ピクシブ百科事典

窪谷須亜蓮

くぼやすあれん

漫画「斉木楠雄のΨ難」の登場人物。
目次[非表示]

「普通の道は不良の道より厳しい…我慢ならねーんだ、喧嘩売られたり…こういう風に…
仲間を傷つけられたりするとよォ!!」







!?


登場作品

斉木楠雄のΨ難

公式符呂不位瑠

身長173㎝
体重65㎏
誕生日9月2日
血液型A型
昔の通り名「修羅中の殺戮兵器」「鬼殺しの窪谷須」「襟足の亜蓮」
オーラ非常に刺々しい
声優細谷佳正


人物像!?

今では恒例、斉木達の学校へやってきた転校生第2号。
斉木以上に目立たない根暗な男子……に見えるが、本性は古き良きマガジンヤンキー漫画よろしく、正真正銘、ナイフのように尖った硬派ヤンキーである。普段はおとなしい生徒を装っているが、モノローグは“!?”を随所に散りばめた物騒な口調であり、人目のないところでは素が出やすい。地元の茨城では、茨城愚連隊炎栖覇という暴走族の総長として長らく不良達をまとめていたが、普通の青春に縁遠いことを気にして転校と共に大胆にイメチェンした。

!?




性格!?

性格はヤンキーそのものでキレやすく喧嘩っぱやく、かなりのバイク好き(しかも無免許で運転していた時期もあった)。腕っ節もかなりのもので、心中いろいろな相手にイラついては猟奇的なまでに相手を潰そうとする傾向がある。
その反面、自分が認めた相手(灰呂など)には快く接するなど、良くも悪くも縦社会のヤンキーな性格である。硬派ゆえに女性に対する免疫はなく、以前の高校でも仲間内でただ一人、お世話になっていたレディースの先輩の誘惑を振り切っていたほど。また惚れるは生涯一人、結婚して養うのが当然と語るなど、恋愛面については色々と重たい価値観を持つ。
ヤンキーではあるが手先も器用でゲームも上手く、料理上手。バイクなど自分が好きな分野に関する知識も豊富で身体能力以外のスペックも高い。一方で自分の興味のない分野に対しては無頓着であり、学校をサボってゲーセンにいく、夏休みの宿題を殆どやらずバイクを乗り回す一面もある。
ガチな不良というだけあって過激な面が目立つが、本人は普通に学校生活を送りたいと思っているので、あくまで対応はソフト。むしろ話題に溶け込もうと必死である。
任侠映画が好きだが、説明は非常にヘタ。


人間関係!?

劇中尊敬する前総長と同じ志を持つ灰呂には友情を感じ、なにやら小難しい中二病発言を繰り返していた海藤を暴走族に詳しいやつと思い込んだりしていた。そしてそんな癖のある面々の中心となってしまっている斉木を裏番と思い込み、密かに警戒している始末。
絡まれた斉木と海藤を助けたことで正体がバレてしまったが、その際の自分を庇い受け入れる海藤の発言に心を開いた。結局その後才虎の転校による騒動で、元ヤンは周知の事実になってしまったようだが、なんとか学園生活を謳歌出来ているようだ。交友関係で言えば、海藤や燃堂と仲が良く、家に呼んだり、秘密基地を作ったりと共にいる事が多い。また、同じ転校生の明智透真とは、当初仲間意識を持っていたが、彼の面倒な性格から少々避け気味。また、少し会話しただけで初対面なのに元ヤンだとバレた。クラスの美女、照橋心美に対しては、出会った当初、肩に「心美命」と書く衝動に駆られていた。彼だけ周りと違い、「おっふ」では無く「おっ忍」。

家庭!?

両親は、父は族の総長、母はレディースと、共にバリバリの元ヤンだった。父親の窪谷須廉庵は、彼が生まれてからは、族や悪の道からはキッパリ足を洗ったらしく、リーゼントや襟足も心機一転丸刈りにして、真面目に働き始めたとの事。本人は、半端な真似はしない父親の真っ直ぐな生き方を尊敬している。
彼が今住んでいる家は父親の実家で、元ヤンだっただけあり敵対する族や他校の人間に恨みを買っており、家には大量の落書きがされている(落書きした奴らは親がもれなく全員ぶっ飛ばしたらしい)。また、彼の家には、元ヤン時代の物が色々あり、いかにも感がある。ヤンキー時代の族の旗やバイクのポスター、麻雀卓、釘バットにメリケンサックとドス、道路標識やマンホールの蓋、血塗れの特攻服、誰のか分かんない大量の歯、などなど、、、
中には、血塗れになり、見バレしたらすぐお縄にかかってしまうようなものも、、。



余談!?

名前の由来は「クレアボヤンス(透視、千里眼)」のアナグラム。作者曰く、彼の登場により、クラス委員の灰呂の出番ば減ったらしい。
不良キャラの燃堂が更生(?)したので新たに投入した不良キャラ、としている。

関連蛇愚

斉木楠雄のΨ難 眼鏡 バイク
斉木楠雄 燃堂力 海藤瞬

pixivに投稿された作品 pixivで「窪谷須亜蓮」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3158008

コメント