ピクシブ百科事典

岩谷尚文

いわたになおふみ

岩谷尚文(メイン画像右の男性)は、小説「盾の勇者の成り上がり」の主人公である。 「盾の勇者の成り上がり」の外伝である「槍の勇者のやり直し」にも登場している。 なお、Web版と書籍・漫画版では行動に違いがあるため、この記事では特記のない限りWeb版について 記載している。
目次[非表示]

概要


CV:鈴木達央(ドラマCD)

「盾の勇者の成り上がり」の主人公。
外伝である「槍の勇者のやり直し」では、なんと実質的なヒロインである。(後述)

元はオタクな20歳の大学生だったが、図書館に来たときに「四聖武器書」という本を読んだのをきっかけに、その本と世界観が似た異世界に「盾の勇者」として召喚された。

ここから夢の異世界冒険が始まる・・・と思いきや、なんと尚文は召喚されてから3日で、唯一の仲間であったはずのマインと、彼を召喚した国メルロマルクに裏切られ、冤罪で強姦魔の烙印を押されてしまった。
金も信頼も勇者としての名声も全て失った尚文は他人を信じることができなくなり、さらに何を食べても味がしなくなってしまうほどの怒りと不信感に呑まれた。

自力で攻撃できない尚文は、世界を脅かす「波」と呼ばれる災害から生き残り、
元の世界に帰るために、絶対に自分を裏切ることのない人材―奴隷を購入するのだった。

人物像

元々はお調子者といった感じで、かわいい女性であるマインに鼻の下を伸ばすなど人並に女性への
興味も持っていたが、上記の裏切り以降一変した。

他人に裏切られた経験から人を信用できなくなり、マインと国への憎悪からく目つきが鋭くなっている。
武器屋の親父曰く「やさぐれた」状態になり、奴隷としてラフタリアを選んだ動機も
「マインと重ねて、死ぬ瞬間をあざ笑ってやりたい」というものであったほど。
元康との決闘のときには(不正行為と言う事もあり)さらなる怒りが噴出しており、この怒りが「憤怒の盾」を解放した。
一方で、ラフタリアの心からの信頼を受けてからは彼女を信頼する様になり、また終始尚文の味方であった武器屋の親父をラフタリアの次に信頼するなど、受けた恩はきっちり返す。
逆にマインに対しては裏切られたことに対する報復として名前を「ビッチ」に改名させるなど、
いい意味でも悪い意味でもやられたらやり返す性格である。
このように自分がされたことに関して根に持つタイプだからか、ビッチや三勇者などの嫌いな相手はとことん嫌い、その嫌いな相手が苦しんでいる様子を見て喜ぶところもある。

また、裏切られたという経験から、嘘や裏切りなどを極端に嫌うようになり、尚文が復興している村の奴隷は「裏切りなどは死を持って償う」ようにしている。
ただし、相手を騙すこと自体は嫌っていないようで、嘘は言わないが大事なことも言わない、都合のいいようにごまかす、誘導するといったことはむしろ尚文自身がよくやっている。
他に仲間と言えるほど信頼を抱いた相手であっても調子を合わせて表面だけの色仕掛けにもっていけたらと考えたり(流石にマクラをやらせようとまでは考えないが)と自分の利益のための発想は良識から外れる事も。
冤罪のせいでせざるを得なかったということもあるが、脅迫や盗賊の身ぐるみと金品を剥いでリリースするといった邪道な行為も躊躇いなく行う。
ちなみに言葉が使えず意思疎通が曖昧になるペットそのものに対する癒しと愛着を見せており、愛玩動物などは嫌っておらず、特にラフちゃんのことを気に入っている。(小学生の飼育係でも動物から好かれる性質だったらしく、人型になっていなかった頃のフィーロにも無防備な笑顔を見せていた)

勇者の中では物事を客観視や俯瞰出来る冷静さと先見性を併せを持っており、世界全てを憎みながらも無関係な者への犠牲そのものを看過するほどには落ちぶれてはおらず、波では民間人の犠牲を最小限に抑えるべく他の3人とは異なり最寄りの村の避難誘導の優先、災厄後の復興を妨げる報酬は拒否するなど、人々の信用を積み重ねていく。
同時に、利害や目的が一致している相手とは良好な関係を築けるが、上記の性格から他者に対する同情などと言った感覚が薄れてしまっているので、感情的な問題には事情に興味を持たず逆撫でしないよう宥めるだけで、他の3人の勇者が落ちぶれた際は彼等の心境に歩み寄れず(それどころか、理詰めで尚文が折れているようで容赦なく追い詰める)、それぞれ別の人物が説得した。
この面は尚文が時に騒動に巻き込まれる要因であり、嫌った相手や色事など忌避した情報から展開した中の話題を(周囲も秘密主義で多かれ少なかれ情報を秘匿するせいもあって)噛み砕いて理解に務めないせいでもある。

冤罪事件で女性にハメられたトラウマから、女性に対して一定の距離を置き、性的な思考や発想は断つようになった。これは商売などで一切の愛情と結びつかず、ただ性欲処理と言う関係すら断っている。
そのため、積極的にアプローチしてくる女性をうとましく思い、自分のベッドに潜り込んでくるアトラに奴隷紋を発動して追い出そうとしたこともあった。
ラフタリアに対して拒絶反応が出ないのは父親代わりになることを考えていたためであり、
ラフタリアが自分に恋愛感情を抱いていることに気付かないばかりか、ラフタリアは色恋沙汰を嫌っているとまで思ってしまう程の鈍感でもある。

彼は盾の勇者の制限により自分が敵に攻撃することさえできないことなどから年若い少年少女を奴隷として使役し、働かせたり、魔物などと命がけで戦わせたりしていることから、自分の事を地獄に落ちて当然の「悪人」だと考えているが、彼はマインに騙されて歪んでしまってからもその本質的な優しさは失っておらず、最初の頃に出会った武器屋の親父や盲目の少女のアトラなどにはそのことを見抜かれている。

その他の特徴では、とにかく酔わない(酒も乗り物も)ことが挙げられる。
慣れない内は昏倒してしまう程の酔いを発生させるフィーロの馬車の中で調合や細工を行ったり、
元康が1粒食べて倒れたルコルの実(高濃度の酒気を含むブドウに似た果実。
一粒を樽一杯の水で薄めて飲むのが普通)を何粒食べても平然としているなど、
もはや人間離れしている。あまりに酔わないので、樹からは異能力だと言われる。
また、上記にあるように動物に好かれる性質らしく、こちらの世界では尚文が奴隷商から購入し村で飼育していた魔物たちも心から尚文の事を慕っていた(村の亜人や獣人に好かれているのにもこの性質が関係してるのかは不明)、そのことから樹からはその性質も異能力かもしれないと言われた。

ネットゲームで培った商売の才能もあり、「神鳥の聖人」と呼ばれていた時期には
この才能と、尚文自身が努力して身につけた薬の調合などでメルロマルクの人々の信頼を勝ち取った。
村を復興するときにも行商で資金を稼いでいた。
他にも魔法を習得するためメルロマルクの文字を自力で覚えたり、複雑で唱えるのが難しい龍脈法を習得したりと、
必要な努力は惜しまない性格であることも分かる。

『槍の勇者のやり直し』では


冤罪事件のときに元康に助けられるため、本編のようなやさぐれている状態ではない。
むしろ元康に助けられたことで優しく、穏やかな口調になっていて、奴隷を使役することにも強い
抵抗を覚えるなど本編の尚文とはまるで別人である。
女性にハメられたことに対するトラウマが生まれないためか、本編では嫌っていた下ネタを言うこともある。
それどころかいくつかの周回では恋人まで作っている。
一言で言うなら「きれいな尚文」。
物語的に元康の次に出番が多く、本編以上に強調された料理が得意などの家庭的な面、
さらに憎しみに囚われそうになった元康を抱きしめて慰めるなど、完全にヒロインである。

また、本編の尚文が性格が歪んでしまってもその本質的な優しさを失わなかったように、こちらの優しい尚文も本編の彼と同じ、敵に対する容赦のなさはしっかりと持ち合わせている。
本編の尚文と比べると彼はかなり温厚なため、自分の命を狙ってきた敵だろうと何とか話し合える余地や分かり合える可能性はないか模索するが、相手が自分の身勝手や欲望や野望を満たすために平気で他人を傷つけたり、殺したりするような敵だと判断した場合はスイッチが入ったように冷酷になり、確実に相手を仕留めるための方法などを考えるようになる。
そのため、普段は優しくいつも微笑んでいるような彼が本気で起こった時のギャップは凄まじく、その容赦のなさもあって尚文が本気で怒った時は仲間達も震えるほどに怖がっていた。

このような尚文の性格の変化を知る元康は、尚文は世界を映す鏡のような人だと考えた。


能力・戦闘スタイル

四聖武器の制限として盾以外の武器を持てず、攻撃力のある動作もできない(ダメージを与えない拘束は出来るが、関節技は使えない。また、倒した魔物の素材回収の為の解体や料理の場合は適用されない)ため、盾だけで戦うスタイル。
四聖の盾は圧倒的な防御力を持つ代わりに攻撃力がほぼゼロであるため、敵の気を引いたり、味方を守るのが基本。
適性魔法は回復と援護。徹底的なまでのサポート特化である。
盾能力のお陰で勇者の一人を彼方に蹴っ飛ばすフィーロの蹴りを、僅かに持ち上がる程度まで防御できる。また、盾を使わなくても低レベルの魔物の攻撃は無防御でもほとんど効果がなく、郊外で野宿して噛まれながら眠ると言う事も可能。この特性を応用し、敢えて魔物に噛まれる事で持ち運びし、有事の際はその魔物に噛ませると言う間接的な攻撃手段(縦の勇者を軽んじる者への脅迫用でほぼ対人手段。ラフタリアの参戦やカウンター効果の盾が解放されてからは使わなくなった)を編み出した。
回復は盾の能力のサポートもあって、小範囲だがポーション使用で複数人の疫病を取り払ったり、貴重な薬を使ったとはいえアトラの抱えていた難病を快方に向かわせるほど、医者も顔負けの効果を発揮する。
スキルも基本的に防御用であるが、盾固有の能力でカウンター効果があるものも存在する。
普通に拳や盾で殴ることも一応可能だが、最弱クラスの魔物を倒すことすら苦労するレベル。購入直後のラフタリアより貧弱である。

憤怒の盾(ラースシールド)使用時には大きな代償を支払い、精神汚染と回復妨害の呪いを受ける代わりに、強力な攻撃手段を得ることができる。

上記のことから攻撃能力がとにかく乏しく、たとえ1でも攻撃力が上がると非常にテンションが上がる。
しかし、ラフタリアを信頼するようになってからはそれほどでもなくなる。

盾のスキルもあってクラフト技術が非常に卓越している。
料理は元の世界に居た頃から非常に上手く、余りのおいしさに「飯の勇者」だの「盾が鍋の蓋に見える」などと言われ絶賛されている。(本人はそう呼ばれるのを嫌うが。)
金策のために覚えた薬調合も料理に遅れて上位の薬物を作れるまでになってくる。
他にはアクセサリーの制作技術も身に付けている。

スキル

ここでは代表的なもののみ挙げる。
()内の名称は書籍版における名称である。

エアストシールド
周囲の空間の任意の場所に盾を1枚出現させる。
防御に使えるのはもちろん、空中に出現させて足場にしたり、敵にぶつけるように出現させて
転倒させたりと、基本スキルゆえか応用が利く。
書籍版ではラルクやキョウといった強敵に対し、動きを制限させるような使い方もされた。

シールドプリズン
対象を盾の檻に閉じ込める。味方の防御と敵の拘束に使える。
相手のレベルが高いと避けられたり、破壊されたりすることもある。
エアストシールドと同様に足場にすることも可能なようだ。

チェンジシールド
スキルで出現させた盾を、尚文が変化させられる盾に変化させる。
主にカウンター効果のある盾に変化させることが多い。
亜種スキルに『チェンジシールド(攻)』が存在する。

流星盾
自身の周囲を取り囲む防御結界を展開する。敵や敵の攻撃は通さないが、味方は通れる。
便利な防御スキルで、霊亀戦以降はこちらがメインに。
結界の防御力自体はエアストシールドよりも低いが、とにかく使い勝手が良いスキルであり、
結界は尚文の体から広がって展開するらしく、自分の体に取り付いている敵などを結界の外まではじき出すことなどもできる。

ちなみに、流星と名の付くスキル(所謂流星シリーズ)は他の四聖武器にもある。

ポータルシールド
いわゆる移動系のスキルであり、
自分が行った先で任意の転移点を三箇所まで登録することができ、
自分と近くにいる仲間の中から最大6名までを登録した場所に転送することができる。
物語の後半では馬車の能力で移動箇所と人数が大幅に上がっている
非常に便利なスキルであり、他の勇者にも名称こそ違えどこれと同様の効果のスキルがある。
ただし、便利なスキルな反面制限も多く、
・馬車などの大型の荷物は転送することができない
・洞窟や建物の中での転移点の登録は基本的に不可能
・儀式魔法の効果範囲内や一部の魔物の縄張りあるいは聖域の中等では発動できない
そのため、このスキルを使いたい時に発動できなかったという状況も多い。

アイアンメイデン
憤怒の盾に内包されたスキル。
これはコンビネーションスキルとなっており、
シールドプリズン→チェンジシールド(攻)→アイアンメイデン
と、この順番でスキルを唱えることで発動できる。
敵を盾の檻で囲み、敵を囲む盾を針の盾などに変化させることで内部の敵に攻撃し、最後に自分の持つすべてのSPを代償に巨大な拷問器具を出現させ、盾の檻ごと敵を閉じ込めて貫かせる、
という流れのスキルである。

前提となるスキルが2つもあることと、下記のブルートオプファーの存在で、実はあまり使われていない。
書籍版・漫画版では波のボスであるソウルイーターこそ撃破したが、その直後に現れたグラスにはあっさりと打ち破られてしまう。
その後の出番はほぼブルートオプファーに取られてしまっていることも相まって、不遇のスキルと言えるかもしれない。

ブルートオプファー(ブラッドサクリファイス)
ラースシールドに内包されたスキル。
大量出血を伴う激しい痛みと長期間のステータス低下の呪いを代償に、
巨大なトラバサミを召喚し対象を噛み砕く。


魔法

こちらも代表的なもののみ挙げる。

オーラ
対象の全ての能力を上昇させる魔法。
特にリベレイション・オーラⅩともなると250ものLv差を余裕で覆す程の強化性能となる。
終盤でとても重宝され、この魔法がかかっているのがデフォルトのような状態になった。

特技(スキルとは別枠)

壁/集/玉
変幻無双流という武術の理屈を独自に解釈してアトラと作成した、簡単に言えば気功みたいなスキル。
壁で弾き、集で敵の攻撃を一点に集め、玉で跳ね返す。

劇中の動向・活躍

本編

冒険三日目にマルティと元康たちに強姦魔扱いされ、地位金銭も何もかもを失い、
食べ物の味が解らなくなるほど世界を憎みながら元の世界に帰るための手段を探しつつ、波に備え、生き延びるための行動を開始する。
その後奴隷商と出会いラフタリアを購入する。
ラフタリアを購入する前は商談もままならなかったため、マントの下に魔物を隠し『盾だから』と舐めきった相手にけしかけていた。

1回目の波では、ボス戦やドロップ回収よりも、村人の救出や避難誘導を目的に戦い、リユート村人から多大な信頼を勝ち取る。
波の終了したあとの祝勝会で、元康にラフタリアの解放を目的とした決闘を挑まれる。
その時にもマントの下に隠しておいた魔物と高い防御力を活かし元康を追いつめるが、マルティの魔法による横やりを受け敗北する。
決闘に敗北したと同時にマルティがだという事の他、なぜ一人も仲間がいなかったのか、支給金の多さの謎など、一連の出来事が仕組まれた出来レースだとわかり、カースシリーズが解放されるほどの怒り不信感にのまれるが、
直後にラフタリアからどんなに苦行だろうとついていくと言う言葉を受けて涙し、味覚を取り戻す。

その後は奴隷商からフィーロを買ってリユート村からもらった荷車を使い、メルロマルク各地に赴いて、自身が調合したアイテムを行商をしつつ、錬たちの解決したはずの事件の後始末などをしたりして国民から匿ってもらえるほどの信頼を得るようになる。
これらの目的は金稼ぎであり善意ではないのだが、困っている人を見かけると商売のチャンスと捉え商売がてらに解決してしまう。
しかし悪名高い「盾の勇者」の商品では購入されない恐れがあるため、接客はほとんどラフタリアに任せて自分は人前に出ず、姿を晒す際も盾を本に偽装して正体を隠していた。いつしか「神鳥の聖人」と呼ばれるようになり、後に三勇教によって正体を明かされるとともに悪評を広められた際も助けた人々からの信頼は揺らがなかった。
行商の途中で第二王女メルティと出会い、自身に新たな冤罪をなすりつける陰謀によって暗殺されかけたメルティを一時メンバーに加え、国外へと逃亡を図るが、三勇教に捕捉され教皇と対決する。
教皇戦直後に女王が帰還し、メルティの件を含めたすべて冤罪が晴らされる。女王の計らいでカルミラ島で経験値を稼ぎつつ、勇者の仲間たちのメンバー交換などもして自分以外の勇者の現状を知る。

更なるパワーアップを目的に三勇者が復活させた霊亀を討伐後に報奨としてラフタリアの故郷である領地伯爵の地位を貰い、復興に尽力した。
これは霊亀討伐時に同行した連合軍の兵士があまりにも弱かったので自分で戦力を育てるためだが、真の目的は今まで自分を信じてついてきてくれたラフタリアへの恩返しである。
それと同時に女王から三勇者の捕縛連行を頼まれる。
彼らは霊亀関連の失態で落ちぶれていたため、かつての復讐を兼ねてそれをあえて止めずにいたが、
カースシリーズに侵されて暴走した勇者を倒したのち、『また変な行動をされるよりは』と近くに置くことになる。

霊亀の一件で味方の貧弱さを危惧して私兵の育成や連合軍の連携の強化などを図り遊びではない覚悟のない奴は戦うなと再三に渡り言い聞かせていたが、いざ鳳凰戦でアトラが死んだ際は戦闘不能になる程悲しみや虚無感に支配され、一度は戦闘禁止しようかと考えるが錬やフォウル、奴隷たちの意見と決意を聞き再度出撃させることを決める。
同時にアトラの遺言で自分の考え方を見直し、周囲の人間への対応の変化させたり村の規制をある程度緩和させ、配下の奴隷たちも安い労働力から大切な仲間に変わり(仲間たちのために)この世界を守っていくことを決める。

タクト編では想定外の出来事に油断をして、一時敗北、撤退をするが、盾の精霊とオルトクレイから借りたの力によって強化した援護魔法で凡そ250Lvは離れているだろうタクトの攻撃を余裕で見切れるようになり、盾の精霊の力を借りて聖武器を不正所持していたタクトから全ての聖武器を取り上げる。
フォーブレイ軍を退けた戦功とメルティの嫌がらせによって大公の爵位をもらう(事実上のメルティとの婚約)。

女神戦では理を超えた攻撃によって死亡するが、アトラの機転によって元の世界へと、思わぬ形で帰還をする。
メルロマルクに戻った時に、女神の攻撃で死んでいるという認識をされていたたため、戻った時はゾンビやら敵の手先扱いをされるなど散々な扱いを受ける。
サディナにこの疑いを晴らしてもらった後は、全ての黒幕である女神と戦い、最終的にはラフタリアと共に撃破する。

以後、元の世界から再び世界を渡る途中に入手した神としての力により「世界を見守りつつ神狩りを行う尚文」「異世界に残った尚文」「元の世界の戻った尚文」などの複数の尚文が存在することになった。

『槍の勇者のやり直し』

こちらの世界でも赤豚(マルティ)とクズ(オルトクレイ)にハメられ強姦魔扱いされるがその直後に元康に助けられたため、世界を憎むほどの憎悪を抱いていない。

チュートリアル編では元康に助けられたが、シルトヴェルトの方が気も楽で安全と判断して元康と別れるが、国境付近で3勇教の刺客に殺されてしまう
※以下全編元康に助けられるので省略

シルトヴェルト編は一時3勇教の刺客に殺されかけるが、追い付いた元康に再び助けられる
その後はシルトヴェルトへと亡命するが、シルトヴェルトが盾教のため亜人達からVIP待遇を受けながらも波への対処を引き続き行う

メルロマルク編では、最初の世界にならい元康と行商を始めるが、行商で善行をしすぎてしまい国民が盾教に改宗して革命を起こし、シルトヴェルトと戦争を始めるまでになってしまうが、かろうじでメルティと革命を食い止める
女王が帰還してオルトクレイに罰を与える際になし崩しでメルロマルクの国王へとさせられてしまう(ミレリア達が王位を交代しない限り国民が納得しないだろうという判断)

最初は元康のテンションについていけず壊滅的な説明の下手さに変人扱いしていたが、九死に一生を経た後は心から信頼するようになり、フィーロたんを探す手伝いをしつつループした後元康にどう立ち回ればうまくいくかなどの助言を与える。

料理の才能と商売の才能があり、料理に関しては一度食べればだいたい再現できる。
大量に入手した肉を保存するためにサバイバルに近い状態でウインナーを作ったり最初の世界では小麦粉(のようなもの)、卵、果実の蜜を使いクレープを再現した。
また、奴隷用の味付けと元康たちの日本人向け味付けなどを難なく分けたりもする。

商売に関しては、ナメられて粗悪品を売られないよう本編のような口調や目つきになったり、今後のことを考えた購入プランなど、天性のものであることがうかがえる。
シルトヴェルト編では金銭に余裕があり、本編とは違い薬を安く売る、足りない場合は本編では売らなかったが後払い制を取る等、お金にはあまり執着していない

『豚の言葉が分からない』と言う元康のために女性の言葉を自分が復唱して伝えてあげたりする時がある。
また、元康がループをする際に説明の下手さで二の轍を踏まないように様々な指示や忠告をする。

最初の世界と比べると仲間に最強クラスの元康がいて、自分がいなければ倒せないような強敵が(ほとんど)出てこないため「自分は守ることしかできない」と自嘲することが多くなっている。
また、勇者の使命からか世界のの滅亡の危機の中で利己的な理由での戦争には興味がなく、勇者が居ない限りは対応しない、無理に出撃させるなら逆に見限って他の国を拠点なする等、厳しい一面もある

関連イラスト

盾の勇者

【盾の勇者】メインヒロインナオフミ様アイコン



関連タグ

盾の勇者の成り上がり 槍の勇者のやり直し 勇者 憤怒
前衛 復讐者

誰でもない男ネモ・・・黒髪・裏切られる(そのせいで警戒心が強い)・防御力が高い・パートナーの少女がいる(しかも出自に秘密あり)・そしてなど共通項が多い

pixivに投稿された作品 pixivで「岩谷尚文」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32348

コメント