ピクシブ百科事典

目次[非表示]

に近づくな、クソボケが

公式プロフィール

身長178cm
体重64kg
誕生日3月4日
血液型A型
将来の夢妹のお婿さんになること
備考変態お兄ちゃん
CV前野智昭

(単行本5巻記載)

人物像

照橋心美の実兄。17歳。
人気絶頂の若手俳優で、芸名は六神通。現実世界で言うと松坂桃李くらいの立ち位置にいるらしい(彼の後述の人間性からして比較対象にするのは失礼な話だが)。作中では斉木久留美海藤瞬も彼のファンである。しかし久留美曰く「パパに比べたら通くんなんて犬の糞に群がるハエよ」とのこと(このせいなのか某動画サイトで六神通が画面に映ると『ハエ』というコメントがよく流れる)。本人曰く男性のファンは少ないらしい。

表向きは穏やかで気さくに見え、ファンへの対応は気前が良く、街中で出会った海藤に様々な役の決めセリフをリクエストされた際は、嫌がる素振りも見せずノリノリで応えている。
しかし心美と同じで容姿は美しいものの、それを過剰に自画自賛するナルシストな精神性も全く同一。さらに超自己中心的で、内心は妹よりはるかに腹黒く自分自身の行いは絶対に正しいと考え、決して非があるとは認めない。

その上、重症のシスコン。彼の愛情は実の兄妹という間柄を華麗にすっ飛ばして深く危なく、明らかにアウトな領域にまで達している。
普段はイメージのため、上記のような爽やかなポーズを崩さないが、妹に男が近づこうものなら、黒い本性を全開にし卑怯な手段で邪魔したり、暴言を吐いてくる。特に心美とよく関わる斉木には逆恨みに近い憎悪を抱いている。
しかしながら彼と妹の間柄を知る人物が身近に皆無のため、有事の際には斉木を利用することも度々。当然信の本性を知る斉木本人は迷惑がるものの、利害の一致から信の頼みに渋々応じたりしている。しかし心美本人からはそれらの言動とその異常なシスコンぶりから、かなり疎まれている始末であり斉木と仲良くなりたい心美からすれば信の存在はまごう事なき障害と言える。

妹以外の女性は猿にしか見えないためか、たまたま妹と歩いていた梨歩田依舞と遭遇した時は「あ、ども」と温度差がありすぎる反応をしていた。その後、斉木を連れて撮影を見学に来た依舞を見て斉木に彼女ができたと勘違いしていた。
しかしそんな信も斉木の母・久留美に対しては「お前みたいな眼鏡にはもったいないくらいの良いお袋さん」と皮肉混じりとはいえ一目置いた言動をしたこともある。

総じて、彼は極悪人ではないものの本作屈指の面倒臭さを持つキャラと言ってよく、妹の心美が斉木や仲間たちと関わる内にナルシストぶりは変わらないながらも、徐々に仲間や友達を大事に思う気持ちが芽生え内面も良い女になっていきメンタル面が成長したのに対し、信の場合は最後まで反省も改心もしなかった。

関連タグ

斉木楠雄のΨ難 照橋心美 六神通 小悪党(卑劣漢) 残念なイケメン 照橋兄妹 シスコン

頭の悪い人:作中でパロディが行われた。

沢北:本編に登場する同類だが。こちらは信と大違いなキモオタである。しかし彼の場合は心美が好意を寄せる斉木を一度は逆恨みして粛清しようとしたが最終的には『照橋さんが悲しむ』という理由で粛清を取り止める、転校したての頃に心美に言い寄った才虎に一度は買収されながらも最終的には心美を守るために奮起して才虎家に殴り込みをかけて粛清するなど、彼なりのポリシーや男気を見せたことがある。

クロコダイン:2020年版では中の人同じ主人公を逆恨みした(ザボエラに唆された一時的なもの)敵キャラ。信のようなイケメンと違い、体格の大きい凶悪なモンスターそのものな見た目である一方、彼とは正反対の雰囲気イケメンかつ武人肌で作中の人物達・読者共に高く評価されている(内面を含めた場合)。

コムイ・リー夜桜凶一郎掲載誌繋がりかつ信と同レベルのシスコン。後者もその異常なシスコンぶりでからは鬱陶しく思われているが、前者とは至って良好な関係を保っている。

キルシュ・ヴァーミリオン:上記と同じ掲載誌のキャラであり、ナルシストである点や非常に鬱陶しがられる妹が居る等と共通点がある。(但し、こちらは前者と違いシスコンではない。)

関連記事

親記事

斉木楠雄のΨ難 さいきくすおのさいなん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「照橋信」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「照橋信」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 998394

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました