ピクシブ百科事典

ミレリア=Q=メルロマルク

みれりあくいーんめるろまるく

ミレリア=Q=メルロマルクは、小説「盾の勇者の成り上がり」の登場キャラクターである。
目次[非表示]

概要

盾の勇者の成り上がり

物語中盤に登場 メルロマルクの女王。メルロマルクにおける権力第一位。
紫色の髪で20代に見える美女。適正魔法は

外交のためにメルティと共に他国へと出張していた最中に、オルトクレイと三勇教の暴走により勝手に自国で四聖勇者を全員召喚されてしまう。そのため世界会議にて激怒する各国の代表を相手に戦争を回避しようと物語の中盤までは物語の裏で孤軍奮闘をし、国を守っていた。
外交などをするだけあり頭脳は明晰だが、全盛期のオルトクレイには劣る模様。

帰還後はオルトクレイとマルティの蛮行を謝罪し、以後は盾の勇者一行のバックアップを行う。
その際にオルトクレイとマルティの王権を剥奪し改名の罰を与えた。
また、尚文が起こした犯罪まがいのトラブルのもみ消しや奴隷商の斡旋などをしていたことも暴露する。

霊亀戦後は国の復興資金に充てるため金銭面での援助はできなくなったが、領地や物品などで支援を続行した。
それと同時に勇者の捕縛を尚文に依頼する。

タクトの攻撃によって致命傷を受け、撤退後に死亡する。
女神戦では女神の手により復活させられ、尚文たちの敵に回った。
しかし、クズの手によって助けられ、最終的には女神の討伐に協力している。


人の上に立つゆえか政治利用しようとするなど少々ドライな一面もある。しかしまともだった頃のオルトクレイには惚れ込んでいるらしく、彼の活躍を惚気ることもある。
メルティのことは大事にしているが正直マルティのことは娼婦以下の何かくらいにしか思ってない。
もう1人子どもがいたが、とある事件で死亡、そのことでオルトクレイとの間に溝が出来ていた。

槍の勇者のやり直し

シルトヴェルト編から登場 元康からは女王と呼ばれる。

シルトヴェルト編では姿こそ表さなかったが、映像を介してメルロマルク(三勇教)軍の進行を取りやめて、シルトヴェルト軍とシルドフリーデン討伐の協力体制をとる。
フォーブレイ編では三勇教の暴走により帰還がままならずフォーブレイに亡命していたが、勇者の協力を要請し無事に国を取り戻し、帰還に成功する。
その際に赤豚に愛想を尽かしたクズの亡霊に杖を託されて杖の勇者となる。
ゼルトブル編では勇者達と一緒にクズと赤豚の陰謀を覗き見て、国の膿を穏便に取り出すことに成功する。

関連タグ

盾の勇者の成り上がり 盾の勇者の成り上がり登場キャラクター一覧
ミレリア 女王

メルティ=メルロマルク マルティ=メルロマルク オルトクレイ=メルロマルク32世

pixivに投稿された作品 pixivで「ミレリア=Q=メルロマルク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28988

コメント