ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

海藤瞬

しっこくのつばさことかいどうしゅん

漫画「斉木楠雄のΨ難」の登場人物。別名「漆黒の翼」。
目次 [非表示]

公式プロフィール

身長161cm(本当は159cm)
体重45kg
誕生日不明(本当は10月3日)
血液型謎(本当はAB型)
好きな色漆黒
好きな食べ物サラミ(作者のTwitterより)
オーラ非常に微弱
備考孤独中二病
声優 VOMIC:江口拓也、アニメ:島﨑信長
実写版吉沢亮

(単行本1巻記載)


人物像(設定)

PK学園に通う高校2年生。

これは人類淘汰をもくろむ悪の秘密結社『ダークリユニオン』を欺くための仮の姿。

包帯の巻かれた右腕に宿るのは闇のフォース『ブラック・ビート』。

漆黒の翼』、または黒十字団にいた頃の名『スクライドセイヴァー』として世界を守る使命を背負っている。

13の人格をもち、その中には『冥』という一見おとなしく見えるが残虐な性格な奴がいる。

必殺技は「ジャッジメント・ナイツ・オブ・サンダー」。

人物像(素)

主人公斉木楠雄のクラスメイトでどんなに話しかけられても寡黙を貫き通し、クラスから浮いている斉木に絡む奇特な人物。上記のように、設定だらけの分かり易すぎる中二病

髪は水色でやや立てており、前髪で左目を隠している。

普段は目つきをわざと悪くしており、邪気眼設定で両腕に包帯を巻き、制服のジャケットを肩に羽織り、シャツの裾などはわざと破いている。素の顔立ちは悪くはなく、年上の女性に好かれる模様。しかし1年生の梨歩田依舞からの評価は「大したことない」「ガキっぽい」とボロクソだった。

要するに残念なイケメン


鳥束によると、守護霊はチワワ

また、別の能力者である相卜命曰く「リス並のオーラ」しかないらしく、とことん設定とは真逆の人物像である。

一人称は「俺」。心の中ではまれに「僕」。名前の由来は瞬間移動テレポート)。


いわゆる「高校デビュー」に挑戦し、失敗したタイプ。中学時代はぼさぼさの髪に太い黒縁眼鏡をかけた、いかにも地味な風貌だった(ただし視力自体は悪くないらしく、進級した3年生で母親に強要された眼鏡が逆に視界を妨げていた)。態度もおどおどし通しで、それらが原因で友達ができなかった自分を変えるために頑張っただが、ミステリアスなキャラを目指した結果"漆黒の翼”という中二病キャラができあがり、結局格好つけて「命が惜しければ俺に関わらない方がいい……」などと口にしたばかりに、自ら周囲を突き放す形になってしまった。

中二病は周囲にもバレバレであり馬鹿にされているが、もはや後戻りができないので、とりあえず『漆黒の翼』キャラを押し通している。

かいどうしゅんくん


基本的にぶっきらぼうだが、本質は臆病で引っ込み思案。しかし素直で優しく、他者のピンチには咄嗟に体が動く勇気や根性もあるため、斉木にも評価されている。

その勇気は作中度々見られ、修学旅行では照橋さんに強引にナンパをしたくせに暴言を吐いてきた下劣なチンピラから夢原を庇ったこともある。その出来事をきっかけとして、彼女から好意を抱かれるようになった。ただし下記の思考のせいであまりそのことに気付いておらず、他の男子生徒同様、照橋さんに惚れている有様である。

そんな純粋な「素」の顔は普段隠し通しているものの、極度に動揺したり、優しさが必要になる場面に遭遇すると出てしまう。本人は「素」を「『冥』という別人格で、実際はおとなしいふりをして血を見ることが好きな凶暴なヤツ」だと言い張っている。


一方、大人しく気難しい気質の割りには調子に乗りやすく、思っていることが顔に出やすいため、中二病を付け込まれてからかわれたりカモにされることも多い。友人のフリをした翡翠の瞳に騙され、財布を盗まれたこともある。

バカの燃堂に「恋人同士がすること」を教えようとした結果、「手を繋ぐんだよ」に至るまでに1ページを費やし、「キス」という単語を口にしようとしただけで真っ赤になるなどの尋常ではない程の初心であり、斉木からは「これが高2の会話か?」と呆れられていた。


学業に関しては母親がかなりの教育ママなので、そこそこ努力している。一応、学力は高いが、に通ったり、徹夜で勉強しても順位は181人中51位と、中の上。ただし中二病のせいで教師には鳥束とは似て非なる意味で問題児扱いされており、大半の生徒同様、松崎は天敵である。

手先が不器用で絵心はなく、料理も下手。彼の描く絵は精神に傷を残すレベルであり、料理は授業でやる物もまともに作れなかった。またアルバイトをしたことが皆無で燃堂が家族の為にアルバイトに専念している際は、彼を支援する為に同じバイト先で働いたが、結局は失敗ばかりだった。

運動神経も皆無で、基本的に全てにおいて他人を鼓舞する灰呂すらフォローを諦める程に悪い。ドッジボールでは女の子投げ、泳ぎも苦手で走っても女々しいなどかなり鈍臭い。ただし体は異様に軟らかい。

他にも喧嘩が弱い、非力でバイクを起こせない、方向音痴、乗り物酔いするなど、弱点だらけ。


人間関係

燃堂と同じく不定期連載の頃から登場しており、斉木のことは高校デビューに失敗した同類だと思い込んで懐いている。

また何かと「チビ」等とからかってくる燃堂の軽薄な言動に怒鳴ったり、呆れたりしているが高橋等のように心底で嫌っている訳ではなく、彼が何らかの危険に晒された時は心配する事もあった(燃童が優しい人間である事を分かっているのもあるが)。また斉木の知らない間にメアドを交換して海へ遊びに誘われるなど、いつの間にか仲が良くなっていた。

喧嘩最強ながら普通に過ごしたがり、放任主義の家庭で育ち、明朗快活でどちらかといえばキャラ的には燃堂に近い窪谷須とは、性格や得意分野、家庭環境もかなり対照的であるが、中二病で悪だの闇だのを好む趣向ゆえに何か通じるものが有るのか、夏休みの間ほとんど一緒に遊び歩き親密度が高いが彼に世話を焼かれることもある。ただし影響されてやや不良化の傾向が見られる。燃堂も含めて3人で行動することが多くなり、問題行動を起こすので斉木にとっては頭痛の種である。


実家は才虎ほどではないものの、一般と比べるとかなり裕福な模様で、会社員らしき父親と教育ママな母親がいる。前述の気弱な性格や軟弱体質はこの過保護による大人しさの反動かもしれない。

ちなみに海藤空(CV:上田麗奈)という妹と海藤時(CV:藤井ゆきよ)という弟がいるのだが、弟の方は海藤のフカシまくったストーリーを真に受けて日夜修行しており、その実力は既に兄を凌駕している。気が強い性格の空には彼女が受験ストレスの影響でピリピリしているせいもあり頭が上がらず兄としての威厳はほぼない。


彼なりに斉木と燃堂、窪谷須などのことはとても大切に思っており、母親に斉木・燃堂と縁を切るように言われた際には、二人のことを「大切な友達」と明言し、母親に抑制されがちだったが彼女に珍しく反発した。


関連イラスト

漆黒の翼

関連タグ

斉木楠雄のΨ難 中二病 漆黒の翼


よく似た人達:小鳥遊六花黒猫羽瀬川小鳩田中眼蛇夢津島善子材木座義輝


一本松ヤマト二宮真琴:同一作のセンターキャラの二人。中の人がダブル海藤


海堂直也:苗字が酷似し、悪ぶっているが友達思いな点が共通している。正体は蛇の怪人だが『ダークリユニオン』の紋章も蛇である。


獄寺隼人:ぶっきらぼう且つ中二病だが、仲間思いで上流家庭で身内に苦手な相手がいる、良く連む(?)相手に不良熱血漢クラスのマドンナアホの子がいる点が共通している。

関連記事

親記事

斉木楠雄のΨ難 さいきくすおのさいなん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9138441

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました