタしたソラにも悪い点があったが)テツが他人の家を我が物顔で寛ぐ無遠慮過ぎる問題点を悪目立ちさせたことから、(コウジのストーカー設定のクロハを差し置いて)無自覚にもソラとコウジの仲を引き裂き、別居状態に追い込んでいる(しかしテツはそれ以前の動画でも、そのマナーの悪さと無遠慮ぶりでゲンとソラ、ヒサメエンジを離婚に追い込んでおり(ヤナギとクルミは離婚に至らずともテツと縁を切っている)、テツとワサビが結婚した後にゲンとエンジがテツの家に入り浸り、見事なDQN返しで二人を離婚に追い込んだ)。この動画と同じようにクロハがテツを唆してソラとコウジに関係を引き裂こうとしてもおかしくないため、ある意味コウジを狙うストーカー設定のクロハと一番組んではならない存在とも言える

ちなみにクロハもこれらの動画ゲンとソラこれらの動画ではテツとカスミこの動画ではエンジとソラ、更にエンジの身内(姉、母)として登場した回ではエンジとヒサメの関係を引き裂き、離婚や別居状態に追い込んだり(この動画でもエンジとヒサメの娘に良からぬことを吹き込み、結果的に離婚に追い込んでいるが、この回ではヒサメとワサビが悪名高いクレクレ母娘であり、自分や息子も被害に遭っている。また、エンジも善人役だったため、妻の問題行為に激怒したエンジは離婚を言い渡してワサビを引き取り、ヒサメも警察に連行された)、別の動画ではソラとコウジの仲を引き裂きかけた(また、ヤナギとクルミフジとカスミの関係も引き裂いていたと思われていたが、終盤では双方の勘違いだったことが判明)が、いずれも確実に酷いしっぺ返しを食らうオチになっている。

その結果、両者ともに複数ものカップルを破局に追い込んでいる。

また両者ともカップルだけでなく、テツがフジとゲンの交友関係を引き裂いた他、クロハも上記のソラとコウジの仲を引き裂きかけた動画内でテツとゲンを貶めて二人の友情を引き裂いてしまうなどカップルに限らず交友関係も引き裂いている


また、ヤナギソラレイコウジカスミフジカラシの7人にDQNの片鱗を見せるきっかけとなった組み合わせでもある(コウジは両者がきっかけでDQN化しているが、ヤナギはテツ、残る5人はクロハがきっかけであり(内、カラシは一瞬だけ片鱗を見せているほか、2人以外のDQN担当が原因でDQNの片鱗を見せたことがあった)、常識人初のDQN役が誕生する以前にカイも2回DQNとしての片鱗を見せており、初登場時は彼らが原因ではないが、二度目の登場時両者とも関わっているものの、テツはクロハを陥れる仕掛け人だった)。


ちなみにそれぞれが異性の略奪目的常識人女性陣誘拐したことがある(1,2,3)。


ただしその一方でこの動画では巧みな連係プレーで盗聴犯の撃退に一役買った他、別の動画では問題を起こした同僚を皮肉ったり怒りをぶつけるシーンが見られた。


カップリングの顔ぶれ編集

クロハテツ君しか描いてないですねぇ…


余談編集


  • 両者とも数の面で差があるものの、年配役の数が比較的に多く、特にテツはトップクラスに多い。逆に幼少期の役の数では、テツはゲンより若干少ないながらも、DQN担当の中では2番目に多く、クロハはトップクラスに少ないが、2021年を境に増加傾向になり、22年以降のワサビの子役減少もあって、ワサビに代わる次期オールラウンダーとなりつつある。

関連タグ編集

モナ・リザの戯言

クロハ(モナ・リザの戯言) テツ(モナ・リザの戯言)

NL カップリング 緑と黒

ストーカー 疫病神 誘拐犯 猫かぶり 毒親 毒親の被害者

モナ・リザご乱心アワード(大半は彼らが原因)


テツヒサ:組んではならないDQN同士の組み合わせの一つ。こちらはそれぞれ1回コンビやカップルの仲を引き裂いており、テツが前述の出来事がきっかけで主役カップルや他のカップルの仲を引き裂いただけでなく、ヒサメが香辛料姉妹の姉妹仲まで引き裂いている。

ゲンヒサ:余談の通り当カップリングと名前を間違えられたことがある。

ゲン:猫かぶりやストーカーが多い点で共通するDQN担当。また先述の通り当カップリングの片割れが原因で交友関係を引き裂かれたり、盗聴犯として当カップリングに撃退されたこともあった。

ヒサメ:当カップルの母親役の時には彼女らを甘やかしたり冷遇したりしている。またクロハとは女狐コンビとして組み、テツとは元祖トップヒールである点が共通している他、2022年から不倫関係になる動画が増えている。


カップリングタグ一覧


クロハ

→相手コウジフジヤナギ
カップリングタグコウクロフジクロヤナクロ
→相手エンジゲンテツ
カップリングタグエンクロゲンクロテツクロ

テツ

→相手ソラクルミカスミカラシ
カップリングタグテツソラテツクルテツスミテツカラ
→相手クロハヒサメワサビ
カップリングタグテツクロテツヒサテツワサ

関連記事

親記事

モナ・リザの戯言のグループ・カップリングタグ一覧 もなりざのたわごとのぐるーぷかっぷりんぐたぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました