ピクシブ百科事典

照橋心美

てるはしここみ

漫画「斉木楠雄のΨ難」の登場人物。準レギュラーであり、ヒロインポジションに当たる。
目次[非表示]

究極絶対最強愛されガール


公式プロフィール

身長164cm
体重?kg
誕生日8月6日
血液型A型
告白された人数0人
オーラ巨大な
声優VOMIC:阿澄佳奈 アニメ版:茅野愛衣
映画版キャスト橋本環奈


人物像

斉木や燃堂、海藤と同じクラスの美少女。その評判は他校にも知れ渡るレベルで、石油王や作中屈指の大富豪たる才虎芽斗吏にすら求婚させるほど。人当たりがよく優しいマドンナである。そのあまりの美しさに、彼女に相対した男子生徒はもれなく挙動不審状態に陥り、必ず「おっふっ…て、照橋さん…」と反応してしまう。作中では女子生徒ですらうっかりときめきかけたほど。

……だが、心優しい性格は全て演技。本性は、己の美貌に絶対の自信を持ち、「誰もに愛される完璧な美少女」を自認して憚らない腹黒少女である。同級生も内心では見下していて、男子生徒を自らの思う通りに動かすことに快感を覚えている。当然、主人公・斉木もその例外ではない。

しかし、テレパシーで他人の思考を読み取れる(おまけにじっと見ていると服も全部透視した全裸に、さらに見続けると皮膚まで透視してキモいことになる目を持つ)斉木は、他の男子とは違って至極冷静に彼女の観察・対応を続け、嫌が応でも目立ってしまう彼女から距離を置きたがっている。自分に興味を示さない存在がいることが気に食わない彼女は、斉木の気を引こうとあれこれ策を弄し、気が付くと、自分では認めていないが斉木を強く意識するようになってしまった。恋する美少女の誕生である。

常に計算づくで行動し、自分本位に物事を考える非常に高いプライドの持ち主ではあるのだが、斉木視点だと内心の企みが丸見えであることに加え、斉木へのアタックがほとんど全て空振りに終わっているため、読者からの応援は決して少なくない。
また、「完璧な美少女」を演じるための情熱努力も並大抵ではなく、時には半泣きになりながらも決して困難に対してへこたれないポジティブな性格は、むしろ立派・健気とも評され、この点に関しては斉木も高く評価している。「完璧な美少女」を完璧に演じきれば、それはすなわち「完璧な美少女」そのものなのである。

だがそんな彼女にも苦手なものがある、それは子供である。子供には自分の魅力が通じないからである。実際斉木の隣に住んでいる入達遊太も同様で遊太に「おばさん」呼ばわりされ、自分が一生言われないであろう言葉に少なからずショックを受け軽く殺意さえ芽生えたほどである。更に遊太が彼女の魅力に気づくであろう10年後に復讐してやると妄想して目が完全にイッてしまっていた。斉木曰く「こんな情けない照橋さんを見たくなかった…。」

照橋信(芸名「六神通」)がいる。

名前の由来

テレパシー」、「心を見る」から。

関連イラスト

てっ…照橋…さん…!


完璧な美少女という自負に違わぬ麗しい容姿が最大のアイデンティティのため、とにかく美少女であることを前面に押し出したイラストが多い。斉木相手には何をやっても報われない彼女を応援する読者がほとんどのようだ。

関連タグ

斉照

pixivに投稿された作品 pixivで「照橋心美」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2185884

コメント