ピクシブ百科事典

麻生周一

あそうしゅういち

麻生周一とは、日本の漫画家。代表作は『ぼくのわたしの勇者学』『新世紀アイドル伝説彼方セブンチェンジ』『斉木楠雄のΨ難』など。
目次[非表示]

概要

元々ストーリ作家志望の漫画家
自画像はなんかモサモサ。ジャンプ編集者の服部氏と仲が良い。

作風としてはドラクエをはじめとするRPGネタが多い。また、リアルで嫌なキャラクターや痛々しい言動の描写には定評がある。
終盤実験的、メタフィクション的な演出を行う事が多く、勇者学では人気投票により世紀末覇者みりんが誕生したり、彼方セブンチェンジでは怒涛の展開をメタネタですっ飛ばす等、かなり大胆な事をやったりしていた。
ボケ主人公が多いが、本人曰く動かしづらいそう。新連載の『斉木楠雄のΨ難』は初のツッコミ主人公である。

決して速筆ではないが、代原を何度か頼まれ、一週に2話掲載するなどがざらにあり、忙しくても仕事はきっちりするタイプのようだ。
そんな便利屋的に使われていたにも関わらず、何度となく打ち切りを食らっていたが斉木楠雄のΨ難では、二桁以上の長期連載と大きく人気を獲得してようやく報われた。

同郷出身の同業に、魔人探偵脳噛ネウロ暗殺教室の作者、松井優征がいる。2012年10月9日、少年ジャンプNEXT!AUTUMNにおいて斉木楠雄のΨ難暗殺教室とのコラボが実現した。

主な作品


関連タグ

漫画家 作家
週刊少年ジャンプ 少年ジャンプ ジャンプ
彼方セブンチェンジ

評価タグ

麻生作品50users入り麻生作品100users入り麻生作品250users入り麻生作品500users入り麻生作品1000users入り麻生作品2500users入り麻生作品5000users入り麻生作品10000users入り麻生作品50000users入り

pixivに投稿された作品 pixivで「麻生周一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 154022

コメント