ピクシブ百科事典

燃堂力

けつあごのねんどうりき

燃堂力とは、漫画『超能力者斉木楠雄のΨ難』の登場人物である。
目次[非表示]

ミステリアスバカ。


登場作品

斉木楠雄のΨ難

公式プロフィール

身長191cmくらい
体重79kgだった
誕生日5月9日
血液型O型
子供の頃の夢大工さん
オーラ以外強大
声優VOMIC:三宅健太/アニメ版:小野大輔/Flashアニメ:不明
映画版キャスト新井浩文


人物像

いわゆる不良少年モヒカンと虎刈りと剃りこみが一体化したような黒と黄色(あるいは金)の特徴的な髪形、斉木の父・斉木國春に初対面の際に「…ド悪党じゃないか…」とドン引きされるなど凶悪極まりない面構えの大男。
そのとんでもない見た目から女性には蛇蝎のごとく嫌われ、当然もてない(ただし髪型を変えた時はそれなりにもてていた)。外見は特撮番組「改造人間サイダーマン」の悪役コーラ男爵をイメージしているらしい(実際、子供がコーラ男爵と間違えて泣いてしまったことも)。ちなみに顔も老けており、大人と勘違いされたこともある。
口癖は「お?」
名前の由来は念動力(サイコキネシス)から。

初期のころは斉木宿題を見せるよう強請っていたこともあるものの、基本的には善人で、悪事など思いもつかないタイプである。
また友達思いで不良に絡まれた斉木を体を張って助けたり、子供とはぐれた犬を真っ先に探しに行ったり、海で溺れた女性(しかもナンパした際に暴言と共に自分をフッた相手)を助けたりするなど情も厚い。
ただし言葉遣い、態度共に粗暴であり、本人が良かれと思ってやったことが、見た目のせいで悪行にされることが多く、周囲からは不良扱いされ、距離を取られている(ただし純粋な性格でもあるので高橋に比べると周りからの扱いはそこまで雑ではない)。
「仮病」を「ケ病」なる病気だと勘違いしたり、「志望大学」を「死亡大学」という漢字表記だと思っていたりと途方もない馬鹿であり、思っていたことはすぐ口に出すため、斉木のテレパシーが間に合わないことがほとんど(斉木曰く「早押しクイズ並」)。斉木にとっては唯一を読めない相手と言ってもいい。
また、凄まじい音痴であり、クラスメイトからは「死神が具現化した」とまで言われた(その歌唱力はジャイアンに匹敵すると思われる)。

悪そうな見た目の割に喧嘩はとても弱く、本物の不良どころか一般人にぼこぼこにされるレベル。しかしながら運動神経は抜群で、「ドッジの燃ちゃん」なる異名を持ち、助っ人で出た草野球の試合で逆転ホームランをかっ飛ばし野球部から勧誘が来るほど。クラス内では灰炉とカチ合える数少ない人物でもある。また料理も得意で基本的に頭はあまり良くないが才虎のスーツケースを空にして溺れている子供を助けようとするなど機転の効く面もある。
好物はラーメンで、斉木をしょっちゅう誘っており、たまに一緒に行くこともあるようだ。ただしラーメンであればなんでも食べれるというわけではなく斉木と海藤、照橋さんも加えて行ったラーメン屋で明らかに食べれたものではない見た目のラーメンを出された時は流石の燃堂も「こんなもん豚でも食わねーぞ!」と店の主人にクレームを付けていた。

家族については、父は彼が生まれる前ににひかれそうになった幼女を庇い、を落としている。形見の時計をして、命日には普段の元気もなくなり落ち込むなど、亡き父に対する思いは強い。母親と二人暮らしで女手一つで自分を育ててくれたことに感謝しており誕生日にプレゼントをあげようとバイトに励もうとしたり(結局失敗続きなせいで全てクビになったが)、斉木空助に「お前の母ちゃん出ベソ」と言われただけで激しく落ち込んだりなど母のことも強く慕っている。ギャグ漫画らしく、両親と子の顔がよく似ている。というかそのものである(しかもアニメでは両親の声優も小野大輔が担当している)。
ちなみにその父親は死後鳥束零太の守護をしていない守護霊をしている。
母はイリュージョニストである蝶野雨緑の元嫁である。
元継父に当たる蝶野のことを「兄ちゃん(にいちゃんもしくはあんちゃん)」と呼び、母が蝶野と別れた現在でも交流がありサーカスに招待してもらったり共に外食をするなど関係は良好のようである。
また、同じく「週刊少年ジャンプ」連載の、『ニセコイ』の読者でもある。その割にはデートを「エッチする予行演習だろ?」と発言するなど、恋愛には滅茶苦茶疎い。
好みのタイプは巨乳

斉木、海藤とはクラスメイトで、斉木に対しては一方的に相棒やズッ友宣言をしている。同じく斉木に付きまとう海藤に対しては、チビよばわりで口喧嘩をしょっちゅうするなど一見仲が良くない。しかし、斉木の知らない内にメアドを交換したり、へ誘う、一緒にモンハンをする等二人だけでも結構遊んでおりなんやかんやで仲は良い。

楠雄のクラスメートの中では最も早く斉木の両親である斉木國春斉木久留美と面識を持ったキャラで、後に偶然にも祖父である斉木熊五郎とも街中で偶然知り合い意気投合している(熊五郎が楠雄の祖父であることには気づいていないが)。

作中では良くも悪くもエピソードの引き金になることも多い。
例1:梨歩田依舞が斉木や照橋さんと絡むようになったのはそもそも燃堂が「照橋さんの方がかわいいじゃねーか」と依舞の前で発言したことがきっかけ。
例2:才虎の所有する船に乗ることになったのも燃堂が思わず「俺っちも乗りてえな~」と発言したことが発端(旅行そのものを企画したのは海藤と窪谷須だが)。

関連イラスト

ネンドウ

ただ、ただキモイ


関連タグ

斉木楠雄のΨ難 斉木楠雄
愛すべき馬鹿

pixivに投稿された作品 pixivで「燃堂力」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1771808

コメント