ピクシブ百科事典

目次[非表示]

公式プロフィール

身長176cm
体重64kg
誕生日6月27日
血液型O型
前職某大手一流出版社
備考ホームレス奇術師
CV森久保祥太郎
実写版ムロツヨシ

(単行本2巻記載)

人物像

イリュージョニスト(奇術師)の青年。27歳。本名・中西宏太。
元は大手の出版社で働いていたが、25歳の時突然リストラされ、妻も通帳を持って家を出ていってしまう。家賃も払えなくなってホームレスになったが、「職も妻も貯金も全部消えたのは、自分には『消す』才能があるからではないか」となぜか思い込み、イリュージョニストの道を選んだ。
公園でグダグダなマジックショーを披露していたところで斉木と出会い、彼の鮮やかな手品(を装ったテレポート)を見せられて驚愕し、勝手に「師匠」と慕い出すようになる。

当初はごく簡単なマジックしかできなかったものの、原作第14χではテレビに出演する程の売れっ子にはなっており、生放送で見事脱出マジックを成功させるなど、腕の上がった様子を見せる。
助手に同じくホームレスだったイケさんことマイケル(本名:池見華寿弥)を雇っている。一度はあまりに使えないためクビにしたが、恩を感じたイケさんが戻ってきたことでコンビが復活した。

実は、上述の家出した妻とは燃堂力の母(燃堂緑)。彼女の(顔に似合わない)優しさに惹かれたらしい。元義理の息子である燃堂とは良好な仲のよう。ただ、手品の道具に関する費用の使い方などに問題があるため、いまだに復縁の目処が立っていない。

名前の由来は「超能力」から。本名の中西宏太は「中に仕込んだ」より。

余談

原作第14χの再現VTRにて「読切版斉木楠雄では二回もメイン回があった主要キャラだったが、連載にあたり使い所に悩み、今の今まで放置されていた悲しい男である」と紹介されている。
さらに、燃堂母の元の夫と聞いた斉木は「そんな伏線一切なかったじゃないか。いくら蝶野の使い方が思いつかないからって、後付けサクサク過ぎるだろ作者」と驚きつつツッコミを入れていた。

ちなみに、彼はいつもそのイリュージョンを披露する前にこれから何をするのか全て説明してしまうが、これはプロのマジシャンなら誰でも知っているはずのサーストンの3原則(外部リンク)の1つ、"これから起こる現象を説明しない"に思いっきり反してしまっている。
作中でも斉木にツッコまれているが、ギャグマンガのボケキャラだし問題ないんだろう。多分。

関連タグ

斉木楠雄のΨ難 燃堂力 燃堂緑 池見華寿弥

関連記事

親記事

斉木楠雄のΨ難 さいきくすおのさいなん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「蝶野雨緑」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31986

コメント